特集 Mrs.fictions 今村圭佑インタビュー「演劇としっかり関わっていきたい」『15 Minutes Made Tour』- 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

蜷川幸雄インタビュー「ネクストなら、才能があれば、無名でも場所はある

『15 Minutes Made』という企画をご存知だろうか。1劇団15分の短編を6団体分、ショーケース形式で紹介する企画だ。主催するのは、今村圭佑率いるMrs.fictions。彼ら自身も旗揚げ4年目の若手劇団で、時にはスタッフとして参加団体をフォローしながら、自分たちも6団体の一つとして作品を発表している。昨年末に第10回公演という節目を迎えた同企画が、今週開幕する第11回公演で初の大阪ツアーを敢行する。それに先がけて、主宰の今村に話を聞いた。

取材・文=熊井玲(本誌)


今村圭佑

まず、Mrs.fictionsの成り立ちから伺えますか。

大学時代に同期とやっていた劇団があったのですが、それが解散してしまって就職しようかなと思っていた時に、同じ劇団員で役者だった岡野(康弘)君が「ほかの劇団に入ろうかな」とか言い出して。僕は岡野君が他の劇団に入るのが嫌だったんですね。「それはだめだ、それなら一緒にやろう」ということで何も決まっていないのに誘ったんです。ただ、“劇団の活動は作品をつくるだけ”ということをまた繰り返すのはちょっと不毛に感じたというか。もちろんそれはそれでいいことだし、簡単でもないし尊いのですけれど。せっかく演劇と向き合い直すチャンスでしたので、どうせやるなら作品単位だけでなく、「演劇」に関わろうと思ったんですね。もうちょっとお客さんのことだとか小劇場演劇自体のことを考えて芝居を続けていきたいなと考えたんです。それと、作品作りでどこかのセクションを担当する、ということだけでは関わり方としてすごく狭い感じがして。演劇って結局、人と人の関係、人と何か一緒にものをつくって面白いということだと思います。台本を書くだけじゃなくて、人と人が関わっていくようなことが基盤になる活動もしたい、と。

あと、もとの劇団のメンバーのことは好きだったんです。いろいろ思い出したくもない問題があって解散したわけですが(笑)、僕が主宰として引っ張っていければ、しっかり劇団として成り立つんじゃないかと思ったんです。それで、メンバーを誘い直しまして、それで集まってくれた人たちで旗揚げしたのがMrs.fictionsです。メンバーには「自分たちの作品を作るということだけではなく、小劇場演劇自体を盛り上げたい。その土壌づくりから始める。お客さんをもっと小劇場に呼び込める状況を作って、その上で自分たちも公演を打てたらハッピーじゃないか」と、そういう話をしました。それで『15 Minutes Made』という企画を考えたんです。

旗揚げから4年目になり、メンバーはちょこちょこ入れ替わりがありますが、基本的に5人くらいが常にいる感じです。いまは生駒英徳、岡野康弘、中嶋康太と僕。松本隆志や夏見隆太は参加したりしなかったりですね。

不思議なのは、今村さんはじめ、メンバーの中に劇作家が4人もいるという……。

すごい矛盾だと我々も思っています。毎回作家たちは、公演前にそれぞれ作品を提出して、劇団でセッションして次に上演する作品を決めます。それで劇団としての作品のクオリティーを保つというか、まだ僕たちはみんな大したことがないので、採用されなくてもいいから今はとにかくいっぱい書いてみよう、と。

なるほど。いまのメンバーの中で、そのほかの仕事の分担はあるんですか?

一応決まっていて、岡野君が作家と役者、僕が主宰、中嶋君は作家と制作周り、生駒が演出、という感じ。あとは劇場入りしてから楽屋担当とか舞台裏担当とかそれぞれ分担しています。週に2回、会議をやっているんですけど、足りない部分はそこで決めていく感じです。

公演の前じゃない時も会議するんですか?

そうですね。集まり過ぎです(笑)。

普段はどんな話をするんですか?

公演が近い時はもちろん公演の話しかしません。といっても常に公演準備期間だったりするんですけど(笑)、公演まで時間がある時は、3年後にどうなっていたいかというような話をします。……いや、正直、週2回も集まると前向きな空気をつくるには努力が必要になってきます(笑)。3年後には少し大きなフェスをやろう、そのためにはいまから制作委員会をつくろう、だから1年後にこれをやろうというように、ちょっと夢を語らなきゃいけない日もあったりして。無駄な話をしてしまうと本当に集まるのがしんどくなるので、会議が無駄にならないようにはしています。


『15 Minutes Made Tour』

出演団体
劇団競泳水着、ロロ、FUKAIPRODUCE羽衣、ミジンコターボ、劇団ガバメンツ、Mrs.fictions

東京公演
4月7日(木)〜10日(日)
・会場=シアターグリーン BOX in BOX THEATER

大阪公演
4月15日(金)〜18日(月)
・会場=in→dependent theatre 1st

・料金=全席自由・日時指定 前売2,500円/当日3,000円

そのほか詳細は公式サイトにて
» 『15 Minutes Made Tour』|Mrs.fictionsのあのホゥムペィジさえも

今村圭佑(いまむら・けいすけ)

83年生まれ。日本大学芸術学部出身。07年にMrs.fictionsを旗揚げ、主宰・劇作家として活動。