KAZ beats PHOTOGRAPHS in NY ― - 特集ページ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

シアターガイド×アーティスト シリーズ vol.3

NYを拠点に活動するタップダンサー・熊谷和徳(KAZ)の“ビート”に写真で迫る

KAZ beats PHOTOGRAPHS in NY

熊谷和徳 × 宮川舞子

19歳で単身渡ったNYにこの3月から再び拠点を移したタップ・ダンサー、熊谷和徳。

タップの長い歴史を血肉とし、それを進化させているダンサーたちと同じ街の空気を吸いながら、彼は新たなリズムを心に刻み、全身で響かせ始めている。そんな熊谷の姿を、日本でも彼を追い続けていた写真家・宮川舞子がNYへ渡って密着撮影。KAZがNYで生み出す日々の“ビート”に、写真で迫る。

2008.03.07 [最終回]

土壌 NY→東京 (MAY.2007)

写真/土壌 NY→東京

想像していたよりも多くの日本人が、TAPを学びに、あるいは表現をしにNYに来ていた。

HalemのShowman's Barは1942年から続く老舗のJAZZ BAR。

毎週木曜日はTAP NIGHTで、私が行った時にはDAI君と西谷真人君がステージに出ていた。

Studio Fazil'sではTAKA君や翔有子ちゃんが必死に練習をしていたし、STEPSというダンススタジオでは夏休み中の女子高生にも出会った。

またSTEPSの廊下では、TAPをやりに、日本から今日NYに着いたと、不安げにレッスンが始まるのを静かに待つ女性もいた。

TAPとの出会いやNYにいる理由も様々な彼らに共通するのは、「教わったstepをなぞるのではなく自分自身の表現を追求したい」という思いだった。

2008年2月。「KAZ TAP STUDIO」が東京にオープンした。

練習に集中するエネルギーに満ちた濃密な空気が漂うスタジオ。その扉にはこう書かれている。

 
「CREATE YOUR SOUND」
 

» この日の日記を見る

写真/探求

Tap Dancer, Tony Waag氏とリハーサルへ。

彼はthe New York City Tap Festivalのディレクターでもある。

その後近くの音楽スタジオへ。

廊下の壁一杯に、様々なミュージシャンの写真が飾ってあり、思わず端から端まで見入ってしまう。

室内では、JAZZの7拍子について(?)、複雑なリズムの曲をかけながら語り合っている。

» この日の日記を見る

写真/喧騒の中で

近くを走り抜ける車のクラクションや人々の声、
そこかしこから漂ってくるごった煮になった生活音。

その中でTAPのリズムは時にクリアに、時に溶け合うように、
SOHOの街角に鳴り響いた。

» この日の日記を見る

写真/ある1日

ブルックリンを歩いていたのだが、
途中からもはや自分がどの辺りにいるのか分からなくなるほど、あちこちへと動いていた。

人と会い、歩き、音楽を聴き、お茶を飲み、火事を目撃し……

NYという街はどこを切り取ってもNYだった。

» この日の日記を見る

写真/KAZ TAP 200g

ブルックリンにあるアパートを訪ねた。

マンハッタンの喧騒から離れた、わりと静かな住宅街だった。

出かける前のひと時。

喫茶店だという仙台のご実家から送られてきたコーヒーを頂く。

豆の名は、「KAZ TAP」

美味しかった。

» この日の日記を見る

写真/Fazil's

Times Square から1ブロックほどのところにあるスタジオ、Fazil's。

受付に歴代のダンサーの写真がずらりと飾られているのが印象的だ。

『ノイズ&ファンク』の練習があったのもここだそうだ。

ご存知の通り、タップダンサーのシューズの裏側というのは、つま先とかかとに鉄板がついていて、使っていうちにその鉄板は摩滅され薄くなっていく。

その削れたものは何処へ行ってしまうのか。

それは全部床に染み付き、TAPの中で響き続けている。

» この日の日記を見る

写真/VIVES OF TAP

Kazu Kumagai + Bill Ware Trio, VIBES OF TAPに行った。

NYでも変わらぬ彼の音が響いていた。

Bill Ware Trio はビブラフォン(鉄琴のような楽器)の BILL WARE、ウッドベースの YOSHI WAKI、それにドラムの JAIME AFFOUMAELO。

客席の片隅にはタップマスターの HAROLD CROMERが。

ステージと、そこに集中していく観客の空気が、ビリビリと交じり合う。

ショーの後、出合ったのはNYで活動するタップダンサーの西谷真人くん。

タップの板の準備をサポートしていた。

助け合うことは、どこにいても大切。

助け合える人がいることも、大切。

そんなあたりまえなことを、彼らの姿は教えてくれる。

Kazu Kumagai +Bill Ware Trio, VIBES OF TAPに行った。 » 続きをみる

熊谷和徳 今後の公演予定

緊急決定!
『熊谷和徳
- Tap secret -』

4/8(火)・9(水) 19:00開演

・青山円形劇場

・3/15(土)前売開始

・全席指定6,300円

・お問い合わせ
キョードー東京 TEL.03-3498-9999

プロフィール

熊谷和徳
(くまがい・かずのり)

熊谷和徳プロフィール

宮川舞子
(みやがわ・まいこ)

宮川舞子プロフィール

これまでの日記