やちょん・パンサ 〜ドン・キホーテと南へ北へ〜 ― - 特集ページ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

シアターガイド×アーティスト シリーズ vol.4

無名塾・樋口泰子の百葉百五拾日々記

ヤチョン・パンサ 〜ドン・キホーテと南へ北へ〜

演劇の面白さは、もちろん生モノを味わう醍醐味。つまり、その場に出かけなければ体験できない一期一会の希少性にあります。

ただ昨今は東京一極集中の様子。そんな時に頼もしいのが老舗の劇団の存在です。日本全国を巡演し、演劇の出前をしてくれるんだから。

あの仲代達矢率いる無名塾もその一つ。無名塾では毎年新作の稽古を夏に東京で行い、秋に能登演劇堂で幕を開け、全国を回って年明けに東京に戻ってくる。

今年は『ドン・キホーテ』で56カ所を半年かけて回ります。

おっと!「ツアー中の役者さんってどんな生活をしているの」なんて声が聞こえてきそうです。いました、いました、そんな素朴な疑問に応えてくれる女優さんが。

6年ぶりに、ツアーに参加する樋口泰子さんは、このIT時代にも、手紙を書くのが大好き。

それを聞き付け、無謀にも100葉のハガキを託しました。彼女から届くハガキからは行く先々の土地の香りやふれあう人々の温かさが感じられることでしょう。

4月24日

百葉目

大千秋楽、自宅に送る荷物もたくさんです。これはその(1)。旅中、ずっと自分で持ち歩いたトランク。着替えとかスキンケア用品とか、主にホテルで必要な物を入れてました。

4月23日

九拾九葉目

将棋の駒の街。橋の欄干も駒です。さすがです。

4月22日

九拾八葉目

庄内のお菓子、からからせんべいです。この中におもちゃが入っているそうです。

4月21日

九拾七葉目

見上げると、葉桜。

樋口泰子 プロフィール

ひぐち・やすこ

高校で演劇部に入ったのをきっかけに、卒業後も芝居の道に進む。

大学ではさらに女優業に磨きをかけ、3年生の時にはプロ女優に。1999年4月、仲代達矢が主宰する「無名塾」に入塾し、さまざまな公演に出演する。

その後も舞台をはじめテレビ、CM、声優など多岐にわたる活動を展開。

主な舞台作品に無名塾『どん底』『セールスマンの死』『ウインザーの陽気な女房たち』ほか、TYPES『マクベス』『KNOCKIN'ON HEAVEN'S DOOR』『リア王』、ひらり、空中分解『銃を弾け 楽器を撃て』『おとしまえのススメ』など。

これまでのはがき

九拾壱葉目〜百葉目
八拾壱葉目〜九拾葉目
七拾壱葉目〜八拾葉目
六拾壱葉目〜七拾葉目
伍拾壱葉目〜六拾葉目
四拾壱葉目〜伍拾葉目
参拾壱葉目〜四拾葉目
廿壱葉目〜参拾葉目
拾壱葉目〜廿葉目
壱葉目〜拾葉目