セカイ・ゲキジョウ―The World is a theater― ― - 特集ページ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

シアターガイド×アーティスト シリーズ Vol.5

地球は舞台!世界一周中のイシコがつづる見物記

セカイ・ゲキジョウ―The World is a theater―

» セカイ・ゲキジョウ トップページへ戻る

写真/シルク・ド・ソレイユの『O(オー)』が上演される劇場の外観

ショーの開演時間はたいてい8時前後。ラスベガスの夏の太陽は、まだ沈んでいない。日中の最高気温は45度の街である。昼間ほどではないにしろ、照りつけられたアスファルトの余熱とビル熱とで、まだ40度近くあるのではないだろうか。もちろん劇場の中はエアコンが効いているが、その劇場のあるホテルまでの移動は過酷である。街の熱気の中を歩いて移動しなくてはならない。ジャケットを着るには勇気がいる。

「だったらタクシーで行けばいいじゃない?」

写真/『O(オー)』の舞台写真その1

そう言われそうだ。しかし、本日、拝見するシルク・ドゥ・ソレイユの『O』は、僕が宿泊している「プラネット・ハリウッド・ホテル」(このホテルでは現在、『STOMP』が上演中)の対面「ベラージオ・ホテル」で上演している。

「えっ?対面? だったら、すぐじゃない?」

今度は、こう言われそうだ。しかし、ラスベガスのホテルは一つ一つが大きいのである。ホテルの入口から劇場まで歩こうと思ったら、地下鉄の新宿駅から新宿三丁目駅まで歩くくらいの覚悟がいる(東京以外に在住の方、わからないですよね? ごめんなさい)。ベラージオ・ホテルの門からホテル正面入り口まででも、かなりの距離がある。自分の部屋を出て、対面のホテル内の劇場に到着するまで20分はかかる。到着する頃、着ているシャツには汗がにじんでいる。

「そもそも、それだけ暑かったら正装しなくてもいいんじゃないの?」

写真/『O(オー)』の舞台写真その2

次に、こう言われそうだ。確かに先日、観たベッド・ミドラーのショーでは、オペラの客席で見かけるようなドレスの方もいらっしゃったが、カジュアルどころか短パン、Tシャツ、サンダル姿の外国人も多く見かけた。パートナーのチホが持っていたガイドブックによれば、正装で行った方がいいショーと正装じゃなくてもいいショーがあると書かれている。例えば同じシルク・ドゥ・ソレイユでも、『KÀ』は短パンTシャツでも大丈夫だが、『O』は正装の方がいいとも書かれている。その情報に従えば、本日拝見する『O』には、ジャケットを着用して行くことになる。

「短パンTシャツはまずいけど、夏なんだからジャケットなしで、シャツだけでもいいんじゃないの?」

最後にこう言われそうである。しかし、いざ劇場に入ると今度は冷房が効き過ぎて寒いのである。ジャケットを着て、ちょうどいいくらいである。男性はジャケット、女性だったら1枚羽織る物を持っていくことをお勧めする。

結局のところ、『O』と『KÀ』は、どちらの観客も正装とカジュアルとの割合は半々だった。とショーの内容のことに触れないまま終わってしまった。生まれて初めてショーで涙を流したことだけ付けくわえておく。

現地から届いたハガキ

• 現地のイシコさんから本誌編集部に届いたハガキを紹介!

画像/ラスベガスから届いたハガキ

▲ 1.『KÀ』カクテルも『O』カクテルもどちらもウマかった!!/2.ポスターがキレイ!!/3.スイムキャップ 水中眼鏡もカッコイイ!! 水着/4.素材はわからないが、『O』の衣裳は素晴しかった

イシコのあしあと

• 今回訪れたのは、[アメリカ]ラスベガスです。


大きな地図で見る

プロフィール

イシコ
(本名:石原英一)

1968年岐阜県生まれ。静岡大学理学部数学科を卒業後、女性ファッション誌編集長、ウェブマガジン編集長を経て、ホワイトマンプロジェクトを始動。代表を務める本人はもちろん、さまざまな分野で活動する友達たちとともに、白塗りをして、国内外を問わず、子ども向けのショーから地球温暖化防止活動の冊子や映像制作、ワークショップまで、幅広くさまざまなコンテンツづくりに取り組んでいる。本業のライターやブロガーとしては「散歩の達人」(交通新聞社)、「verita」(カフェグルーヴ)などの連載、1カ月ブログシリーズ「スーパーサイズミー(寿司編)」、「カンヌ映画祭ブログ」などがある。「古本カタログ」(晶文社)の中に収録されたコラムは2004年の広島県立大学の入試問題に出題されている。

これまでの日記

2009.07.10
[中国]南京 南京ショー
2009.06.26
[中国]成都 仮面のからくりがわからない
2009.06.12
[インド]デリー 道化師だけで演じるハムレット
2009.05.29
[インド]デリー デリーのシアターフェスティバル
2009.05.15
[タイ]バンコク 3人で操るタイの伝統人形劇
2009.05.01
[タイ]バンコク タイ版ブロードウェイミュージカル!
2009.04.17
[タイ]バンコク プロレスがどうしても頭をよぎる芝居

もっと見る