セカイ・ゲキジョウ―The World is a theater― ― - 特集ページ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

シアターガイド×アーティスト シリーズ Vol.5

地球は舞台!世界一周中のイシコがつづる見物記

セカイ・ゲキジョウ―The World is a theater―

» セカイ・ゲキジョウ トップページへ戻る

写真/ヤンゴンで見たミャンマーパペットの人形

ヤンゴンに到着してから、前回のイタコショーは別としていまだ生で演じる人々に出会えていない。その間にミャンマーパペットなる人形劇や、コメディーが存在することはわかった。ただ最近、外国人の目には、なかなか触れられないという話も聞く。外国人が撮影した写真が海外でポストカードとして売られて国が警戒しているのだと言う人もいた。

半分、諦めかけていたある日、ミャンマー映画を観に映画館に向かう途中、屋台の前で声をかけられた。イッセー尾形の一人芝居に登場しそうな疲れ気味のおじさんだった。

「5分でいいので、あなたと話をしたいです」

写真/ミャンマーパペットの劇団が使用している稽古場

特に予定があるわけでもない。彼と同じテーブルに座ってコーヒーを頼む。彼はガイドなのだそうだ。どこか連れて行って欲しいところはないかと言うので、「アイ ウォント トゥ ノウ シアター」と日本語発音の英語で聞いてみる。僕の発音があまりにひどいので通じないらしい。ボールペンを取り出し、手に「theater」と書いた。彼は「ティアター」と僕ができないような発音で言った。そして笑顔で「Do you want to go to theater?」ときれいな英語で聞くと、一気にコーヒーを飲み干し、タクシーを捕まえた。勢いにつられて僕も乗り込んだ。15分くらい走っただろうか。ナショナルシアターと書かれた立派な劇場に到着した。しかし、鉄柵の門は閉まっている。ガイドは門番のおじさんと話をして開けてもらい事務室へ向かった。途中で劇場の外観を撮ろうとしたがガイドは慌ててダメだと言った。公共の建物は撮影禁止なのだそうだ。優しそうな事務室の男性スタッフが公演はしばらくないのだと申し訳なさそうに言った。ミャンマーのセカイ・ゲキジョウはこれでおしまいだなぁと自分に納得させ、戻ろうとしたとき、急にガイドが声を上げた。知り合いがいたようである。40代後半くらいの女性でミャンマーパペットの劇団の人らしい。今日はミーティングでここの稽古場に来ていたのだと言う。

写真/人形を持ってポーズをとってくれた劇団の女性

せっかく来たんだからと稽古場にあげてくれた。中には5,6名のやはり40代の女性たちが座っていた。近くにミャンマーパペットの人形も置いてある。どれも今にも動きだしそうで正直、少し怖かった。一人の女性が人形を持ってポーズを取ってくれる。ガイドの方を向いて「撮っていい?」と聞くと「WEBだったらいいけどポストカードはダメだからね」と言った。ポストカードの噂は本当なのかもしれない。

ミーティングが始まるので写真を撮るとすぐに稽古場を後にした。街に戻り、別れ際にガイドにお礼のお金を渡すと彼は僕に念を押した。

「絶対に写真をポストカードにしたらダメですからね?」

イシコのあしあと

• 今回訪れたのは、[ミャンマー]ヤンゴンです。


大きな地図で見る

プロフィール

イシコ
(本名:石原英一)

1968年岐阜県生まれ。静岡大学理学部数学科を卒業後、女性ファッション誌編集長、ウェブマガジン編集長を経て、ホワイトマンプロジェクトを始動。代表を務める本人はもちろん、さまざまな分野で活動する友達たちとともに、白塗りをして、国内外を問わず、子ども向けのショーから地球温暖化防止活動の冊子や映像制作、ワークショップまで、幅広くさまざまなコンテンツづくりに取り組んでいる。本業のライターやブロガーとしては「散歩の達人」(交通新聞社)、「verita」(カフェグルーヴ)などの連載、1カ月ブログシリーズ「スーパーサイズミー(寿司編)」、「カンヌ映画祭ブログ」などがある。「古本カタログ」(晶文社)の中に収録されたコラムは2004年の広島県立大学の入試問題に出題されている。

これまでの日記

2009.07.10
[中国]南京 南京ショー
2009.06.26
[中国]成都 仮面のからくりがわからない
2009.06.12
[インド]デリー 道化師だけで演じるハムレット
2009.05.29
[インド]デリー デリーのシアターフェスティバル
2009.05.15
[タイ]バンコク 3人で操るタイの伝統人形劇
2009.05.01
[タイ]バンコク タイ版ブロードウェイミュージカル!
2009.04.17
[タイ]バンコク プロレスがどうしても頭をよぎる芝居

もっと見る