セカイ・ゲキジョウ―The World is a theater― ― - 特集ページ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

シアターガイド×アーティスト シリーズ Vol.5

地球は舞台!世界一周中のイシコがつづる見物記

セカイ・ゲキジョウ―The World is a theater―

» セカイ・ゲキジョウ トップページへ戻る

写真/タイの伝統的な芝居「ラーマーヤナ」が行われた、サラ・チャレームクルン・ロイヤルシアターの外観

メキシコを中心に、中南米で盛んなルチャ・リブレと呼ばれるプロレスがある。マスクをかぶったレスラーが多く、正義の味方の“テクニコ”と呼ばれるレスラーと悪役の“ルード”と呼ばれるレスラーに別れ、激しい戦いの中に空中殺法など軽快な動きを織り交ぜ、観客をワクワクさせる。

芝居もプロレスも、どちらも好きな知人に、メキシコで観てきたルチャ・リブレの話をしていると「次のセカイサンポってバンコクも立ち寄るんだよね? バンコクにルチャ(ルチャ・リブレのことを短縮してこう呼ぶ)のような仮面の芝居があるらしいよ」と言った。ルチャ・リブレを題材にした芝居なのかと思って興奮していると「アホ!タイの伝統的な芝居だよ。内容は『ラーマーヤナ』に決まってんじゃん!」と笑われた。アホと言われたことが余程、癇に障ったのか、「伝統的な芝居っていえば、すぐに『ラーマーヤナ』を出せばいいと思っているのが嫌なんだよ」と絡んでしまった。絡んだことは申し訳ないが、少々、本心も入っている。「ラーマーヤナ」にしろ、「マハーバーラタ」にしろ、インドの叙事詩は世界を旅しているとやたら耳にするのである。音楽にしろ、絵画にしろ、ひいてはアンコールワットなどの建築にまで及んでくる。

写真/「ラーマーヤナ」のポスター

そうやって、うだうだ文句を言っている割には気になっていて、今回、バンコクに到着すると早速、仮面劇の劇場となるサラ・チャレームクルン・ロイヤルシアターに向かった。パンフレットによれば、1933年に映画館として建てられた後、改築し、タイ初のエアコン付き劇場となったそうだ。500程度の客席は50名ほどしか埋まっておらず、その割合は地方からやって来たタイ人観光客と外国人観光客の半々である。

さて、肝心の物語「ラーマーヤナ」。簡単に言えば、ヒンドゥー教の神話と古代コーサラ国のラーマ王子の伝説をまとめたものである。そのラーマ王子の伝説によく登場し、彼の危機を救う「ハヌマーン」という白い猿がいる。彼の役を仮面をかぶった俳優が演じる。

プロレスのマスクより確実に重い仮面だと思うのだが、軽やかに飛んだり、バク転など交えながらアクション満載で危機を乗り切っていく様子は観ていて面白い。おそらく古代では、現代の仮面ライダーのようなヒーロー物として受け入れられていたのだろう。それも古代だけの話かと思っていたら、意外にタイの子供たちは「ハヌマーン」を知っていて今でもヒーローとして慕われているのだそうだ。このままメキシコに持って行き、テクニコのレスラー「ハヌマーン」がルチャ・リブレに登場しても面白いだろうなぁ、とこのところ妄想している。いつしか「ラーマーヤナ」のファンになっていた。

イシコのあしあと

• 今回訪れたのは、[タイ]バンゴクです。


より大きな地図で イシコのあしあと を表示

プロフィール

イシコ
(本名:石原英一)

1968年岐阜県生まれ。静岡大学理学部数学科を卒業後、女性ファッション誌編集長、ウェブマガジン編集長を経て、ホワイトマンプロジェクトを始動。代表を務める本人はもちろん、さまざまな分野で活動する友達たちとともに、白塗りをして、国内外を問わず、子ども向けのショーから地球温暖化防止活動の冊子や映像制作、ワークショップまで、幅広くさまざまなコンテンツづくりに取り組んでいる。本業のライターやブロガーとしては「散歩の達人」(交通新聞社)、「verita」(カフェグルーヴ)などの連載、1カ月ブログシリーズ「スーパーサイズミー(寿司編)」、「カンヌ映画祭ブログ」などがある。「古本カタログ」(晶文社)の中に収録されたコラムは2004年の広島県立大学の入試問題に出題されている。

これまでの日記

2009.07.10
[中国]南京 南京ショー
2009.06.26
[中国]成都 仮面のからくりがわからない
2009.06.12
[インド]デリー 道化師だけで演じるハムレット
2009.05.29
[インド]デリー デリーのシアターフェスティバル
2009.05.15
[タイ]バンコク 3人で操るタイの伝統人形劇
2009.05.01
[タイ]バンコク タイ版ブロードウェイミュージカル!
2009.04.17
[タイ]バンコク プロレスがどうしても頭をよぎる芝居

もっと見る