セカイ・ゲキジョウ―The World is a theater― ― - 特集ページ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

シアターガイド×アーティスト シリーズ Vol.5

地球は舞台!世界一周中のイシコがつづる見物記

セカイ・ゲキジョウ―The World is a theater―

» セカイ・ゲキジョウ トップページへ戻る

写真/「フンラコーンレック」上演された劇場があるタイの免税店の外観

インフォメーションセンターで手に入れたバンコクの地図の表紙に黒子3人が人形を操る写真が掲載されていた。一見すると3人遣いの人形浄瑠璃のようにも見える。と言っても僕は人形浄瑠璃の正式な演目を見たことがない。4,5年程前、香川県の直島で行われたシェイクスピアの『夏の夜の夢』の野外劇で、役者が演じる脇で人形が別の演出で同時に演じるという特殊な作品を拝見したことはある。少し説明がややこしいのだが、ともかく3人で操る人形劇をメインで観るのは初体験である。もちろんタイの伝統人形劇は浄瑠璃とは呼ばず、「フンラコーンレック」と呼ばれている。2006年にチェコで開催された「世界人形劇祭」で最優秀文化伝統人形劇賞を受賞しており、世界でも注目されている人形劇である。しかし、人形遣いも人形作りの職人も高齢化していて後継者不足に悩まされているそうだ……と人形浄瑠璃の世界でも聞いたことがあるような話はここでも聞くことになる。

写真/「フンラコーンレック」で使われる人形

「フンラコーンレック」はバンコク市内2カ所で観ることができる。ひとつはインドの叙事詩「ラーマヤナ」を芝居形式で演じるが、もうひとつはショータイプらしい。「ラーマヤナ」にひかれたが、ショータイプの劇場が完成したばかりだと聞き、劇場を見てみたかったので、こちらを選ぶことにする。タイ戦勝記念塔近くに新しくできた免税店の3階にその劇場はある。ロビーには人形劇で使用される世界各地の人形が飾られ、その中にはなぜか人形浄瑠璃で使用される人形も1体だけ特別に飾られていた。

写真/「フンラコーンレック」で使われる人形の手

客席は地方都市からやってきたタイ人、中国人と欧米人観光客で、400名程度収容可能な劇場の半分が埋まった。ショータイプなので特にせりふがあるわけでもなく、英語の解説は流れるが、基本的に音楽に合わせて人形を操るのみ。人形の右側に立つ人が右手、真ん中に立つ人は脚、左側に立つ人が左手と首を操るという役割分担である。次の人形と舞台上のセットの準備をしている間は幕が下り、舞台前のオーケストラピットが奈落から上昇し、演奏のみを楽しませる。人形が登場するとオーケストラは再び舞台の奈落へと沈んでいく。最後の方になると人形が客席に降りてくる。客がチップを渡すと人形が受け取り、一緒に写真を撮ることができるという観光客向けのサービスも徹底している。

ショーだったとは言え、これで今後、日本に戻ってから人形浄瑠璃に誘われて行く際、「タイの『フンラコーンレック』は観たことあるんですけどねぇ。フンラコーンレック? タイの伝統人形劇でやはり3人で操るんですよ」

と知ったかぶりの中年男になれそうだ。その前に「フンラコーンレック」という名前を忘れてしまいそうではあるが……。

イシコのあしあと

• 今回訪れたのは、[タイ]バンゴクです。


より大きな地図で イシコのあしあとを表示

プロフィール

イシコ
(本名:石原英一)

1968年岐阜県生まれ。静岡大学理学部数学科を卒業後、女性ファッション誌編集長、ウェブマガジン編集長を経て、ホワイトマンプロジェクトを始動。代表を務める本人はもちろん、さまざまな分野で活動する友達たちとともに、白塗りをして、国内外を問わず、子ども向けのショーから地球温暖化防止活動の冊子や映像制作、ワークショップまで、幅広くさまざまなコンテンツづくりに取り組んでいる。本業のライターやブロガーとしては「散歩の達人」(交通新聞社)、「verita」(カフェグルーヴ)などの連載、1カ月ブログシリーズ「スーパーサイズミー(寿司編)」、「カンヌ映画祭ブログ」などがある。「古本カタログ」(晶文社)の中に収録されたコラムは2004年の広島県立大学の入試問題に出題されている。

これまでの日記

2009.07.10
[中国]南京 南京ショー
2009.06.26
[中国]成都 仮面のからくりがわからない
2009.06.12
[インド]デリー 道化師だけで演じるハムレット
2009.05.29
[インド]デリー デリーのシアターフェスティバル
2009.05.15
[タイ]バンコク 3人で操るタイの伝統人形劇
2009.05.01
[タイ]バンコク タイ版ブロードウェイミュージカル!
2009.04.17
[タイ]バンコク プロレスがどうしても頭をよぎる芝居

もっと見る