友達の友達 連載「まずはともだちのともだちから」- 特集ページ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

シアターガイド×アーティスト シリーズ Vol.8

サモアリナンズの佐藤貴史、大政知己、脚本家のふじきみつ彦が結成する男3人組ユニット「友達の友達」。2010年正月の旗揚げ公演ではショートコント的な作風が好評を博し、早くから第2弾が待ち望まれていた。が、彼らの内気かつ無精な性格ゆえ、次なるゲストを探せぬまま今日に至る。この連載は、そんな佐藤とふじきが次回のゲスト出演者を探しつつ、でもまずは気になる人たちとお近づきになろうという企画である。

(取材・文=熊井玲/タイトルデザイン・イラスト=大塚いちお)

【友達の友達 第2回公演が決定!】

『旅立ちの旅立ち』2012.11/8(木)〜11.12(月) 会場=シアター711
【スタッフ】作・演出=ふじきみつ彦 【キャスト】佐藤貴史 大政知己 椎名琴音 マンボウやしろ

 »『旅立ちの旅立ち』公演詳細

写真/1枚目

▲左からふじきみつ彦、高橋茂雄、佐藤貴史

━━「友達の友達」第2回公演のゲストを探すべく続けてきた本連載ですが、若手女優の椎名琴音さん、本連載第2回にご登場いただいたマンボウやしろさんの出演が決まり、11/8(木)よりめでたく第2回公演が始まります。……というわけで、連載としての目的は達成したわけですが、なぜ今回、サバンナの高橋茂雄さんを迎えてトークすることになったのか、まずはそのいきさつから……。

高橋 うん、なんで呼んだんですか?

佐藤 いきなり来たね(笑)。いや、第1回を観に来てくれて、面白かったと言ってくれたでしょ。それが俺らもうれしくて。どこが面白かったのかなって。

高橋 どこがって、そこまで覚えてないですよ(笑)! でも思い返すと、当時はそこまでふじきさんも佐藤さんもまだ知らなかったけど、コントとして普通に面白いと思いましたね。

ふじき 確かに当時、まだ知り合って1年くらいだったよね。僕の書いたものも全然観てなかったと思うし、佐藤が舞台で立ってるのも観てないだろうし、佐藤はテレビに出ない主義だから、テレビでも見たことなかっただろうし……。

佐藤 そんな主義ないわ! 出たいよ、すごく(笑)!

高橋 (笑)それがほんまにオモロかったから、ふじきさんともっと仕事してみたいと思って、SoftBankのお笑いライフっていうコンテンツで、ショートフィルムを監督する時に、ふじきさんに脚本を書いてもらったんです。それもすごくやりやすかったんですよね。で、まだ分からないんですけど、来年コントライブをやりたいと思ってて、ふじきさんにもまた書いてもらおうかなって思ってたりするんです。
佐藤さん……には、観に来ていただいて。

佐藤 一瞬ドキッとしたけど、オーディエンスとして、ね。

全員 (笑)

高橋 だから友達の友達も出てみたかったな。今回は(マンボウ)やしろが出るんですよね。

ふじき そう。ちょっと芝居寄りのことができる人じゃないですか。だからうちらにとっても面白いかなと思ってて。接点あります?

高橋 やしろは、(鈴木)おさむさんが作・演出された田村亮一座の舞台で共演しました。芸人の中でも評価高いんですよ、やしろは。あと、カリカはコンビ時代によく一緒になりましたね。

佐藤 でもさ、芸人さんの「面白かった」はうれしいんだよね、本当に。

ふじき 普通のお客さんがどう観るかはもちろん気になるんだけど、芸人じゃない人がコントをやるのを芸人さんがどう観るのかは気になるから、“しげおちゃんが面白いって言ってくれたのはすごいうれしい”って、当時佐藤がよく言ってた。

佐藤 もちろんホンの評価ではあると思うんだけど、それもひっくるめて、主宰で役者の俺の評価だとも思うので(笑)。

高橋 でもね、舞台って面白くなくても楽屋に行ったらみんな「面白かった」って言うじゃないですか。あれ、ほんまに面白い時はどう表現したらいーねんって思う。

ふじき その時は打ち上げに行くしかないです。うちらの時も来てくれたけど……。

高橋 ああ、行った行った!

佐藤 だからこれはマジだ!って(笑)。

高橋 ああ〜、そこがラインなのか(笑)。

━━いつも本連載では佐藤さんの友達つながりで芸人さん仲間を訪ねていますが、今回お三方の関係性は、友達というより仕事仲間なんですよね?

高橋 はい。

ふじき 完全にそうですね。

写真/2枚目

━━お三方をつなぐNHKの「みいつけた!」は、ふじきさんが脚本を、イスのコッシーを高橋さんが、サボテンのサボさんを佐藤さんが演じている子ども向け教育エンターテインメント番組です。09年に放送が開始され、いまやグッズも多数販売される人気番組ですよね。

高橋 「みいつけた!」は、僕が他でやってる仕事とはまったくタイプが違う仕事です。僕らくらいの年代で子どもがいる人はほぼ全員が見てる番組。内容も面白いし、座組みもよくて、他ではあり得ないような、ものすごくアットホームな関係性で作っている番組です。

佐藤 楽屋でも芸人同士がいるような感じではないでしょ?

高橋 違いますね。あと、スタッフさんが「高橋さんて気配りできる人よねえ」「高橋さん、本当に面白い!」とか、すごく優しいんですよ! だからほんまにずっと続けていきたい番組を、ずっと一緒にやってる感じではありますね。

佐藤 僕にとって「みいつけた!」は運命を変えた番組。ただの食えない役者だったのが食べられるようになったし、ふじきとかしげおちゃんとかと知り合いになって、ここから仕事が派生していってるし。全てを変えた番組でしたね。

高橋 実はパイロット版では、コッシーと女の子だけでサボさんはまだいなかったんですよ。あの時、もし僕が「コッシーと女の子の二人だけでいいんじゃないですか」って強く発言してたら……。

佐藤 危ないところだったぜ〜!

全員 (笑)

ふじき あの、最初に話が出たコントライブのことですけど、ライブをやりたいって気持ちは前からあったんですか?

高橋 はい、ずっとあったんですけど、でも定期的にコントライブをやってた時にどれだけ大変だったか分かってるから、今のスケジュールを割いてライブをやるのは、実際すごくキツいと思っていたんですよね。でもなんだか久しぶりにやりたいなって。

ふじき そう思い始めたきっかけはあったんですか?

高橋 この間、今田(耕司)さんがいろんなゲストを呼んで、一対一でエチュードっていうんですか? それをやる企画のMCをやらせてもらったんですけど、それがオモロくて。そのあと、一から全部自分でやるのはやっぱり無理やけど、ふじきさんとか、人に手伝ってもらえばできるかもって思うようになって。

ふじき ショートフィルムで一緒にやった経験もありますしね、大丈夫だと思います! それに、高橋さんとは、笑いの好みの方向性が似てると思うんですよ。

高橋 それは僕も思います。

ふじき 前に高橋さんが、“相方の八木(真澄)さんと先輩後輩の関係だったけど、ため口に変えた日”の話をテレビでしてて、それがすごく面白いなと思ったんです。

高橋 そう、ある日、「今日から敬語禁止や」って言われて。「あ、はい」「はいも禁止や」「……おぅ」みたいな(笑)。

ふじき その話がすごく面白かったんですよね。僕が書くのもそういう関係性からくる笑いみたいなものが多いけど、人間関係のふにゃっとした部分を掬い出すのが、高橋さんはうまいなと思う。

高橋 好きですね。

ふじき だから前回の友達の友達も笑ってくれたんだと思うし、ショートフィルムでもスムーズに作業できたんだと思う。

高橋 そうですね。ショートフィルムの時は、僕が“こんな感じで”って大体のアイデアを伝えて、ふじきさんはそれをちょっとひねって良いホンにして返してくれた。特に書き換えもなく、とってもスムーズで。それってなかなかないことだと思うんですよね。

写真/3枚目

━━高橋さんのふじきさんのホンに対する信頼がこんなに厚いのであれば、友達の友達、第3回公演以降で、ぜひゲスト出演していただきたいですね。

佐藤 そうですよ! しげおちゃんが出てくれたら、すごくうれしい。芝居は稽古日数が(コントより)多いからスケジュールが大変かもしれないですけど。

高橋 全然やりますよ!

━━佐藤さんとの共演も、「みいつけた!」を除けば初めてですもんね。

佐藤 対コッシーでしか絡んだことがないから、想像できないんだよね、絡み方が。でも、僕よくドラゴンボールのクリリンと想像の中で闘ったりするんだけど、しげおちゃんと闘ったら絶対俺は喰われると思うんだよね(笑)。だからゲストに呼びたいけど、呼んだらまた前回みたいに、“佐藤以外の人は良かった”って先輩に怒られる姿が見えたりして……。

ふじき・高橋 あははは!

ふじき でもね、佐藤は芸人さんとよく舞台に出て、やりやすいって評価はもらっているらしいんですよ。役者役者してないってことなのかな?

佐藤 中途半端な感じなんだと思う。

高橋 舞台では共演経験がないから想像つかないですけど、ただ佐藤さんとは一緒に舞台に出てみたいと思う。

佐藤 うん。俺も。

ふじき じゃあしげおちゃんの人気が今よりちょっと落ちて来たころに……。

高橋 やべー、怖いわ。その時は“ぽろり”も全然やりますので!

全員 (笑)

*「みいつけた!」NHK Eテレで放送中!
月〜金曜 朝7:46〜8:01 夕方5:00〜5:15(再)

プロフィール

佐藤 貴史
(さとう・たかし)

大学卒業後、お笑いタレントとして活動。2000年より劇団サモアリナンズ(現在活動休止中)に入団。現在は表現・さわやか、劇団ワンダフルズなどで活動。NHK教育「みいつけた!」のサボさん役としても人気。

ふじき みつ彦
(ふじき・みつひこ)

作家・脚本家。シティボーイズミックスや田上パルへの書き下ろし、NHK教育「みいつけた!」「ニャンちゅうワールド放送局」など子供番組の脚本・作詞、「世にも奇妙な物語」脚本、□□□への歌詞提供など幅広く活動中。

【5人目のゲスト】
高橋茂雄
(たかはし・しげお)

76年京都府出身。94年に八木真澄とサバンナを結成。バラエティー番組などで大活躍中。「みいつけた!」ではイスのキャラクター、コッシーの声を務める。

【4人目のゲスト】
川村エミコ
(かわむら・えみこ)

79年神奈川県出身。08年に白鳥久美子と「たんぽぽ」でコンビデビュー。「めちゃ×2イケてるッ!」などバラエティー番組で活躍するほか、川村単独でトークライブも行っている。なお、9/28(金)―30(日) てあとるらぽうにて、劇団3number第2回公演『僕だけのヒーロー』を上演。

【3人目のゲスト】
永野
(ながの)

74年宮崎県出身。ピン芸人として活動を開始。映画や史実から想を得たシュールな芸風が人気。今年9月2日、Zepp Tokyoにて「永野お笑い単独SUPER LIVE 2012『目立ちたがり屋がZeppでライブ』」を開催。

【2人目のゲスト】
カリカやしろ

76年千葉県出身。97年にお笑いコンビ「カリカ」でデビュー。芸人としての活動の一方で、演劇作品にも出演するほか、コントや舞台の脚本提供も多数。03年には自身が作・演出・出演する劇団乙女少年団を旗揚げし、不定期で公演を行っている。

【1人目のゲスト】
大政知己
(おおまさ・ともみ)

2000年に劇団サモアリナンズ(現在活動休止中)に入団。現在、劇団ワンダフルズなど舞台を中心に、映画、TVドラマなどでも活動。08年より劇団忍びこみを主宰し、作・演出も務める。