友達の友達 連載「まずはともだちのともだちから」- 特集ページ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

シアターガイド×アーティスト シリーズ Vol.8

サモアリナンズの佐藤貴史、大政知己、脚本家のふじきみつ彦が結成する男3人組ユニット「友達の友達」。2010年正月の旗揚げ公演ではショートコント的な作風が好評を博し、早くから第2弾が待ち望まれていた。が、彼らの内気かつ無精な性格ゆえ、次なるゲストを探せぬまま今日に至る。この連載は、そんな佐藤とふじきが次回のゲスト出演者を探しつつ、でもまずは気になる人たちとお近づきになろうという企画である。

(取材・文=熊井玲/タイトルデザイン・イラスト=大塚いちお)

【友達の友達 第2回公演が決定!】

『旅立ちの旅立ち』2012.11/8(木)〜11.12(月) 会場=シアター711
【スタッフ】作・演出=ふじきみつ彦 【キャスト】佐藤貴史 大政知己 椎名琴音 マンボウやしろ

 »『旅立ちの旅立ち』公演詳細

写真/1枚目

▲左から佐藤貴史、大政知己、ふじきみつ彦

━━「友達の友達」というユニット名の通り、そもそもは佐藤さんとふじきさんが知り合いで、そこに佐藤さんの紹介で大政さんが加わり、この3人の顔合わせになったそうですね。というわけで、連載第1回のゲストは、佐藤さんの“友達”である大政知己さんです。

大政 どうもー、元気いっぱいよろしくお願いしますー!

佐藤 まあメンバーだけどね、大政は……(笑)。

━━あらためて、ユニット結成のいきさつから教えてください。

佐藤 なんだろう? もともとほかの劇団の役者たちがユニットをやってるのがいいなと思ってて。とびだせボーイズ(02年結成。メンバーは皆川猿時、村杉蝉之介、荒川良々)とか、モッカモッカ(06年結成。メンバーは加藤啓、辻修)とか。

大政 とびだせボーイズは1回だけだったじゃん! でもあれ、面白かった〜。

ふじき 面白かったよね〜。

佐藤 で、サモアリナンズが活動休止になって、自分たちでもなんかやりたいなって思ってた時に、僕が偶然、作家先生を見つけた、という(笑)。

ふじき いつごろから自分たちでやりたいと思ってたの?

佐藤 いつからだろう? でも大政とは何かやりたいとずっと思ってて。実はかつて、しんがりボーイズって、もう辞めちゃった劇団員とアイドルユニットを1回だけやって。

大政 とびだせボーイズの対抗馬としてね(笑)。

佐藤 もちろん大成功に終わって。

大政 大成功の意味が分からないよ(笑)!

ふじき 観てみたかなったな〜。それが3、4年前くらいだよね。で、僕が脚本を書いているNHKの番組「みいつけた!」のオーディションに佐藤がやって来て。でもその後、特に話はなかったんだよね。半年くらい経って、僕が台本にかかわったシティボーイズの『そこで黄金のキッス』(09年)を佐藤が観に来て、そしたらころっと態度を変えて(笑)。

佐藤 だって始めは怖かったんだもん(笑)。でもシティボーイズのコントの中で面白いと思ったものが全部ふじきが書いたものだったから、ああ、面白い人なんだな、やるなコイツと思って。

写真/2枚目

━━それまで、佐藤さんはほかの劇作家さんに声を掛けたことは?

佐藤 いや、ふじきが初めてです。知り合いって演劇界で役者しかいないし、あとは年上のちゃんとした作家さんとか。同世代で、「原石」的な面白い人がいなかったんですよね。

ふじき それですぐ「今度一緒にやりませんか?」って言われて、その時、僕も舞台はそんなにやってなかったし、ちょうど何かやってみたかったから、とりあえず二人で話をしたんだけど、あと大政っていうヤツがいるからってことで、3人で会って。

━━ふじきさんと大政さんの第一印象は?

ふじき あ、ほんとに見たことないやつだなって。

大政 え、ワンダフルズとかも観てない?

ふじき 観てる観てる。

大政 だったら……。

ふじき 観てるんだけど、でも観てないって思った。

全員 (笑)

大政 でも実は僕もふじきさんの作品を観たことがなくて、どんなコントをやってるのかってDVDを借りたら、昔の知り合いがその作品に出ていて、びっくりしたりして。

佐藤 そんな縁もあって3人でやることにしたんだけど、ユニット名を決めるのにまた苦労してね。

大政 一回「アパゲティー」に決まりましたね。

ふじき うん、「愛崖」に決まった時もあった。仮チラシまでつくったもん。

佐藤 「愛崖」に決まった時、うちの座長(小松和重)に「ユニットやることになりました、愛崖って名前です」って報告したら「なにそれ、ほんとセンスないね」って言われて、ふじきが青い顔してね(笑)。

ふじき だって「いいね」って言われないといい気はしないでしょ! それでいくつか考えた中でこれだなっていうのが「友達の友達」。成り立ちも、僕と佐藤から始まって、佐藤の友達の大政が加わって、さらに初回のゲストに佐藤の友達の内田(慈)さんに出演してもらって、という感じだったし。

佐藤 よかったよね、愛崖にしてたら、いまごろどうなってたか……!

写真/3枚目

━━台本にかんしては、佐藤さん大政さんから何かオーダーは?

佐藤 僕からは何も。

ふじき 稽古場に行っていろいろ雑談してる中からアイデアをもらったりしました。その前にかかわったシティボーイズが、台本がある程度ある状態で、みんなでどんどん意見を言いながら作っていくというやり方をしてて、それなら無限に話ができるから面白いなって思ったんですね。書くほうは大変だと思うけど、いい方法だなと。

佐藤 ふじきのノってる時の台本は、読んでるだけで笑ってしまうよね。実際に採用された、具合が悪いのに、つくってもらったおかゆを食べるとお金を払わなきゃいけないコントとか、健忘症のとか、あれ笑っちゃったな〜。

大政 友達の友達と二人で部屋に残されて気まずい、っていうエチュードとかね。ふじきさん、毎回すごいっぱい書いてきましたよね。

ふじき あんまり演出気質がないから、本がある程度面白くないと、演出でどうにか面白くするってことのパターンがあまりないんだよ。

━━そうやってできた第1回公演は大成功で、最後は当日券に並んだお客さんにお帰りいただかなくてはならないほどの盛況ぶりでした。

佐藤 まあ成功はしましたけど、本が面白いとか、ゲストの内田さんが面白いとかって評判ばかりだったから、我々がもっとなんとかしないといけなかったなって反省はあって。

ふじき 誰かにすごく怒られてたよね?

佐藤 サモアリの先輩の久ヶ沢徹さんに、「全部内田さんが持っていってる! お前らは全然仕事してない!」って言われました……。

大政 そのあと二人でうどん食べに行きました(笑)。

全員 (笑)

ふじき あとサバンナの(高橋)茂雄ちゃんが喜んでくれた。芸人さんがどう見るかっていうのはちょっと気になってたんだけど、「次、呼んでください」なんて言ってくれて。

━━そう、この連載は皆さんが友達の縁をたどって、次回公演にゲスト出演してくださる方を探す企画なわけですが、芸人さんに出ていただくのもいいですよね。

佐藤 うん。好きな芸人さんに会えたらいいよね。でもさすがにビートたけしさんとかはだめかな……。

ふじき “友達の友達”だからね。

佐藤 たけし軍団の人に紹介してもらうとか。

ふじき 友達じゃないじゃん、その人にとっては殿だから。

佐藤 そうか!

ふじき でも本当に、この連載をきっかけに出てもらえたらいいよね。あと、僕は本音を言っちゃうと笑い飯に会いたい。

佐藤 そうか、人生変えた人だからね!

ふじき 2003年のM1グランプリの笑い飯を見てなかったら俺、まだ会社辞めてないから。笑い飯がすごいくだらないことやってるの見て、「わあ、もう一回僕も笑いがやりたい!」と思って今に至るので。でも、実際に会ったら緊張して全然しゃべれないと思うけど……。佐藤は全然人見知りしないね。

佐藤 しないねー。大政も人見知りだけど、これでも大分良くなった方だよね。

大政 大分良くなりましたね(笑)。

━━今のところ、次回公演のご予定は?

佐藤 来年中にはやりたいなあ。

━━ではそれに向けて、大政さん、ふじきさんも仲良くなれるようなゲストの方にご登場いただけるよう、今後の「まずはともだちのともだちから」にご期待ください!

プロフィール

佐藤 貴史
(さとう・たかし)

大学卒業後、お笑いタレントとして活動。2000年より劇団サモアリナンズ(現在活動休止中)に入団。現在は表現・さわやか、劇団ワンダフルズなどで活動。NHK教育「みいつけた!」のサボさん役としても人気。

ふじき みつ彦
(ふじき・みつひこ)

作家・脚本家。シティボーイズミックスや田上パルへの書き下ろし、NHK教育「みいつけた!」「ニャンちゅうワールド放送局」など子供番組の脚本・作詞、「世にも奇妙な物語」脚本、□□□への歌詞提供など幅広く活動中。

【5人目のゲスト】
高橋茂雄
(たかはし・しげお)

76年京都府出身。94年に八木真澄とサバンナを結成。バラエティー番組などで大活躍中。「みいつけた!」ではイスのキャラクター、コッシーの声を務める。

【4人目のゲスト】
川村エミコ
(かわむら・えみこ)

79年神奈川県出身。08年に白鳥久美子と「たんぽぽ」でコンビデビュー。「めちゃ×2イケてるッ!」などバラエティー番組で活躍するほか、川村単独でトークライブも行っている。なお、9/28(金)―30(日) てあとるらぽうにて、劇団3number第2回公演『僕だけのヒーロー』を上演。

【3人目のゲスト】
永野
(ながの)

74年宮崎県出身。ピン芸人として活動を開始。映画や史実から想を得たシュールな芸風が人気。今年9月2日、Zepp Tokyoにて「永野お笑い単独SUPER LIVE 2012『目立ちたがり屋がZeppでライブ』」を開催。

【2人目のゲスト】
カリカやしろ

76年千葉県出身。97年にお笑いコンビ「カリカ」でデビュー。芸人としての活動の一方で、演劇作品にも出演するほか、コントや舞台の脚本提供も多数。03年には自身が作・演出・出演する劇団乙女少年団を旗揚げし、不定期で公演を行っている。

【1人目のゲスト】
大政知己
(おおまさ・ともみ)

2000年に劇団サモアリナンズ(現在活動休止中)に入団。現在、劇団ワンダフルズなど舞台を中心に、映画、TVドラマなどでも活動。08年より劇団忍びこみを主宰し、作・演出も務める。