東京芸術劇場「芸劇eyes」演出家インタヴュー -《其の壱》ハイバイ 岩井秀人 .1 - 特集ページ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

東京芸術劇場「芸劇eyes」演出家インタヴュー

野田秀樹芸術監督の下、09年夏より新体制でスタートした東京芸術劇場。同劇場が注目する若き才能たちを紹介するシリーズが「芸劇eyes」だ。ハイバイ(9・10月)、五反田団(10月)、グリング(12月)、冨士山アネット(2010年1月)、モダンスイマーズ(2月)と、飛ぶ鳥落とす勢いの小劇場5団体が小ホール1に連続して登場。そこでシアターガイド ホームページでは、気になる演出家たちの単独インタビューを短期連載する。

取材・文=熊井玲(シアターガイド)

《其の壱》ハイバイ 岩井秀人 .1

「芸劇eyes」トップバッターは、近年ますます注目を集めている、岩井秀人率いるハイバイ。03年の旗揚げ以来、家族や友人などごく近しい人間関係で起こる、他者と接する時の難しさや自意識の問題などを、自身のひきこもり体験などを通して精緻に、そして悲しみを持って笑いに昇華し続けている。今回上演される『て』は、昨年6月に駅前劇場で初演され、岩井の代表作と呼び声高い作品だ。

◎『て』は、認知症のおばあさんと家族をめぐる物語で、岩井さんの実体験をもとに描かれたそうですね。執筆時にはどんなことを考えていたんですか?

今までで一番内に閉じたものを書いてるな、と思ってました。本当に「ただありのままを書いた」ので、ふわーっとした書き心地で、書き上がってもその状態で。それと、僕の作品ではよくどこかの場面を過剰にしたり、尋常じゃなく怒る人が出てきたりするけど、今回ばかりはそういうことをせずに、実際にあったことをそのままやらないと嘘になるなと思いました。だから“これは辛抱だな”と。かろうじてサービスと言えば、物語が2周するというか、ひとつの出来事を前半は自分の視点、後半はお母ちゃんの視点から2度見せることくらいで、それは前川(知大)君、多田(淳之介)君、柴(幸男)君の影響なんです。3人の作品は情報を出す順序が面白いと思ってて、僕もそれをやってみたかった。

でも、稽古が始まって演出をつけ始めても自信はなくて、稽古場でみんなに一度、「台本に文句があるかもしれませんけど、“台本の自分”はもう家に置いてきたので、文句言わないでください」って言いました(笑)。普段はそんなこと言わないんですよ。むしろ面白くするために、稽古場でいろいろ変えていこうとするんですけど、『て』に関してだけは、そうやって変えちゃだめだと思ったんですよね。

◎おばあさん役の永井若葉さんは、特別老けメイクをしたりはせず、右手に木製の手の模型を持っただけでおばあさんを表現しました。あの“手”は、非常に存在感がありましたね。

一番最初に決まってたのが、あの“手”なんです。タイトルも自然とそこから決まりました。それまでもギミックっていうか、老人役の人があえて顔にくっきりと皺を書いたり、ベテランの志賀(廣太郎)さんに大学生役を演じてもらったり、男性俳優が母親役を演じたり、ということをやっていて、「これからやるのはお芝居ですよ、あくまで嘘なんですよ」という提示をしようとは思っていて。『て』では、それがあの“手”だったんですね。

◎結果、『て』は観客の多くから愛される作品となりましたが、そういった観客の反応を岩井さんご自身はどう受け止めていたんですか?

しばらく折り合いがつかなかったです。極めて個人的なことだと思って書いたものが、実は一番広くお客さんに受け入れられたので、驚いてしまって。公演が終わった直後は、「あれは面白くなかった」って逆にすごく強調しまくってたくらい(笑)。今思うと、『て』は構造に関しては試し、中身に関しては箱庭という感じでできた作品で、それを自分で見て確認したかったんじゃないかと思います。……という自分の想いと、お客さんの反応とを、きっとシンプルに混ぜないで考えれば良かったんですよね(笑)。

◎強い印象を残した作品だけに、再演には時間をおくのかな、と思ったのですが、初演から1年後に早くも再演となりました。

“間をあけよう”ってことは、どの作品でも思ったことがないですね。むしろ評判が良かったら何回でもやればいいと思ってるんですよ。レパートリーっていうか、ヨーロッパ企画の上田(誠)君がいうところの「コンテンツ」ですね。ひとつの劇作家なり劇団なりが、4つくらい優れた作品を持ってればいいと思っていて。僕だったら『ヒッキー・カンクーントルネード』『て』と、劇団公演ではないけど『投げられやす〜い石』とかがそうなっていくといいなって。

◎また、初演では岩井さんがお母さん役を演じられましたが、今回は出演されないんですね。

とにかく菅原永二さんに出てほしくて。昔、菅原さんがサモ・アリナンズに客演した作品を観てるんですけど、それがものすごく面白くて、そのあと追っかけ気味にちょくちょく観に行ってて。菅原さんて、リアル過ぎてエグいっていうか、単純なオモシロもできるんだけど、すごくシリアスにやってるから逆にちっぽけに見えてしまうみたいな面白さで(笑)、そこがすごく好きなんです。「悲喜劇俳優」の代表だと思います。それでいつか出てもらいたいなと思っていたら、去年『て』を観に来てくださって、面白いと言ってくれたので。

それとこれはまたコンテンツの話になってくるかもしれないけど、演出面で『て』を確実に自分の手に入れておきたいという想いもありました。初演は出演しながらだったから演出もふわっとした部分があったけど、演出的なことをもっときちんと頭に入れておけたら、この先どんな広さのどんな場所で、どういう役者さんとでも上演できるし、そういう“強度”を作品がもたないと、むこう何年も上演できないなと思って。そういう作品を持っておくのは、劇団としても個人としても財産だなと思いますし。

◎再演にあたって改訂はするんですか?

ちょっとだけ。キャストも、基本的には初演と同じです。前回が面白かったから、なるべく同じところ、同じ条件から始めて、もっと面白くしていくのがいいかなと思うので。

◎さらに今回は「芸劇eyes」という枠組みで、小劇場の人気5劇団が連続公演を行うわけですが、7月に行われた記者会見では、各劇団の主宰者がそろいましたね。

最年長じゃなくてよかった!と思ったけど、ほとんど最年長みたいなものですね(笑)。上は青木さんだけだから。

◎(笑)。野田さんとはもう何度かお話されていますか?

そうですね。この間は、野田さん、勝村(政信)さんと3人で、芸劇のカフェでお茶をしました。その時、表の檜舞台で多摩美の学生さんがちょうど何かやってて、ボン!と音楽が鳴ったんですけど見えなくて。「ああ、何かやってるね」「なんだろう」という話になって、そのまま3人、誰ともなく席を立って……それきりお二人には会ってません。お二人とも自由で、びっくりしました(笑)。

演劇を作る人としては、野田さんの作品って言葉の洪水で、僕はちょっとついていけないところもあるけど、せりふがそれこそラップみたいに韻を踏んでて、だじゃれしながら不思議なテンポで別世界に連れて行く、あの方法はやっぱり発明だなと思います。“野田さんみたいな演出”はあって、それを始めて、広めたのも野田さん、そして今もそれを実践して最前衛にいるのも野田さん、結局野田さんしかあの演出はできない。それってすごいことだなと思います。


プロフィール

岩井秀人(いわい・ひでと)
74年東京都小金井市出身。03年にハイバイを結成し、07年より青年団演出部に所属。11月21日(土)、初出演映画「曲がれ!スプーン」(本広克行監督/シアターガイド ホームページにて連載中)が全国ロードショー。12月に『東京月光魔曲』(ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出)に出演。

公演情報

ハイバイ『て』

【スタッフ】 作・演出=岩井秀人
【キャスト】 菅原永二/金子岳憲/永井若葉/坂口辰平/吉田亮/青山麻紀子/上田遥/町田水城/平原テツ/大塚秀記/猪股俊明 ほか

9月25日(金)〜10月12日(月・祝)
会場=東京芸術劇場 小ホール1
・料金=全席自由3,300円/当日3,500円 *プレビュー公演(25日・26日)2,000円(先着100名)
・お問い合わせ=劇団 TEL.090-8059-647

»「ハイバイ」公式サイト