東京芸術劇場「芸劇eyes」演出家インタヴュー -《其の四》冨士山アネット・長谷川寧.1 - 特集ページ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

東京芸術劇場「芸劇eyes」演出家インタヴュー

野田秀樹芸術監督の下、09年夏より新体制でスタートした東京芸術劇場。同劇場が注目する若き才能たちを紹介するシリーズが「芸劇eyes」だ。ハイバイ(9・10月)、五反田団(10月)、グリング(12月)、冨士山アネット(2010年1月)、モダンスイマーズ(2月)と、飛ぶ鳥落とす勢いの小劇場5団体が小ホール1に連続して登場。そこでシアターガイド ホームページでは、気になる演出家たちの単独インタビューを短期連載する。

取材・文=熊井玲(シアターガイド)

《其の四》冨士山アネット 長谷川寧 大谷能生(ライン京急)神里雄大(岡崎藝術座)白神ももこ(モモンガ・コンプレックス)

左から神里雄大、長谷川寧、白神ももこ、大谷能生 写真
左から神里雄大、長谷川寧、白神ももこ、大谷能生

芸劇eyes、2010年1本目に送るのは、長谷川寧が主宰する冨士山アネットproduce『EKKKYO―!』だ。旬の演劇&ダンスユニットが多数集結し、それぞれの作品世界をオムニバス形式で披露する。今回は冨士山アネットを始め、ままごと、ライン京急、CASTAYA Project、岡崎藝術座、モモンガ・コンプレックスの6団体が登場。09年末、多忙なスケジュールを縫って急遽行なわれた座談会には、長谷川のほかライン京急の大谷能生、岡崎藝術座の神里雄大、モモンガ・コンプレックスの白神ももこが参加し、それぞれの作品について語った。

◎『EKKKYO―!』は今回が2回目の公演となりますが、どんな想いから立ち上げた企画なんですか?

長谷川:ずっと前からフェスティバルみたいなことをやりたかったんです。でもどうしたらいいかなと迷っていた時に、初回はスズナリのスタッフの方から「平日の日程が空いてる」と教えてもらって。土日を挟まない平日だけの公演日程って、通常だったら、まあ組まないと思うんですけど、であればむしろ、普段できないようなことをやってみたいなと思った時、この企画が浮上してきて。僕自身、ダンスと演劇の中間みたいなことをやっているし、ほかにもそういう、僕が興味をもってる団体と一緒にやってみたらどうか、と思ったのが始まりですね。

◎前回の手応えは?

長谷川:評判も良かったですし、やって良かったのではないかと思っています。その初回を野田(秀樹)さんが観にきてくださって、「これをうちでやらないか」と言ってくださったので、「芸劇eyes」に参加することになったんです。

◎みなさんは、前回ご覧になっていますか。

神里:はい。

大谷:山縣家とかFUKAIPRODUCE羽衣とか快快とか……とにかくいろいろ出てたな、という印象ですね。

白神:公演のことは知ってましたが、私は観られませんでした。

神里:あの、なんで『EKKKYO―!』って、Kが3つもあるんですか?

長谷川:僕あまのじゃくだから(笑)、すぐおまけを付けたくなっちゃうんですよね。冨士山アネットも「冨」は「うかんむり」じゃなくて「わかんむり」なんですよ。だからレビューとか検索しづらくて、失敗したなっていまになって思ってるんですけど(笑)。

神里:レビュー、見るんですね。

長谷川:見ないですか?

神里:いや、僕は見ますけど。じゃあ今度書いてみようかな。

長谷川:やめて(笑)。……で、今回の顔合わせは前回よりも演劇寄りだなと自分では思ってるんです。せっかく東京芸術劇場を使わせてもらえるので、今日は欠席ですが、柴(幸男)君のままごとをはじめ、「これは舞台が好きな人なら普通に観たいだろう」って人たちを呼ぼうと。あ、ちなみにCASTAYAさんも今日はお休みですって、さっき代理の方から連絡がありました(編集注:エンリク・カステーヤ氏は架空の演出家のため、プロフィールなど一切の情報が不明)。今回のCASTAYA Projectは、さっき聞いたところによると、なんだかまたすごいことになりそうですよ。

神里:ある意味、予想通りじゃないですか(笑)。

全員:(笑)

◎白神さん、大谷さん、神里さんの参加経緯は?

白神:私は、まず長谷川君から公演のDVDを見せてくれって言われて、DVDを渡して。そのあとあらためてこういう企画があるんだけど、と誘ってもらって。実は2月に公演があるのでどうしようかなと思ったんですけど、モモンガ・コンプレックスとしては東京で公演をやったことがなかったので……。

長谷川・神里・大谷:え!?

白神:横浜とか新潟とか埼玉なんですよ。だから今回、東京“越境”なんです(笑)。

長谷川:東京初進出なのかー。

◎参加6団体のうち、ダンス的な作品は冨士山アネットとモモンガ・コンプレックスだけですね。

長谷川:ライン京急は演劇ということでいいんですか?

大谷:僕は演劇だと思ってます。まあ、そもそもあまり何って言われたこともないんだけど……。ライン京急は、もともと僕と(山縣)太一が『吾妻橋ダンスクロッシング』(ダンス、演劇、現代美術などの分野で活躍するパフォーマーが小作品を披露する企画)に出たいということで結成したユニットなんです。二人とも家が近くて家で稽古してるんですけど、いつもその場でせりふを録音して音楽も作ってます。

長谷川:宅録だ。

大谷:そうそう、宅録ユニットなんですよ。

◎神里さんはどんな経緯で参加を?

神里:あれはずいぶん前ですよね……。静岡県舞台芸術センターSPAC関連で静岡に1カ月滞在したことあって。その時に長谷川さんが隣の部屋で。

長谷川:この人、暴れたんですよ。ストレスがたまって、夜中に!

大谷:それ、どういう状況なの……(笑)?

神里:いや、ほかの俳優さんとケンカして、物にあたったりとか。でもそのあと僕がけがをした時に、長谷川さんが料理を作ってくれたりして、いい人だなって――とにかくそういう付き合いがあったんです。今回は、実を言うと僕、オムニバスっていうのがあんまり好きじゃないんですけど……。

長谷川:うるさいな(笑)。

神里:でもある時、長谷川さんの夢を見て、夜中にすぐ電話して。

長谷川:夜の1時半くらいに電話がかかってきて、「いま長谷川さんが夢に出てきたから、長谷川さん大丈夫かなって急に気になって」って(笑)。

神里:『EKKKYO―!』に出なきゃいけないって、なぜかその時思ったんですね。

大谷:夢のお告げとかってよくあるの?

神里:いや、でも“これはまずいな”と思ったら、夢に出てきた人に急に電話することはあります。心配になります。

白神:怖い〜(笑)。

神里:あと、僕ビートルズが好きなんですけど、「イエスタディ」って、“(曲が)降りてきた”っていうじゃないですか。そういうのに憧れてて、朝起きたら曲が出てきたっていうことはありました。

長谷川:そうだ、昔、曲をラップでつくってたもんね。

大谷:曲つくれるんだ?

長谷川:いまラップっていうと、ままごとの柴(幸男)君がよく取り上げられるけど、柴君はJ-popの流れで、神里は黒人の真似をしようとしてる日本人というか、スチャダラパーとか2Pacの流れだって言ってたよね?

神里:あとエミネムも好き。PV(プロモーションビデオ)観て真似したりするんだけど、どうやってもああいうふうにはならない。

大谷:エミネムと2Pacはだいぶ違うけどね(笑)。

神里:え、でもエミネムは2Pacが好きなんじゃないんですか?

大谷:ああ、なるほどね。2Pacが好きなエミネムが好きってことか。それはよく分かります。

長谷川:この座談会で2Pacの話が出るとは……(笑)。

神里:でまあ、話は戻りますけど、柴君のところもアネットも再演をやるから、うちは新作をやれと。

長谷川:だって新作が観たいんだもん。

神里:でも今回、例えばままごと目当てのお客さんに対して、岡崎藝術座を知ってもらえるいいプレゼンの場なのに、新しいことをしていいんだろうかって。柴君の『あゆみ』のようにうちも普段の特徴をうまく生かしたような作品をやったほうが……

大谷:仲悪いの(笑)? 柴君と。

白神:ううん。実は好きなんですよ。仲良しなの。

神里:仲良しだけど、柴君は話しかけるといやがるからこっちもいいやって。

全員:(笑)

◎それぞれ具体的にどんな作品になりそうですか?

長谷川:うちは11月にアジア舞台芸術祭でやった作品をアレンジして、基本的には自分の子供時代の記憶とか、そういうものから作品をつくっていきたいなと思ってます。

白神:うちは、ほかの団体と団体の間にちょっとずつ挟み込んでほしいと言われていて。ダンスではあるんですがアングラっぽすぎて、ちょっとネタみたいになっちゃって、メンバーに「白神さん、ほかの団体から怒られませんか?」って言われてしまって。

長谷川:大丈夫かなあ……。

全員:(笑)

白神:あと、『モモンガ・コンプレックスのこころづくし。』っていうタイトルについてなんですけど、09年に『研Q』という、アイデアをそのままとにかく動きにしてやってみるということをやっているんですが、今回はそれをもうちょっと作品らしくして、「今年の抱負です」というものが少しずつ詰まってる、こころづくしっていうか、おせち料理みたいな感じがするものにしたいなと。

長谷川:そういえばお正月ですもんね!

神里:僕はテーマがSFなんですけど……多分(笑)。映画が好きなんですけど、特に近未来もので、ウイルスが広まってこんなひどいありさまになってしまったとか、宇宙飛行士が宇宙から帰って来たら人類が滅んでたっていうような話が好きで。で、タイトルを『アフターデイズ/HOLD YOUR HAND』ってしたんですけど、そうしたらそういう映画がすでにあるみたいで(笑)。

大谷:ありますね(笑)。

神里:(笑)。で、今日ここに来るまで電車で2Pacを聴いてたら、なんかふと急に、生活に根ざさないとだめだ、と思い始めて。僕たちはみんなの代弁者たらねばならないと思って……。

長谷川:え? 生活とSF(笑)!?

神里:そう。だから、今さらだけど、テーマはSFで大丈夫ですかね?

全員:(笑)

大谷:うちは何も決まってません。ただ太一がアラサーで婚活したいって言うので、いい機会なので太一1人対お客さん100人のフィーリングカップルをやったらどうかなって――いや、これまったくの冗談です(笑)。僕がいま考えただけです(笑)。

◎いつもお二人でやりとりしながら作品をつくるんですか?

大谷:そうですね。つくってみないと分からないっていうか、二人で話をして、まずせりふを全部録音しちゃうんですよ。それを聴き直して編集して台本にするので、いつも即興的なところはまったくないんです。ただその作り方にもちょっと飽きてきたので、今回、何か違うことができるといいなと。


プロフィール

長谷川寧(はせがわ・ねい)
演出家、振付家、ダンサー、俳優。03年、冨士山アネットを旗揚げ。身体表現とパフォーマンスを軸にした作品づくりを、国内外で行っている。2010年3月に、今回上演する『証明∴』を軸にした新作長編を上演予定。

大谷能生(おおたに・よしお)
評論家、音楽家。モダンジャズから現代音楽まで幅広いジャンルの音楽に精通し、多様な表現活動を行う。08年にチェルフィッチュの山縣太一とユニット・ライン京急を結成。音楽、ダンス、演劇などの要素を取り入れた作品づくりを行っている。

神里雄大(かみさと・ゆうだい)
劇作・ 演出家、俳優。03年に岡崎藝術座を旗揚げ。設立当初は口語会話劇を軸としていたが、近年は身体性を強く意識した作品づくりで注目を集めている。06年、利賀演出家コンクール最優秀演出賞を最年少で受賞。

白神ももこ(しらが・ももこ)
演出家、振付家、ダンサー。05年モモンガ・コンプレックスを旗揚げ。08年4月より埼玉県富士見市民文化会館キラリ☆ふじみを活動拠点とするキラリンク☆カンパニーとなる。また、ワークショップや他ジャンルとの共同制作への参加も多い。

公演情報