特集:「キレなかった14才りたーんず」  - 特集ページ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

6人の演出家による連続上演「キレなかった14才りたーんず」特集 日程:2009年4月16日(木)〜5月6日(水・祝) 会場:こまばアゴラ劇場

「キレなかった14才りたーんず」。今から10数年前に「キレる14才」と言われた、1982年生まれ5人と84年生まれ1人、計6名の若手演出家が集まって、09年の4、5月に行う合同企画公演のタイトルだ。以前から親交があった柴幸男、篠田千明、中屋敷法仁を中心に、それぞれのつながりから神里雄大、白神ももこ、杉原邦生に声を掛け、この顔合わせになった。同年代の演出家という繋がりを除けば、6人は出身も所属団体も作風も、実にさまざま。異色の顔合わせが起こすこの新たなムーブメントを、約半年間にわたり密着取材する。

演出家プロフィール

柴幸男(劇作家・演出家/青年団演出部所属)プロフィール

写真:柴幸男

1982年愛知県出身。『ドドミノ』で「第2回仙台劇のまち戯曲賞」大賞を受賞。第四代目劇王。近作ではサンプリングやループなど異ジャンルの手法を積極的に戯曲の中に取り入れ、新しい視点による普遍性を模索している。代表作には『反復かつ連続』、現代口語ミュージカル『御前会議』(作=平田オリザ)、『あゆみ』などがある。

青年団 公式HP 個人ブログ

篠田千明(演出家・イベンター・シノダ/快快所属)プロフィール

写真:篠田千明

1982年東京都出身。週末はクラブか渋谷デニーズか新宿升やに出没。無料で新幹線に乗車出来る。ストリートに生きる術を網羅した生粋の東京キッズ。好物は雑炊。代表作には『小指値REMIX 霊感少女ヒドミ』(原作=岩井秀人、作=北川陽子)、『オールテクニカラー』、『R時のはなし』(作=北川陽子)。

快快 公式HP 個人ブログ

中屋敷法仁(劇作家・演出家・俳優/柿喰う客主宰)プロフィール

写真:中屋敷法仁

1984年青森県出身。反・現代口語演劇の旗手として、精力的な活動を展開。人間の存在や現代社会の退廃的な面を皮肉たっぷりに描き、観客から冷笑を誘うような舞台を生み出すことを得意とする。代表作には、「贋作マクベス」(第49回全国高校演劇大会創作脚本賞受賞)、「傷は浅いぞ」、「恋人としては無理」(柿喰う客フランス公演作品)などがある。

柿喰う客 公式HP 個人ブログ

神里雄大(演出家・作家/岡崎藝術座主宰)プロフィール

写真:神里雄大

1982年ペルー共和国リマ市生まれ。2006年、第7回利賀演出家コンクール最優秀演出家賞を最年少で受賞。受賞作『しっぽをつかまれた欲望』(作=パブロ・ピカソ)にてピカソの戯曲を日本で初上演した。劇的な身体と日常的なゆるい身体の状態を無理やりつなげ、舞台にあげる演出が特長と言われる。健康志向のため、早朝からの公演もたまに行なう。代表作に『しっぽをつかまれた欲望』、『オセロー』(作=シェイクスピア)、『三月の5日間』(作=岡田利規)、『リズム三兄妹』など。

岡崎藝術座 公式HP 個人ブログ

白神ももこ(振付家・ダンサー/モモンガ・コンプレックス主宰)プロフィール

写真:白神ももこ

1982年生まれ。小学生の頃よりバレエを始める。しかし、バレエは大好きであったが、妄想と現実の差に気づいた頃からしだいに美しいものにコンプレックスを抱く。その反動か、ほぼ裏方志望で入学した桜美林大学総合文化学科で、なぜかダンス公演をやったことをきっかけに以後、野外、体育館、屋上などで踊りを作って今に至る。無意味・無駄を積極的に取り入れ、ユニークな空間を醸し出す。『明日、シベリアに行くかも。』、『他力ジェンヌ。』など。2008年度より富士見市民文化会館キラリ☆ふじみのレジデンスカンパニー(キラリンク☆カンパニー)となる。

モモンガ・コンプレックス ブログ 個人ブログ

杉原邦生(演出家/KUNIO主宰・こまばアゴラ劇場<サミット>ディレクター)プロフィール

写真:杉原邦生

1982年東京都出身。京都造形芸術大学大学院 芸術研究科博士課程 在籍。同大学映像・舞台芸術学科在籍中より、演出・舞台美術を中心に活動。特定の団体に縛られず、さまざまなユニット、プロジェクトでの演出活動を行っている。人を喰ったような生意気さとポップなバランス感覚を兼ね備えた演出が特徴。2004年、自身が様々な作品を演出する場として、プロデュース公演カンパニー"KUNIO"を立ち上げる。歌舞伎演目上演の新たな形を提示する"木ノ下歌舞伎"には、2006年5月『yotsuya-kaidan』(作=鶴屋南北)での演出をきっかけとして企画にも参加。2008年から、伊丹市立演劇ホールAI・HALLとの共同製作事業"Take a chanceproject"アーティストに選出され、同年2月KUNIO03『椅子』(作=E・イヨネスコ)を発表。最近の主な作品に、2008年10月KUNIO04『百三十二番地の貸家/犬は鎖に繋ぐべからず』(作=岸田國士)、同年5・8月木ノ下歌舞伎舞踊公演『三番叟』(振付=芦谷康介)など。また、こまばアゴラ劇場が主催する舞台芸術フェスティバル〈サミット〉ディレクターに「冬のサミット2008」(2009年2月開催)より就任。任期は2年間。

KUNIO 公式HP こまばアゴラ劇場<サミット> ブログ 個人ブログ

公演情報

「キレなかった14才りたーんず」

2009.4/16(木)〜5/6(水・祝) こまばアゴラ劇場

【企画者】 柴幸男(toi/青年団演出部)/篠田千明(快快)/中屋敷法仁(柿喰う客)

・チケット発売中
・お問い合わせ=「キレなかった14才りたーんず」制作室
TEL.090-9971-9824(野村) MAIL.KR.14returns@gmail.com

vol.01/演出家6人初顔合わせ に進む