特集:「キレなかった14才りたーんず」  - 特集ページ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

6人の演出家による連続上演「キレなかった14才りたーんず」特集 日程:2009年4月16日(木)〜5月6日(水・祝) 会場:こまばアゴラ劇場

vol.01 演出家6人初顔合わせ

「キレなかった14才りたーんず」。そのどうにも長いタイトルを初めて聞いたのは今年の晩夏だったが、最近になって呼び方は「りたーんず」に定着したようである。従って私も、そのように呼ぶことにする。連載第1回目は、りたーんず初顔合わせに潜入!

取材・文=熊井玲(シアターガイド)

写真/会議の様子 その1

11月某日午後1時。この日、りたーんずの面々が初めて正式に顔合わせを行なった。10分前に打ち合わせ場所を訪れると、柴、篠田、中屋敷の3人はすでにスタッフと1本目の会議を終えたところだった。ムードメーカーの篠田は、私の姿を見つけるや否や、笑顔で迎え入れてくれる。

続けて、京都から上京中の杉原と、神里、白神も姿を現す。顔を合わせるなり打ち解けた雰囲気になるのは、実はこの会議以前に、一度宴席で親しくなっていたから。思わず雑談に花咲きそうになったが、制作チームのきりっとした仕切りで、会議はスタートした。

この日は、2日前に締め切った出演者オーディションの応募状況報告と、オーディションの課題や進行に関する討議、そして広報資料掲載用に6人そろって初の座談会を行なう予定だという。終了目標時刻は夕方5時。わずか4時間でどこまで話せるかは不明だが、とにかく多忙な彼らのこと。次にいつ、全員集まれるのか分からないので、今日進めるところまで、とにかく進むしかない。

「オーディション応募者総数は、175名でした」。制作チームの発表に、演出家たちは「おお〜」っと小さくどよめく。部屋の傍らには応募書類の山。どんな人が応募してきてくれたのか、気になる気持ちをひとまず抑えて、議題は具体的なオーディション内容へ。

6人のうち、過去にオーディションをやったことがあるのは一人だけ。その経験を参考にしつつ、ほかの5人は普段ワークショップや稽古で自分たちがやっているプログラムを披露する。動きのあるゲーム的なもの、設定だけ与える即興的なもの、精神力と体力とを必要とするもの……などなど、演出家によって内容はさまざまで、さらに各人の作風と結びつけて考えると、それぞれ納得がいくものばかり。言葉で説明して分からない時は、すぐに誰かから「ちょっとやってみて!」と声が掛かり、小さな部屋にも関わらず、そこで演出家たちによる実演が始まる。お互いにそれを見て、納得したり、質問したり、爆笑したり。そうして討議するうちに、やっぱり一人1プログラムずつ担当しようということになり、結局、オーディションは6プログラムで構成されることになった。

ここまで決まるのに約1時間。小休止を挟んで会議を再開すると、残り時間を意識してか、全員のテンポが少し上がり始め、と同時にそれぞれの関係性やキャラクターが、よりはっきりと輪郭を表し始めた。

写真/会議の様子 その2

全員に話が回るように気を配りながら、自身のアイデアも具体的にどんどん提案していく篠田。みんなの話をこまめにメモに取り、出された案が本当に実現可能かどうかを考える中屋敷。言葉数は少ないが、時折、周囲を一発で納得させる鋭い意見を言う白神。みんなの意見を柔軟に受け入れ、さらにそれとは違う新たなアイデアを提示する杉原。曖昧にまとまりかけた案をスルーせず、笑いで場を和ませながら、議論を深めようとする神里。そして、会議の始めからPCを開き、全員の意見を書き留めていた柴が、いつの間にか議長的な立場になって、会議の進行役を担い始めた。

みんなから出た6つのプログラム案を、柴が一つずつ読み上げて、そのやり方や必要な時間、当日の進行方法などを具体的につめていく。するとそこは、さすが演出家たち。有効性や分かりやすさ、そして何より面白さなどを考慮しながら、「できること/できないこと」をその場でぱぱっとすぐに決断する。その決め方は6人とも実に潔くて、プログラムに関する最終的な「ツメ」作業には、さほど時間がかからなかった。

とはいえ、やっぱり時間は足りなくて、残りの細かい議題は先送りにし、すぐに座談会を行うことになった。その詳しい内容は、りたーんずの広報活動で披露されていくそうなので、そちらをぜひご覧いただくとして、ここではただ、この座談会がかなり興味深い、本企画の核心に触れる内容だったことだけお伝えしよう。

「キレる14才」世代に属しつつも、別段「キレなかった」彼ら6人が、そのラベリングについて当時どう思っていたか、そして今改めてどう思うのか。また、「私」と作品との関係性や、創作に対する想いの違いなど、話はかなりひりひりした内容にまで及んだため、当然結論がすぐ出るはずもなく、会議は予定時刻を1時間オーバーして終了。本番直前の中屋敷は、慌てて荷物をまとめながら、「面白そうな話になってきたのに!」と名残惜しそうに部屋を出て行った。