特集:「キレなかった14才りたーんず」  - 特集ページ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

6人の演出家による連続上演「キレなかった14才りたーんず」特集 日程:2009年4月16日(木)〜5月6日(水・祝) 会場:こまばアゴラ劇場

vol.01 演出家6人初顔合わせ

写真/会議の様子 その3

表に出ると外はすっかり真っ暗で、ぱりっとした冬の夜の匂いが、すっと鼻腔を抜けた。話し足りない様子の篠田は、晩の新幹線で京都に帰ると言う杉原を夕飯に誘って、先頭を歩き出す。その後に続きながら、柴がぽつりとひとこと。「こういう話、結局いつも結論なんて出ないけど好きなんですよね」。

これから4月まで、こんなやりとりを彼らはあと何回重ねていくのだろう。特にリーダーを決めず、6人の合議制にしているから、当然、何をするにも時間はかかるのだが、彼らの様子を見ているとどうもその時間が面白くてたまらないらしい。「船頭多くして……」なんてたとえもあるけれど、それぞれに奔放で、頑固で、パワフルな彼ら“りたーんず”は、この先もしも山にぶちあたっても、きっと山ごと切り崩し、新たな道を作ろうとするんじゃないだろうか。

同じ空間にいて、そんな逞しさと頼もしさをひしひしと感じるのだった。

6演出家に6質問

Q1. 出身地

Q2. 演劇をはじめたのはいつ?

Q3. 08年にかかわった公演数は?

Q4. ひと月の観劇本数は?

Q5. 脚本の執筆、演出の構想を練る時はどこで?

Q6. 最近、最も気になったニュースは?

写真:柴幸男

A1. 愛知県木曽川町玉ノ井

A2. 保育園の学芸会

A3. 脚本・演出:短編1本、長編1本/演出:長編1本

A4. 4〜8本

A5. 構想はおもに自転車に乗ってるとき、執筆はここ1年ずっと自宅近くのデニーズ。

A6. 自宅近くのデニーズが潰れたこと。お花茶屋には他に24時間営業のファミレスはなく今後、台本を書けなくなるんじゃないかと不安でしょうがない。 また大学時代によく行った江古田のデニーズも潰れた。友人の今村氏がクドカンからサインをもらった吉祥寺のデニーズも潰れた。デニーズに何かが起こってると思う。

写真:篠田千明

A1. 東京

A2. 大学1年生の集中実習、学年全員を六この班分けして企画をだすので、その時に「ダンサー・イン・ザ・ダーク」がやってて、ミュージカルミュージカルつって、やりました。

A3. 脚本:3本/演出:8本/出演6本

A4. 2本

A5. おうち、ひとんち、部屋の中じゃない外→電車のホームとか、公園とか

A6. 広島でchim↑pomってゆーチームが、飛行機雲で「ピカッ」ってかいて、騒動になったこと。原爆を自分の体験にするためには、シノダは全然ありだと思ったから。

写真:中屋敷法仁

A1. 青森県の山村

A2. 小〜中学生から。地元にツアーでやってきた新劇の俳優たちにあこがれて。

A3. 脚本:10本/演出:7本/出演:2本

A4. 2〜3本

A5. 自室。ただし、締切が近くなればネットカフェに逃げ込む。

A6. 美人市議・藤川ゆりのDVDが、オリコン初登場1位(アイドル・イメージ部門)。同郷の人間として、注目せずにはいられません。

写真:神里雄大

A1. ペルー共和国リマ市

A2. 大学入学後、お笑いライブに出たときの映像を見て、演技のひどさにショックを受けた。

A3. 脚本:1本/演出:4本

A4. 0〜2本

A5. 執筆:ほぼ自宅です。 演出の構想:家・電車・バイト中・稽古場など

A6. 小室哲哉氏逮捕/音楽をよく聞き始めたころ全盛期だった。転落の仕方があまりにもわかりやすく、衝撃的でした。

写真:白神ももこ

A1. 東京都

A2. ダンスは小学生のとき、トゥシューズの形が気になってクラシックバレエを始めました。演劇?は……中学のときに演劇部員が足りなかったので友達に誘われて入ってました。

A3. 振付:5本/出演:6本

A4. 5本

A5. 自宅、電車、喫茶店。

A6. 太陽の黒点が少なくなっていること。寒さに弱いため。でも温暖化には影響ないらしい。。。ひき逃げ事件。多発しすぎ。。。明日はわが身。。。

写真:杉原邦生

A1. 東京都墨田区/神奈川県茅ケ崎市

A2. 大学から。初演出は2003年。きっかけは、学校行事みたいなことができると思ったから。

A3. 演出:3本

A4. 10本

A5. 電車とかバスとか乗り物乗ってるとき。あとは稽古場

A6. 小室哲哉逮捕。trfのライブに3回行ったことがあるし、今度アムロのライブにも行くから。小室ミュージックと青春の想い出たち。

vol.02/オーディションレポート に進む