特集:「キレなかった14才りたーんず」  - 特集ページ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

6人の演出家による連続上演「キレなかった14才りたーんず」特集 日程:2009年4月16日(木)〜5月6日(水・祝) 会場:こまばアゴラ劇場

vol.02 オーディションレポート

写真/オーディションの様子 その4

3プログラムが終わったところで小休止。楽屋に戻るや否や、演出家たちは感触を語り始める。「結構しぼりこめた!」「全然分かんないよー」「取りたい人がかぶりそうだなあ」誰かに、というより自分自身に話しかけながら、演出家たちは役者のリストとにらめっこする。しかし一息いれる間もなく、スタッフから後半戦開始の声がかかり、オーディションが再開した。

第4プログラムは、中屋敷による<プロフィール読み>。役者たちには前もって、演出家たちのうち誰か一人のプロフィールを暗記してもらい、それを演出家の指示に合わせて読み上げるという内容だ。演出家は3人1組で部屋の中央に陣取り、役者は部屋の前後で同時に二人、演技を行う。

スタートの声とともに、「なかやしきのりひと!」「しばゆきお!」と読み上げが始まる。自分の名前が呼ばれた演出家は、一瞬びくっとしてから苦笑いになり、目の前の審査に集中しようとはするのだが、ゆるんだ口の端はなかなか元に戻らない。何しろ自分のプロフィールが大声で、しかもほかの演出家の指示でラップ調だったり能楽風だったり、妙な動き付きで読み上げられるのだ。そして、次の役者の番になり、別の演出家のプロフィールが読み上げられると、今度は妙にすっきりした顔で指示をぽんぽんと出し始める。「ちょっと嫌な感じで」「片言で」「語尾に全部“だよ”ってつけて」という言い方から、「3メートル上から遠隔操作されてるように」「骨が抜けてる感じで」という動き的なことまで、飛び交う指示は6人6様。スタートから5、6人目になると、最初は椅子に座っていた演出家たちも、いつの間にか全員立ち上がり、役者の傍らに立って、腕まくりして指示を出し始めた。そのエネルギーに押されるように、役者たちもまた熱演を繰り広げる。ただプロフィールを読み上げているだけなのに、なんでこんなに笑えるんだろう。ちょっとしたコントを見ているようだった。

第5プログラムは白神による<ダンス・インプロ>。タンゴから歌謡曲まで、さまざまなジャンルの音楽を5分間流し、即興で動いてもらう。音楽が流れるや否や身体が動きだしてしまう篠田は、役者の間を飛び跳ねながら一緒に踊り始め、他の演出家たちも、時折、役者のそばに行って何か指示を出しながら、部屋中を動き回っていた。それぞれに見るポイントが違うのだろう、このプログラムの間、中屋敷はみんなから離れた場所でしきりとボードに書き込みしていたが、柴と杉原は時々メモする程度。ほかの3人はボードを手元にすら置いていなかったが、神里はプログラムが終わるとすぐに、何かをわーっと書き付けていた。

そして最後の第6プログラム、篠田による<自己紹介+休止>。候補者は大きな円状になり、一斉に大声で自己紹介を始める。が、篠田の合図で口をつぐみ、合図で再開、を何度か繰り返す。演出家たちは役者たちの周りをぐるぐる歩き周りながら、黙った時の様子を観察していた。役者の“無”の状態を見ようというのだ。そして、「はい、終わりです。お疲れさまでした!」という篠田の合図で、3時間にわたるオーディションがようやく終了した。

役者たちが全員退出したフロアで、すぐにミーティングが始まる。各プログラムに対する互いのダメ出しや、印象深かった役者の話など、演出家たちのおしゃべりは尽きないが、緊張がほどけて自然な笑顔が戻ったのもつかの間、外ではもう2回目の役者たちが待っているのだった。

6人で、120人分の本気に対峙する

写真/オーディションの様子 その5

STスポットでの3日間にわたるオーディションの最終回。再び会場を訪れると、演出家たちは妙なハイテンションで私を迎え入れてくれた。なんとなく全員がふわふわした印象。あれ、どうしたんだろう。

オーディション自体は初日に比べるとはるかにスムーズで、プログラムの説明や指示の出し方も簡潔で分かりやすく、6プログラムは滞りなく終わった。最終回ということもあって、役者以上に演出家たちのテンションが高く、そのせいか最終回が終わって楽屋に戻った6人は、文字通り“くたくた”で“へろへろ”。まあ、考えてみれば無理もない。役者たち120名分の「本気」に、3日間、真っ正面からぶつかり続けたのだ。そばで見ているだけでも“人当たり”してしまうほどなのだから、この3日間で演出家たちが使ったエネルギーは相当なものだったろう。オーディションは、受験する側だけでなく審査する側にとっても、大変なエネルギーを要するものなのだと痛感した。