特集:劇団桟敷童子「黄金の猿」  - 特集ページ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

劇場に一歩足を踏み入れた途端、目に飛び込んでくるのは巨大な舞台装置。芝居が始まれば、肌に触れる空気までが匂いを変え、そこは“此処ではない、懐かしい何処か”になる――。虐げられたマイノリティーと社会との抗争を繊細かつドラマティックに描き出す骨太の台本……、舞台であることを忘れてしまうほどダイナミックな劇団員手作りの舞台装置……、過酷な状況の中で生きる姿をリアルに演じる魅力的な役者たち……。演劇ファンを魅了し続ける劇団桟敷童子が、1年半ぶりの新作『黄金の猿』に挑む。会場のベニサン・ピットは、『海猫街』(06年)で文化庁芸術祭優秀賞を受賞した、劇団にとって記念すべき劇場。09年には創立10周年を迎える彼らの、この熱き姿を目撃せよ!

【公演情報】

劇団桟敷童子『黄金の猿…猿モ、オダテリャ…木ニ登ル…』

2008.11/21(金)〜12/7(日) ベニサン・ピット

【スタッフ】 作=サジキドウジ 演出=東憲司 美術=塵芥
【キャスト】 原口健太郎/板垣桃子/池下重大/稲葉能敬/鈴木めぐみ/外山博美/川原洋子/桑原勝行/山本あさみ/小野瀬弥彦/もりちえ/新井結香/中井理恵/ヨネクラカオリ(劇団阿佐ヶ谷南南京小僧)/松田賢二/鈴木歩己/山本亘  ほか

・チケット発売中
・全席自由3,000円/当日3,500円/学生2,500円(※劇団前売りのみ、受付にて学生証提示)
・お問い合わせ=劇団桟敷童子事務所 TEL.03-3375-8288
・開演時間=平日19:30、水曜14:00と19:30、土曜14:00と19:00、日曜・祝日14:00