【対談】祝!ミュージカル『サ・ビ・タ』再演決定 山崎育三郎×イ・ヒョン  - 特集ページ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

祝!ミュージカル『サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜』再演決定【日韓“ドンヒョン”対談!!】山崎育三郎×イ・ヒョン

14周年を迎えた今も、本国・韓国で大人気の小劇場ミュージカル『サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜』。昨年夏に本邦初演された、駒田一(兄ドンウク)、山崎育三郎(弟ドンヒョン)、原田夏希(ユ・ミリ)による日本人キャスト版でも、物語で描かれる兄弟愛が劇場を温かく包み込み、観客に感動の涙を誘っていた。昨年末、9月より韓国でドンヒョンを演じているイ・ヒョンが初来日し、2010年春に再演が決まったばかりの山崎と初対面! 二人の心中にあるドンヒョン、そして『サ・ビ・タ』への想いとは――。
取材・文=大高由子(シアターガイド)
撮影=宮川舞子

写真/イ・ヒョン(左)と山崎育三郎

―「サ・ビ・タ」を通じて、ご自身の中での変化や発見はありましたか? また、ご覧になったファンの反応は?

• イ この作品に出演したことで、自分の今後の活動に「演技」が加わったことは大きいです。以前からのファンも、自分のミュージカル俳優としての可能性に期待してくださっています。これからももっと頑張らなければと思っています。

• 山崎 僕は、やはり小劇場でのお客様との距離感を経験したことがとても勉強になったんです。2000人近く入る大きい劇場だと、伝えたいことが本当に伝わっているか、正直不安になることもあるんですけど、劇場全体が僕たちのお芝居の空間になっている、と感じられたのがとてもうれしかったです。役柄としては、今までは「甘〜い」と言われる役が多かったので(笑)、ドンヒョンのような男っぽい役を演じられたことに、自分の新たな可能性が見出せた気がします。ドンヒョンがタバコを吸うシーンを観たファンの方から「吸わないで!」と言われたりもしたんですけど(笑)。

• イ 僕も「5tion」というグループにいた時、甘いというイメージを持たれていたんですけど……。

• 山崎 うん、めちゃめちゃ甘いですね(笑)。

• イ ドンヒョンを演じることで男らしさを出すことができて、それがとても楽しいです。

写真/山崎育三郎

―ところでお二人には、歌手としても活動しているという共通点もあります。ミュージカルで歌う時と、歌手として歌う時の違いをどう感じていますか?

• イ ライブで歌う時、例えばそれが愛の歌なら愛だけを伝えればいいのに対して、ミュージカルは一つの作品で色々なものを表現しなければならないですよね。それに、発声を変えないといけないところも難しい(と言って、「This is the moment」のサビの一節を、まずライブ風に優しく、次に朗々と歌ってみせる)。

• 山崎 おおぉ、すばらしい! 僕はイ・ヒョンさんとは逆で、子供の頃からミュージカル俳優になりたくて、もともとポップスやクラシックの歌は、そのために勉強しておくべき要素という位置づけだったんです。ミュージカルにはポップな歌い方が必要な時もあれば、オペラ的な発声が必要な時もあるし、ロックミュージカルだってありますから。ただし、ミュージカルの場合は、ストーリーや音楽、歌詞、役柄……全てが完成されていて、そこに入り込んで歌うことが前提。だから、歌手としてありのままの自分で歌うのは、まだまだ経験が少なくて緊張するし、「そもそも自分のよさが一番出る声って何だろう?」という大きな悩みがあるんです。

• イ 自分の一番いい声を探すことは、歌手にとってとても難しい宿題、そして宿命ですよね。

• 山崎 本当に。最近、ようやく自分が気持ちいいと感じる音色が見つかってきたというか……きっと、いつまでも探し続けるとは思うんですけど。自分の想いや経験を乗せた歌を、自分自身の納得する声で歌い、それが聴く人の心に届けられたらいいですね。

• イ 先程からお話を聞いていると、山崎さんって頭が良くて、考え方もすばらしいですね。僕より年下なのに。

• 山崎 そ、そうでもないんですけど……まずいな(苦笑)。イ・ヒョンさんは今後、日本でも活動されるんですか?

• イ 実は今日、ファンミーティングでライブをやってそう決めました! 日本のファンの方はとても温かくて親切で。今日会場に来てくださった方のためにも、もっと日本に来てライブをしたいと思いました。ミュージカルも機会があればぜひやってみたいです。歌手の自分とはまた別の側面をお見せしたいですし。

写真/イ・ヒョン

―日本語で歌うことに興味はありますか?

• イ もちろんです。ファンの方が望むなら何でもやってみたいと思います。

• 山崎 イ・ヒョンさんは優しいし(笑)、日本でもきっと成功されると思います。お互いに頑張りましょう!

• イ ありがとうございます!

【公演情報】

ミュージカル『サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜』

舞台写真/前回の公演より 左から原田夏希、駒田一、山崎育三郎

(c)東宝

• ある雨の夜。今は兄ドンウクが一人で暮らす家に、音信不通だった弟のドンヒョンが7年ぶりにひょっこり帰ってきた。心の奥底ではお互いを想い、再会を喜んでいるのに、なぜかすぐにギクシャクしてしまう2人……と突然、奇抜な格好をしたユ・ミリが「結婚おめでとう!」と歌いながら部屋に乱入! ウェディングパーティー・サービスの新入社員である彼女は、どうやら部屋を間違っているよう。でも、彼女の存在が兄弟の心の距離を徐々に縮めていき……。2010年3月、本多劇場にて再演決定。地方公演も予定。

山崎育三郎 プロフィール

やまざき・いくさぶろう 86年生まれ。07年『レ・ミゼラブル』のマリウス役(09年3月より地方公演あり)に抜擢され、以後ミュージカルを中心に活躍中。最近の出演作に『ハレルヤ!』『ラ・カージュ・オ・フォール』など。昨秋には映画「夏休みのような1ヶ月」で初主演を果たす。

イ・ヒョン プロフィール

イ・ヒョン 79年生まれ。01年、男性コーラスグループ「5tion(オーション)」のメンバーとしてデビュー。08年4/1リリース「THE ONE」でバラード歌手としてソロに転向、9月より「サ・ビ・タ」でミュージカル初挑戦。同年末、日本で初ファンミーティングを開催した。