特集 多摩川アートライン 2008 パフォーマンスプログラム「多摩川劇場」[パフォーミングアーツ ディレクター 岡崎松恵インタビュー] - 特集ページ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集ページ

多摩川アートライン 2008 パフォーマンスプログラム「多摩川劇場」

「多摩川アートラインプロジェクト」パフォーミングアーツディレクター 岡崎松恵インタビュー

見せたいのは、日常にある劇的なもの

写真/岡崎松恵

停車駅7駅、乗車時間10分。蒲田から多摩川を結ぶローカル線・東急多摩川線に、2日間限定の移動式小劇場がオープンする。その名も「多摩川劇場」。仕掛人は、横浜STスポットやBankART1929の館長を歴任し、現在は企画集団「オフサイト・ダンスプロジェクト」を主宰する敏腕プロデューサー・岡崎松恵だ。劇場外でのパフォーマンスを多数手掛けてきた彼女に、この多摩川線初のチャレンジについて、話を聞いた。

取材・文=熊井玲(シアターガイド)

3作品同時上演@多摩川線

写真/岡崎松恵

多摩川アートラインプロジェクトのことは、ネットサーフィンしてる時に偶然知りました。私は今年の3月にオフサイト・ダンスプロジェクトを立ち上げたんですけど、それは従来、舞台芸術の活動の場であった「劇場」ではなく、劇場以外の場所で舞台芸術を上演しようというプロジェクトなんですね。それで、公演に適した場所がないかと探していた時に、偶然。

自宅が近かったので、なんとなく多摩川線に乗ってみたんですけど、何度か往復してるうちに、ふとアイデアが浮かんだんです。7駅を乗降して成立するダンスや演劇がつくれるんじゃないかな、と。それで、今年6月に行なわれたアートラインプロジェクトのシンポジウムに参加して、さっそく事務局の方にメールして私のアイデアを投げかけてみたら、オフィスに伺ったその日のうちに「やりましょう」と(笑)。

最初は駅のホームで上演、と思っていたんですけど、話し合いを重ねるうちに鉄道の中でやってみたい、ということになり、東急電鉄さんのご理解も得られて、回送電車を使わせてもらえることになりました。多摩川線は全部で三両なので、それならダンス1本演劇2本で、3人の作家に1作品ずつ、同時上演してもらおう、と。

でも、電車って劇場にはない物理的な要素があるわけです。揺れるとかノイジーであるとか。それは、ある意味、演劇やダンスにとってはすごいデメリット。これをメリットに転換できる人、あるいはその要素を取り入れて作品を作れる人は、普段から演劇やダンスの表現の構造そのものを問いかけるような活動をしてる人じゃないと無理だなって思ったんです。

写真/岡崎松恵

そこで、ダンスは山下残さんにお願いしました。彼は、私たちが考えもつかないような奇想天外なことをやる、不可思議な魅力をもった人で(笑)、ほかの振付家が動きの開発にこだわるところ、時間とか空間といった環境など、動きが生まれる大元の部分から考えて工夫する人なので、彼ならこのデメリットを転換できるんじゃないかと。

それから演劇で誰かいい人を、とリサーチしたところ、STスポットのスタッフに推されたのが柴(幸男)君です。資料映像を見て、度肝をぬかれました(笑)。彼も斬新なアイデアや実験性に留まらず、普遍性のある作品を発表している人なので、こういう方なら、と。

中野(成樹)君とは私、付き合いが長いんですが、彼は翻訳劇の演出が専門で、もともとあるせりふやしゃべり方、立ち居振る舞いを日常化し、簡易化することで新しい演劇作品をつくろうとしています。そこで、彼にもぜひお願いしたいなと思って。

作品はそれぞれ、基本的には電車に乗っている人たちの生活にオーバーラップするもの、日常の身体や言葉をモチーフにしたものになると思います。(乗車時間の)約10分の“超短編”ですが、柴君は天気がよかったらそのままパフォーマンスを続けることになりそうです。

公演情報

多摩川劇場は、多摩川アートライン2008のために、通常のダイヤの合間に運行する特別車両です。

1:運行日時
11月2日(日)・3日(月・祝)各日とも14時に運行
2:入場方法
  • 当日11時より、東急多摩川線「多摩川駅」改札外のインフォメーションセンターにて、整理券を配布。
  • 各回150枚の整理券を配布(車両指定・各車両50枚ずつ)。定員になり次第締切。
  • 車両ごとに、上演作品が異なります。
  • お一人様、1回につき1枚の整理券を発行。
  • ご乗車には必ず整理券及び乗車券(蒲田駅→多摩川駅間・大人150円)が必要となります。
  • 上演時間は約15〜30分を予定。(雨天荒天の場合は、変更の可能性あり)

多摩川アートライン2008 イベント・スケジュールはこちら
http://tamagawa-art-line.jp/2008/10/2008_4.html

多摩川アートライン2008・オープニングパフォーマンス
珍しいキノコ舞踊団パフォーマンス『PICNICKINOKO』

スタッフ
構成・演出・振付・出演=伊藤千枝
キャスト
井出雅子 山田郷美 佐藤昌代 篠崎芽美 石川勇太 茶木真由美 中川麻央 伊藤千枝
日時・会場
11月1日(土)16:00開演
田園調布せせらぎ公園(東急東横・多摩川線多摩川駅改札を出て左)
*屋外スペースでの上演を予定しています。暖かい服装でお越し下さい。
料金
無料
お問い合わせ
多摩川アートラインプロジェクト実行委員会事務局(asca内)
TEL.03-3731-4126
Mail.office@tamagawa-art-line.jp