特集|ももいろクローバーZ主演ミュージカル『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』を生み出した本広克行&鈴木聡インタビュー!演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

特集

180910_dywd_05.jpg

 


ももいろクローバーZが、『幕が上がる』で初舞台を踏んで3年。彼女たちが本広克行と再びタッグを組んで、お芝居の世界へカムバックする。しかも今回は“ジュークボックス・ミュージカル”と銘打ち、彼女たちの楽曲が随所に散りばめられているという『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』だ。本作の脚本を手がけたのは、自ら“モノノフ”と公言するラッパ屋主宰の鈴木聡。本広と共にコンサートへ“遠征”し、ももクロのコンサートについて語らい、つくられたステージは一体どんなふうに幕が開くのか? 二人に話を聞いた。 


−−まずは本広さんにお伺いします。現在の稽古の印象と、3年前の『幕が上がる』の稽古との違いはありますか?

本広:3年前はストレートプレイでしたが、今回はミュージカルなので、お芝居だけじゃなく歌や踊りの稽古、振付の時間とかいろいろあるんですよね。それが僕はちょっと、楽しくてしょうがないです(笑)。ももクロメンバーが一生懸命練習している姿がほほ笑ましいし、ほかの役者さんたちがももクロと一緒に踊るシーンとかもあるんですけど、表現の方法で踊りがこんなにも違うんだというのが本当に楽しい。そして彼女たちが3年前と圧倒的に違うのは、セリフの入るスピードがすっごく速くなっていたことです。3日目で台本が手から離れたんですよ。正直やばいと思ったけど(笑)、ちゃんとそのシーンが成立するくらいまでセリフが入ってたのは、ちょっと感動しましたね。

−−本作はももクロの楽曲を使ったミュージカルですが、どんなことを念頭に置きながら演出してるのでしょうか。

本広:“ジュークボックス・ミュージカル”というジャンルがあると知って、なるほど〜と思いながら、それにまつわる映画とかを観まして…………。最初は、自分が聴きたいセットリストから始まって、お客さんはどんな曲を歌ってもらいたいんだろうなと考えたり。そして鈴木さんとお会いした時には、セットリストの話ばっかりしてました(笑)。ももクロのライブを何度かご一緒して、話して。僕は今まで、与えられた脚本をどうやって映像にするか、というのが仕事だと思ってたんですけど、今回は初めて“こうしたいんです!”と鈴木さんに思いをぶつけて脚本を執筆していただきました。

180910_dywd_03.jpg

−−選曲の話が出ましたが、作品で歌われる楽曲は、どのような意図で選ばれたのか教えてください。

鈴木:この作品は輪廻転生のような話なんです。実際にももクロのアルバムの中に、そういう内容のような楽曲がいくつかあるんですよね。

本広:ありますあります。ですから、オープニングナンバーはおのずと決まったという感じです。

鈴木:天使が登場するような話が出てくれば、それに関係した歌があったり、結婚する女性を主人公にしてみたい曲もある。 “この楽曲を生かしたいから、こういうシーンにしよう”とか、ホンを書く上でそういった部分もありました。ももクロの場合は、すごくスケールの大きい曲もあれば、元気になるような曲もあって、アルバムの表情がすごく豊かなんです。ファンタジーもあるし、ユーモラスなコミックソングふうのものあるし、ちょっと文学的なものもある。そんないろんな面を表現したくて、幅広い楽曲をセレクトしました。

−−デビュー初期の曲から最近の曲まで、まんべんなく出てくるという印象を持ちました。そのあたりも意識はされたんですか?

鈴木:どちらかというと、ストーリーありきかな。

本広:歌詞が、鈴木さんが書いた物語にびっくりするぐらいフィットしてて。

鈴木:『おじクロ』(12年、ラッパ屋の第39回公演タイトル)からのモノノフです(笑)

−−モノノフの鈴木さんの思いがすごく伝わってきました。

鈴木:やっぱり?(笑)というか、お客さんとドラマを共有するうえで、僕のモノノフ的な知識を生かしたところはあります。特に今回はダンス部の話だから、4人には既に絆はあるという設定なんですね。その絆というのはあんまり説明しなくても、ももクロの4人なんだから、あるに決まってるじゃないかと。(百田)夏菜子ちゃんだったら、この場面では絶対にこう言うだろうとかね。僕もお客さんも彼女たちに対する思いがあるから、事前の説明を省いてドラマを展開できる。そういう一面はあったと思います。

本広:僕より全然ももクロ歴が古いですから。すごいやばいですよ、歌詞をちゃんと煮詰めて考えられてるから、“はぁぁ……シーンにぴったりだ〜”って思う。で、僕はやっぱり映像の演出家なので、映像を浮かべながらつくっていくと、やっぱり鈴木さんはももクロのことを分かってらっしゃるんだなって実感します。だからなのか、稽古の進みが早いんですよ。彼女たちが喋りそうなことを鈴木さんが書いているから覚えやすいんでしょうね。稽古場では、僕がこんなに楽しくていいのかな〜って思ったりもしますけど(笑)。僕が楽しめば、きっとお客さんも楽しいと信じているので。

鈴木:それは絶対そうですよ。あとは彼女たちが楽しめればね。

本広:はい、それは大丈夫です。わちゃわちゃしてますよ(笑)。

180910_dywd_04.jpg

−−(笑)やっぱりわちゃわちゃされてるんですか。

本広:はい、もう、ずーっと。あんまり弱い部分を人に見せたくないみたいですね。“疲れた”とか一切言わないんです。むしろ周囲が煽られてますもん。

鈴木:そのパワーに。

本広:そのパワーに。すごいです、オフがないんだなって。ああいう子たちがいると、つくってる人たちがみんな笑顔になってきてて。本当に笑ってるんですよみんなが。

−−ももクロファンではないお客さんには、この作品をどう伝えたいと考えていらっしゃいますか?

鈴木:ももクロのパフォーマンスや楽曲は本当に素晴らしいものがたくさんあるから、それに触れてもらえるということだけで僕はすごくうれしいです。それと「ダンス」という言葉をキーワードにした僕なりのメッセージも込めたので、そのへんも感じていただければ。

本広:この作品を観ながら、踊りたい人は踊ればいいじゃないかというのと、そういう風な衣装と空間をつくってみようかと思ってるんです。ノリが悪ければ座って観ても、手だけ叩いてもいいし。そういう意味では、今回は反応がどう出るんだろうなというのは、お客さんが選んだほうが面白いと思います。

鈴木:そうですね。ある意味一つのライブだから。趣向の多いライブとして観てもらってもいいんじゃないかなっていう気はするんです。それにミュージカルを初めて観る人がきっとたくさんいると思う。ミュージカルを好きになってもらえるといいな。

−−ミュージカルという表現方法を担うという部分で、シルビア・グラブさんと妃海風さんがすごく重要なキーパーソンになってくると思うのですが……。

本広:ミュージカルやられる役者さんて、こんなに歌がうまいんだと(笑)。圧倒的です、もう、見事です。しかも、ももクロが彼女たちに影響されてるんですよ。やっぱりミュージカルにはミュージカルのプロがいらっしゃるんだなって。

180910_dywd_02.jpg

−−以前、鈴木さんが“ももクロに出会って人生観が変わった”と仰っていたと思うんですけど、まさに今本広さんがそんな感じなんですか?

鈴木:本広さんは意外とね、冷たい(笑)。ずーっと、“僕はももクロファンじゃない”って言ってる。

本広:そう言わないといろいろ……言われるんですよ。

鈴木:それはやっぱりプロとしての意識? 職業として、あんまりなあなあになっちゃいけないから厳しくしてるとか、そういう意味ですか?

本広:いや、推しっていうより、観たいんですよ! 素晴らしいこの4人を(笑)。

−−では、本作において、お二人がここだけはブレずにやろうと決めていることはありますか?

本広:僕は徹底的なエンターテインメントをつくることですね。笑って泣けて、最後は元気をもらって帰るという。そういう鉄板なことを、絶対ももクロたちとやりたいなと思ってます。

鈴木:僕もそうですね。彼女たちはエンターテナーとして成長していく人たちだと思うので、そこを何か後押しできればいいなと思います。

−−最後に、お二方から観に来てくださるお客様に一言お願いします。

本広:ももクロを知らない人が間違えて観に来たとしても、“こんなにいろんな力をもらえるんだ”ってびっくりするような作品にするべく稽古しています。そしてモノノフの皆さんには、彼女たちの新しい魅力を見付け出してお見せするといいかなと思って、頑張っています。

鈴木:僕もそうだけど、モノノフの皆さんは、彼女たちが次はどんなエンターティメントをつくるか、ということに関心を持っていると思うんだけど、そういった皆さんの期待に答えられる舞台にしたいと思って脚本を書きました。楽しみにしていてください。

(取材・文・撮影=石井美幸)

プロフィール

■本広克行(もとひろ・かつゆき)
65年生まれ。TVディレクターとして活躍後、ドラマ「踊る大捜査線」シリーズをはじめ、数多くのドラマを手掛ける。19年3月にドラマ「チャンネルはそのまま!」(Netflixにて独占先行配信、および北海道地区での放送)が控える。

■鈴木聡行(すずき・さとし)
ラッパ屋で主宰・作・演出を担う。近年手掛けた作品に『父の黒歴史』『FREE TIME, SHOW TIME 君の輝く夜に』などがある。19年6月に紀伊國屋ホールにて主宰公演を控えている。

インフォメーション

ミュージカル『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』

2018年9月24日(月休) ― 10月8日(月祝)

会場:舞浜アンフィシアター
作=鈴木聡 演出=本広克行
出演=百田夏菜子 玉井詩織 高城れに 佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)
妃海風 シルビア・グラブ ほか
 
企画 株式会社パルコ
製作 株式会社パルコ・電通

公式サイト

ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?