お知らせ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

お知らせ

 

シアターガイド 2018年11月号 表紙\

【巻頭特集】
“世界のクロサワ”の名画がミュージカルに!
ミュージカル『生きる』

黒澤明の名作映画が、ミュージカルとして立ち上がる。しがない男が死期を悟り、“生きる”意味を探す物語。その主人公を担う市村正親&鹿賀丈史、息子役の市原隼人、男に影響を与える小説家役・新納慎也&小西遼生、二役に回替わりで挑むMay'n&唯月ふうか、そして演出の宮本亜門、脚本・歌詞の高橋知伽江の言葉を届ける。

【国内】
水木しげる作品の世界観をモチーフに描く新作
『ゲゲゲの先生へ』
佐々木蔵之介×前川知大

草笛光子と新パートナー・松岡昌宏のダンスに注目
『新・6週間のダンスレッスン』
草笛光子×松岡昌宏

ケラリーノ・サンドロヴィッチが禁断のモチーフを描く
KERA・MAP『修道女たち』
ケラリーノ・サンドロヴィッチ

三宅健&鈴木裕美のタッグで名作戯曲に挑む
『二十日鼠と人間』
三宅健×鈴木裕美

【海外】
2018年の動向をチェック!
「エジンバラ・フェスティバル レポ」

……などなど、「シアターガイド」11月号は、10月2日(火)発売です!

記事の紹介はこちら!
»「シアターガイド」11月号のご案内

28〜29p「ドリアン・グレイの肖像」特集記事内、コメント前の東山義久さんのお名前に誤りがございました。

誤)東川

正)東山

誤った情報により、関係者の皆さま及び読者の方々に多大なご迷惑をお掛けいたしました。ここに訂正し、心よりお詫び申し上げます。

シアターガイド 2018年10月号 表紙\

【巻頭特集】
野田の名作が、名優陣を得て、新たに咲き誇る
NODA・MAP『贋作 桜の森の満開の下』

初演は1989年。92年、01年と再演し、昨年は歌舞伎座で歌舞伎バージョンと、数ある野田秀樹作品の中でも上位の上演回数を誇る。坂口安吾の『桜の森の満開の下』と『夜長姫と耳男』を下敷きにした戯曲は、恋とクリエイターの苦悩と国造りが絡み合う隙間から、詩情溢れる言葉がにじみ出す。難解で魅力的な物語の秘密を、妻夫木聡×深津絵里×天海祐希×古田新太、秋山菜津子×大倉孝二×藤井隆×村岡希美×門脇麦×池田成志×銀粉蝶×野田秀樹の座談会からひもとく。

【国内】
ショービジネスの裏側を描く
『サメと泳ぐ』
田中哲司×田中圭

年の差夫婦の役に臨む!
新感線☆RS『メタルマクベス』disc2
尾上松也×大原櫻子

あの感動の舞台が再び!
ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』
中川晃教/伊礼彼方/spi

名作SF小説を舞台化
『華氏451度』
吉沢悠×美波×白井晃

【海外】
バルカン半島の演劇を知る
「ベオグラードの街角で見る、旧ユーゴスラビアの“悲劇”」

……などなど、「シアターガイド」10月号は、9月1日(土)発売です!

記事の紹介はこちら!
»「シアターガイド」10月号のご案内

50p・51p THE NEWS SHOWページのこまつ座「イーハトーボの劇列車」紹介記事内に誤りがございました。

誤)長塚(圭史)は『十一ぴきのネコ』(12年)以来、7年ぶりのこまつ座での演出となる。

正)長塚(圭史)は『十一ぴきのネコ』(12・15年)以来、4年ぶりのこまつ座での演出となる。

誤った情報により、関係者の皆さま及び読者の方々に多大なご迷惑をお掛けいたしました。ここに訂正し、心よりお詫び申し上げます。

シアターガイド 2018年9月号 表紙\

【巻頭特集】
勢い溢れる新作歌舞伎が登場!
新作歌舞伎『NARUTO−ナルト−』

忍者うずまきナルトとそのライバル・うちはサスケを軸に、家族愛や友情を紡ぐヒット漫画『NARUTO−ナルト−』が歌舞伎化される! W主演を勤める坂東巳之助と中村隼人、そして壮大な物語をまとめ上げた脚本・演出のG2に話を聞いた。また、市川猿之助&片岡愛之助のコメント、稽古場の様子もお届け。この夏最大の注目作の中身を暴く!

【国内】
名作映画のミュージカル版が日本初演
ミュージカル『ゴースト』
浦井健治×咲妃みゆ×秋元才加/森公美子

稲垣吾郎&鈴木聡の名タッグ再び
FREETIME,SHOWTIME『君の輝く夜に』
稲垣吾郎×鈴木聡

ついにシリーズ5度目の上演!
『宝塚BOYS』
良知真次×藤岡正明×永田崇人×溝口琢矢

「TRUMP」シリーズ最新作
ミュージカル『マリーゴールド』
壮一帆×東啓介×愛加あゆ/末満健一

【海外】
ついにミュージカルの本役で来日
「ジョン・オーウェン-ジョーンズ インタビュー」

……などなど、「シアターガイド」9月号は、8月2日(木)発売です!

記事の紹介はこちら!
»「シアターガイド」9月号のご案内

50p「怪物達の殿堂〜オペラ・バレエの世界〜」内、東京二期会『外套』、および、谷桃子バレエ団『道化師〜パリアッチ〜』の、ホームページのURLに誤りがございました。

正)
東京二期会『外套』
http://www.nikikai.net/lineup/il_trittico2018/index.html

谷桃子バレエ団『道化師〜パリアッチ〜』
http://www.tanimomoko-ballet.com/gallery/gallery-b=15.php.html

誤った情報により、関係者の皆さま及び読者の方々に多大なご迷惑をお掛けいたしました。ここに訂正し、心よりお詫び申し上げます。

シアターガイドは、カルチュア・エンターテインメント株式会社と業務提携を行い、チケット購入でより多くのTポイントが付与される「STAGE×T-FAN」をサポートして参ります。

STAGE×T-FAN

【「STAGE×T-FAN」とは?】
年間500円(税込)で登録し、演劇・ミュージカルの対象公演を「T-TICKET」で購入すると、Tポイントがどんどん貯まるお得なサービスです。
https://stage.fan.tsite.jp/

STAGE×T-FAN『マイ・フェア・レディ』

現在、STAGE×T-FAN登録会員限定で、ミュージカル『マイ・フェア・レディ』イライザ役をWキャストで演じる朝夏まなとさん&神田沙也加さんが、カード券面にデザインされたTカードを発行しています(カード発行手数料:税込550円)。ミュージカル作品をデザインに採用したTカードはこれが初めてです。なお、このTカードもセットとなったチケットの特別販売も実施しています。
https://stage.fan.tsite.jp/contents/912


【「T-TICKET」とは?】
お手持ちのTカードで、演劇・ミュージカル・ライブなど、各種イベントに入場できる便利なサービスです。登録が完了すれば、チケットの発券や発送もありませんし、お連れ様とのチケット分配も可能です。
*Tチケットの購入には必ず[Tカード番号の登録][Yahoo! JAPAN IDとの連携]が必要になります。[Tカード]及び[Yahoo! JAPAN ID]をご登録の上ご利用ください。
https://fan.tsite.jp/ticket/tticketguide_pc

【販売例】

Tチケット『マリー・アントワネット』

ミュージカル「マリー・アントワネット」
https://fan.tsite.jp/ticket/181008MAR
をT-TICKETで購入すると…
通常ボーナスTポイント+600pt!
*STAGE×T-FAN無料メルマガにご登録いただきます

「STAGE×T-FAN」登録の上でご購入いただくと
さらに+500ptで合計1000ptがボーナス!

そのほか、注目作・話題作のチケットを取扱中です!
「STAGE×T-FAN」を利用して、お得にチケットをご購入ください!
https://fan.tsite.jp/ticket/stagefan

シアターガイド 2018年8月号 表紙\

【巻頭特集】
注目のミュージカルが生まれる!
ミュージカル『ナイツ・テイル−騎士物語−』

シェイクスピア最後の戯曲をもとにした、新作ミュージカルが誕生。従兄弟同士の騎士を演じる堂本光一、井上芳雄、演出家のジョン・ケアードによる鼎談、プリンシパルキャスト、作曲家ポール・ゴードン、振付家デヴィッド・パーソンズの各インタビュー、帝国劇場のミュージカル史など、盛りだくさんに特集する。

【国内】
あの名画を元に新たな舞台が登場
『レインマン』
藤原竜也×椎名桔平×松井周

3作連続上演の第1弾
新感線☆RS『メタルマクベス』disc1
橋本さとし×濱田めぐみ

松坂桃李がIRAの殺人マシーンに
『マクガワン・トリロジー』
松坂桃李

尾上右近、現代劇に初挑戦!
『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル〜スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ〜』
尾上右近

手だれの役者陣が難作に挑む
『死と乙女』
石橋徹郎×朴王路美×山路和弘

【海外】
今年はどんな作品が受賞した?
「トニー賞2018総括」

……などなど、「シアターガイド」8月号は、7月2日(月)発売です!

記事の紹介はこちら!
»「シアターガイド」8月号のご案内

36p・37p 地点「山山」「忘れる日本人」内、公演タイトル「山山」に誤りがございました。

誤)「山々」

正)「山山」

誤った情報により、関係者の皆さま及び読者の方々に多大なご迷惑をお掛けいたしました。ここに訂正し、心よりお詫び申し上げます。

シアターガイド 7月号の詳細はこちら

シアターガイド 2018年7月号 表紙\

【巻頭特集】

あの話題作が15年ぶりによみがえる
『ニンゲン御破算』

2003年、松尾スズキ×中村勘三郎(当時は勘九郎)という演劇界&歌舞伎界の二大異端児によるタッグで話題をさらった『ニンゲン御破産』。あの挑戦作が『ニンゲン御破算』として新生する! 本誌では、キャストの阿部サダヲ、岡田将生、多部未華子、荒川良々の座談会のほか、再創作に挑む松尾のインタビュー、稽古場レポをお届けする。

【国内】
“秘密の花園”の景色に迫る
ミュージカル『シークレット・ガーデン』
石丸幹二×花總まり

国民的名作漫画、ついに舞台化
舞台『銀河鉄道999〜GALAXY OPERA〜』
中川晃教

現メンバーでの集大成となるショー
DIAMOND☆DOGS『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION2018』
東山義久×森新吾×小寺利光×中塚皓平×和田泰右×咲山類×TAKA

新作と、拠点移転への思いを聞く
青年団『日本文学盛衰史』
平田オリザ

【海外】
大オーケストラのド迫力演奏と共に
映画「ウエスト・サイド物語」

……などなど、「シアターガイド」7月号は、6月1日(金)発売です!

記事の紹介はこちら!
»「シアターガイド」7月号のご案内