お知らせ - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

お知らせ

159p・「ウエストエンド 今月のおすすめ16本」内、市村正親様のお名前に誤りがございました。

誤)市川正親

正)市村正親

誤った情報により、関係者の皆様及び読者の方々に多大なご迷惑をお掛けいたしました。ここに訂正し、心よりお詫び申し上げます。

シアターガイド 2017年11月号

【巻頭特集】
インドの古典が初めて歌舞伎に!
『極付印度伝 マハーバーラタ戦記』

バラタ族の物語をつづったインドの古典「マハーバーラタ」。それを尾上菊之助の発案で歌舞伎にするという。長年、企画を温めていた菊之助の思い、そして初タッグにして初歌舞伎となる脚本の青木豪、演出の宮城聰(SPAC)、それぞれに話を聞いた。そのほか、気になる今月の歌舞伎を紹介する。

【国内】
ルーマニアの巨匠が、日本人キャストを初演出
『リチャード三世』
佐々木蔵之介/シルヴィウ・プルカレーテ

復讐、プライド、愛。思惑絡み合う男と女
『危険な関係』
玉木宏×鈴木京香

ジロドゥの骨太戯曲に鈴木亮平が臨む
『トロイ戦争は起こらない』
鈴木亮平

前川知大の人気作を寺十吾の演出で!
『関数ドミノ』
寺十吾×瀬戸康史×勝村政信

文学座の80周年に、江守徹が『鼻』を演ず
文学座『鼻』
鵜山仁×江守徹

【海外】
ジャカルタにある注目の劇場
「コミュニタス・サリハラ インドネシア現代芸術の最先端」

……などなど、「シアターガイド」11月号は、10月2日(月)発売です!

記事の紹介はこちら!
»「シアターガイド」11月号のご案内

シアターガイド 2017年10月号 表紙\

【巻頭特集】
ケラリーノ・サンドロヴィッチ×チェーホフ最新作
『ワーニャ伯父さん』

ケラリーノ・サンドロヴィッチがチェーホフ四大戯曲の上演に挑むシリーズ第3弾は、満たされない思いを抱く人々の日常を淡々とつづった『ワーニャ伯父さん』だ。田舎屋敷で実直に暮らすワーニャ(段田安則)と姪のソーニャ(黒木華)。大学教授を引退して都会から引き上げてきたソーニャの父セレブリャーコフ(山崎一)と後妻エレーナ(宮沢りえ)。切なくも滑稽な大人の恋を、精鋭チームがいかに立ち上げるか、探った。

【国内】
シーズン第3弾に松山ケンイチと向井理が登場!
劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風
松山ケンイチ×向井理

時と生(性)を超えて紡ぐ物語
『オーランドー』
白井晃×多部未華子

新たに生まれ変わる戦慄の物語
『人間風車』
成河

スリリングな二人芝居に実力派が挑む
『謎の変奏曲』
橋爪功×井上芳雄

殺陣に定評のある老舗劇団の代表作!
劇団若獅子『新国劇百年』
笠原章

【海外】
映画「ポリーナ、私を踊る」をひもとく
「アンジュラン・プレルジョカージュ インタビュー」

……などなど、「シアターガイド」10月号は、9月1日(金)発売です!

記事の紹介はこちら!
»「シアターガイド」10月号のご案内

172p・「劇顔 GEKI-GAN 220」連載内、坂本昌行様のプロフィール内に登場する長野博様のお名前に誤りがございました。

 誤)長野博之

正)長野博

誤った情報により、関係者の皆さま及び読者の方々に多大なご迷惑をお掛けいたしました。ここに訂正し、心よりお詫び申し上げます。

111p、日本総合悲劇協会「業音 GO-ON」当日券情報内、問合せ番号に誤りがございました。

誤)ぴあ(TEL.0570-02-911)

正)ぴあ(TEL.0570-02-9111)

誤った情報により、関係者の皆さま及び読者の方々にご迷惑をお掛けいたしました。ここに訂正し、心よりお詫び申し上げます。

 

シアターガイド 2017年9月号

【巻頭特集】
演劇界を揺るがす、前川知大&長塚圭史初タッグ作品!
『プレイヤー』

劇団イキウメで2006年に上演された戯曲『PLAYER』をもとに、作者の前川知大と演出家・長塚圭史が話し合いを重ね、より層の深い、新たな物語を誕生させた。藤原竜也と仲村トオルの“プレイヤー”対談、そして前川&長塚によるクリエーター対談、さらに稽古場の様子から、この夏話題のサイコホラー劇に迫る。

【国内】
キャロル・キングの名曲に乗せて、その半生を描く
ミュージカル『ビューティフル』
水樹奈々/平原綾香/中川晃教×伊礼彼方

野田歌舞伎第4弾、ついに登場
八月納涼歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』
野田秀樹×中村勘九郎×中村七之助

15年ぶりの再演!
日本総合悲劇協会『業音』
松尾スズキ×平岩紙

ブロードウェイ発の話題作を日本人キャストで!
ミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』
ムロツヨシ×賀来賢人

音痴の歌姫に、篠井英介が成り切る
『グローリアス!』
篠井英介

【海外】
トニー賞2部門獲得
「『インディセント』を観て」

……などなど、「シアターガイド」9月号は、8月2日(水)発売です!

記事の紹介はこちら!
»「シアターガイド」9月号のご案内

シアターガイド 2017年8月号

【巻頭特集】

ついに日本初演! 全役オーディション選出の実力派が集う
ミュージカル『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』

映画「リトル・ダンサー」をもとに、鬼才エルトン・ジョンの作曲で2005年にミュージカル化された人気作が、ついに日本人キャストで初演! ビリー役の少年5名の座談会はもちろん、周囲の大人たちを演じる俳優たち(お父さん&お兄さん、バレエのウィルキンソン先生、ほかにも……!)の声もたっぷりとお届けしよう。

【国内】

悩む若者たちの群像劇
『怒りをこめてふり返れ』
千葉哲也&中村倫也

魅惑の地を舞台にした新作
音楽劇『魔都夜曲』
藤木直人&マイコ

KAATキッズ・プログラムに森山開次が登場
『不思議の国のアリス』
稽古場レポ/森山開次

シンクロ率の高い二人が放つ
『鳥の名前』
赤堀雅秋&新井浩文

【海外】

B'way 2016−17シーズンの総決算!
「第71回トニー賞 結果発表」

……などなど、「シアターガイド」8月号は、6月30日(金)発売です!

記事の紹介はこちら!
»「シアターガイド」8月号のご案内

シアターガイド 2017年7月号 表紙

【巻頭特集】

木下順二の意欲作が新演出でお目見え
『子午線の祀り』

1979年、能・狂言、歌舞伎、現代演劇の俳優とスタッフが集い創り上げた、木下順二の叙事詩劇『子午線の祀り』。本作が、新たに野村萬斎の演出でよみがえる。本誌では、演出および知盛役を担う萬斎と、義経役・成河の各インタビュー、河原崎國太郎、今井朋彦、村田雄浩、若村麻由美の座談会と、盛りだくさんにお届けする。

【国内】

第2シーズン、いよいよ開幕!
劇団☆新感線『髑髏城の七人 Season鳥』
阿部サダヲ&森山未來&早乙女太一

その一瞬をどう生きるか
『君が人生の時』
坂本昌行&橋本淳

田村孝裕が立ち上げる家族劇に北山宏光が挑む
『あんちゃん』
北山宏光&田村孝裕

文学座×文化座×民藝×青年座×東演の制作と演出家・鵜山仁が語る
新劇交流プロジェクト『その人を知らず』
白田聡&中山博実&高本佳英&森正敏&横川功&鵜山仁

【海外】
ドイツの名舞台美術家
「アンナ・フィーブロック インタビュー」

……などなど、「シアターガイド」7月号は、6月2日(金)発売です!

記事の紹介はこちら!
»「シアターガイド」7月号のご案内

シアターガイド 2017年6月号 表紙\

【巻頭特集】
豪華カンパニーが立ち上げる注目作
ミュージカル『グレート・ギャツビー』

アメリカ現代文学の雄、F・スコット・フィッツジェラルドの名作が、小池修一郎の脚本・演出、リチャード・オベラッカーの音楽により新生する。二人のコメントのほか、タイトルロールの井上芳雄、主要キャストの夢咲ねね、田代万里生のインタビュー、稽古場レポと盛りだくさんに特集する。

【国内】
社会派ミュージカルが日本初演
『パレード』
石丸幹二&堀内敬子

激しく濃密な二人芝居に挑む
『ダニーと紺碧の海』
松岡昌宏&藤田俊太郎

名作が新生
『レ・ミゼラブル』
生田絵梨花&唯月ふうか/相葉裕樹&内藤大希/橋本じゅん&鈴木ほのか

吉田大八監督、2度目の舞台演出!
『クヒオ大佐の妻』
吉田大八

【海外】
『ハリー・ポッター』最新作が歴史的快挙!
「オリヴィエ賞総括」

……などなど、「シアターガイド」6月号は、5月2日(火)発売です!

記事の紹介はこちら!
»「シアターガイド」6月号のご案内

152p、「Musical supplements」連載内、屋良朝幸様のお名前に誤りがございました。

誤)尾良朝幸

正)屋良朝幸

誤った情報により、関係者の皆さま及び読者の方々に多大なご迷惑をお掛けいたしました。ここに訂正し、心よりお詫び申し上げます。