サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

本誌のご案内

最新号のご紹介

2009

巨編三部作を凝縮した蜷川演出版がついに開幕!『ヘンリー六世』

「百年戦争」と「薔薇戦争」という二つの戦争を軸に、“戦わぬ王”の周辺で起こる権力争いを描く『ヘンリー六世』。今回の蜷川幸雄演出版では、シェイクスピアの処女戯曲にして三部にわたるこの巨編を再構成し、前後編に凝縮して上演する。シェイクスピア初挑戦でヘンリー六世を演じる上川隆也、ジャンヌ・ダルクとマーガレットの二役を演じる大竹しのぶをはじめ、高岡蒼甫・池内博之・長谷川博己ら話題のキャスト陣、初演出作にエンジン全開の蜷川、松岡和子と河合祥一郎の翻訳と構成のタッグ――この強力な布陣が生み出す新しい『ヘンリー六世』とは!?

巨編三部作を凝縮した蜷川演出版がついに開幕! 『ヘンリー六世』

30歳になっても、なったからこそ……劇団☆新感線30周年興行『薔薇とサムライ』

80年に旗揚げし、今年創立30周年を迎える劇団☆新感線。その記念興行第一弾は、天海祐希・古田新太がW主演を務め、豪華ゲストを交えて送る、王道の痛快活劇『薔薇とサムライ』だ! ベテランになっても、冒険心は忘れない!? 劇団☆新感線30歳の心意気を、演出家・いのうえひでのりと劇作家・中島かずきの二人に聞く。初期の人気作から最近の話題作まで厳選した過去の舞台写真や、意外な!?新感線トリビアもチェック!

30歳になっても、なったからこそ…… 劇団☆新感線30周年興行『薔薇とサムライ』”

野田秀樹×松尾スズキ、10年ぶりの大事件!『農業少女』

2000年にNODA・MAP番外公演として上演された『農業少女』。「農業」を捨て、都会に飛び出した少女・百子は、原宿をふらつき、ボランティアに目覚め、やがて都会で米をつくることになるのだが……。初演時は出演者に名を連ねていた松尾スズキが、今回は演出家として同作に挑むほか、松尾とは旧知の仲である吹越満、初主演を務める旬の若手女優・多部未華子ら、一筋縄ではいきそうにない“濃い”出演者たちが集まった。

野田秀樹×松尾スズキ、10年ぶりの大事件!『農業少女』

明治座で最年少男座長!早乙女太一 インタビュー

劇団☆新感線への出演も記憶に新しい早乙女太一。そんな彼が弱冠18歳にして明治座での座長興行に挑む! 第1部『嗚呼、田原坂』では鋭い太刀筋をもつ美青年剣士役に扮し、第2部では十八番とも言える妖艶な女形を披露。4歳から舞台に立ち、大衆演劇界のスターとして一見順調に見える彼の役者人生だが、演じることへの苦悩や葛藤、座長として舞台に立つことへの重圧もまた抱えていた。彼の今の心境に迫るインタビューです。

明治座で最年少男座長! 早乙女太一 インタビュー

倉本聰と富良野塾の26年富良野GROUP『谷は眠っていた』倉本聰 インタビュー

脚本家の倉本聰が富良野塾を開いてから四半世紀。この春、その歴史にピリオドを打ち、最後の卒業生を送り出す。置き土産として上演されるのが、塾の代表作『谷は眠っていた』だ。閉塾はするが今後も塾のOBを中心とする創作集団・富良野GROUPとして演劇活動を続けていくという倉本に、富良野塾とともに歩んだ道のりを振り返ってもらった。

人気作家4人×鈴木裕美、贅沢企画を堪能あれ 『富士見町アパートメント』鈴木裕美インタビュー

アナタはいつ行く? 何を観る???ブロードウェイ 春の新作ガイド

春の訪れとともにブロードウェイでは、2009-10年シーズンの後半戦が本格化。新作が続々お目見えしている。ミュージカルでは、人気コミックを舞台化した『アダムス・ファミリー』(写真)や、パンクロック・バンド、グリーン・デイのコンセプト・アルバム「アメリカン・イディオット」の舞台版などが開幕目前。プレイでは、スカーレット・ヨハンソン主演の『橋からの眺め』が好評上演中のほか、デンゼル・ワシントン主演作品の開幕も控えている。このほか、この春観られる注目作品を一挙ご紹介します!

アナタはいつ行く? 何を観る??? ブロードウェイ 春の新作ガイド

「シアターガイド4月号」そのほかのご案内

【国内特集】
『ULTRA PURE!』三宅健&福島三郎/『マクベス』 野村萬斎、稽古場レポート/『Frank & Friends / MITSUKO』安蘭けい&井上芳雄、小池修一郎、マテ・カマラス/『サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜』駒田一&中島淳彦、キム・ソンミ/『ガーネット オペラ』 中村誠治郎&宮野真守&入野自由/演劇集団キャラメルボックス「クロノス・ジョウンターの伝説」『ミス・ダンデライオン』『南十字星駅で』梶尾真治&成井豊/ペンギンプルペイルパイルズ『謝罪の罪』倉持裕&小林高鹿&ぼくもとさきこ&玉置孝匡&近藤フク&吉川純広
【インタビュー】
市川染五郎『染模様恩愛御書 細川の血達磨』/森山未來『カフカの「変身」』
【STAGE PEOPLE】
荘田由紀 文学座『女の一生』/平岡祐太『相対的浮世絵』/HIDEBOH ミュージカル『タップ・ジゴロ』
【マンスリー・ピックアップ】
「気になるあの人」中村哲人(弾丸MAMAER)/「File-P」「HARAJUKU PERFORMANCE PLUS 2009」小沢康夫/「わたしの本棚」朝比奈尚行(時々自動)/「十文字美信の劇顔 GEKI-GAN」小島聖
【連載】
乗越たかお「アレ的なナニか」/木村万里「芸人モノガタリ」/ヨーロッパ企画「1000円チメンタルジャーニー」/柴幸男「まちびときたる」/岩井秀人「おむすめ日記」/篠田千明「Spice for LIFE!!!!」
【海外特集】
スペシャル・コラム「祝、ソンドハイム80歳」/2010年オリヴィエ賞候補発表!/『ラブ・ネバー・ダイ』