サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

本誌のご案内

最新号のご紹介

2009

当たり役を愛し、愛され――三大俳優が語る「演じ続ける俳優たち」

「もう一度、観たい!」と思わせてくれるほどの作品、そして役者と出会えた時の幸せといったらない。舞台ははかないものと分かっていても、再会したい。そんな想いをかなえてくれるのが“再演”だ。今月は、『アマデウス』の松本幸四郎、『炎の人』の市村正親、『ダンス オブ ヴァンパイア』の山口祐一郎という、日本の演劇界を代表する三人の俳優の当たり役が拝める、絶好のタイミング。彼らにとって“演じ続ける”とはどういうことなのかじっくりと聞いた。

当たり役を愛し、愛され――三大俳優が語る
「演じ続ける俳優たち」

ついに復活! そして解散!第三舞台 封印解除&解散公演『深呼吸する惑星』

演劇界に一つの時代をつくり、時代を駆け抜けて行った第三舞台が、復活と同時に解散! 鴻上尚史、筧利夫、長野里美、小須田康人、山下裕子、筒井真理子、そして大高洋夫の、7人のメンバーに集結していただき、今の正直な心中を語ってもらった。その熱い想いは、一つの舞台へと結晶しそうだ。

ついに復活! そして解散!
第三舞台 封印解除&解散公演『深呼吸する惑星』

片岡仁左衛門を平成中村座で観る!平成中村座『十一月大歌舞伎』

国内外で喝采を浴びてきた中村座が、旗揚げの地、浅草・隅田河畔へ帰ってくる。しかも、5月までのロングラン公演! その幕開けを飾る公演には、3年ぶりの参加となる片岡仁左衛門が登場。舞台と客席が近い中村座だけに、至近距離で、仁左衛門の情とコクのある演技、美しい舞台姿が観られるぜいたくさったら。久々の参加となる仁左衛門丈に、その見どころを伺いました!

片岡仁左衛門を平成中村座で観る! 平成中村座『十一月大歌舞伎』

10年ぶりに復活! ナイロンの異色作ナイロン100℃『ノーアート・ノーライフ』

2001年に上演されたナイロン100℃の『ノーアート・ノーライフ』が、初演とほぼ同じキャストで再演される! 70年代半ばのパリにあるカフェを舞台に、そこに集う作家や画家など、自称アーティストたちのどうしようもない日々を描いた本作。ナイロンにとっては珍しい“再演”に戸惑いつつも、役者たちは10年ぶりに手にした台本に、懐かしさとともに新たな発見もあるようで……。そんな稽古場の様子を写真でレポートしつつ、キャストを代表して劇団員のみのすけ、三宅弘城、大倉孝二の三人に話を聞いた。

10年ぶりに復活! ナイロンの異色作 ナイロン100℃『ノーアート・ノーライフ』

生の肯定を謳う贅沢な時間を日韓共同制作『砂の駅』

2007年に亡くなった太田省吾の代表作「駅シリーズ」が、韓国を代表する女性演出家キム・アラによって上演される。韓国の俳優とともにその世界を構築するのは、品川徹と大杉漣ら、太田が主宰した転形劇場出身の役者たち。“沈黙劇”が身体に染み付いた彼らが、どう新たなクリエイションに挑むのか。貴重な太田との思い出とともに話を聞いた。

生の肯定を謳う贅沢な時間を 日韓共同制作『砂の駅』

海外演劇フェス・レポート2本立て1)欧州から北米へ 四演劇祭に響く「警告」
2)クンステン・フェスティバル・デザールを訪ねて

今年5〜6月、演劇祭で盛り上がった海外の都市からのレポートを2本立てで送る。まずは、ベルリン(ドイツ)、ウィーン(オーストリア)、シビウ(ルーマニア)、ケベック(カナダ)の四都市を巡った桂真菜さんのレポを。それぞれのフェスの傾向、話題を呼んだ公演などについて語ってもらった。続く、エグリントンみかさんのレポでは、先鋭的なプログラムで知られるブリュッセル(ベルギー)の演劇フェスを紹介。その魅力とは?

海外演劇フェス・レポート2本立て 1)欧州から北米へ 四演劇祭に響く「警告」/2)クンステン・フェスティバル・デザールを訪ねて

english

「シアターガイド12月号」そのほかのご案内

【国内特集】
ミュージカル『ニューヨークに行きたい!!』瀬奈じゅん&橋本さとし/『天守物語』白井晃&篠井英介/『エオンナガタ』/『ヴィラ・グランデ 青山〜返り討ちの日曜日〜』竹中直人&生瀬勝久/ラッパ屋『ハズバンズ&ワイブズ』鈴木聡/ザ・スズナリ開場30周年記念公演『うお傳説 立教大助教授教え子殺人事件』関美能留&ノゾエ征爾
【STAGE PEOPLE】
『おやすみ、かあさん』白石加代子&中嶋朋子/宝塚歌劇月組『アリスの恋人―Alice in Underground Wonderland―』明日海りお
【連載】
気になるあの人 小野ゆたか/「憧れの帝劇」/「木村光一に聞きに行く。」/「C to C」振付家・原田薫/「ホンヤク・ミュージカルのメカニズム」常田景子/白神ももこ「憧れなんて、無責任なものだわよ。」/岩井秀人「おむすめ日記」/今拓哉「演食同源」/三浦康嗣「ラップってなあに?」/上野紀子「カボジャ!ソウル」/「十文字美信の劇顔 GEKI-GAN」橋爪功
【海外特集】
Let's talk about 韓国演劇 〜その魅力に迫る:入門編〜