サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

本誌のご案内

最新号のご紹介

2009

三谷幸喜大感謝祭の大トリ、いよいよ!『90ミニッツ』

執筆、稽古、リハーサル、撮影、プロモーション……etc.メディアを越境し、創作のあらゆる工程で隙間なく埋められた三谷幸喜の2011年が最終コーナーに差し掛かっている。軌道修正はあったものの、舞台のラストは予定通り、劇団時代からの盟友である西村雅彦&近藤芳正と挑む、新作二人芝居だ。その秘められた概要と、一年を振り返る三谷自身の談話、そして西村&近藤の対談をたっぷりとお届けする。

三谷幸喜大感謝祭の大トリ、いよいよ! 『90ミニッツ』

いのうえひでのり演出×古田新太主演でよみがえる、カルト・ミュージカル『ロッキー・ホラー・ショー』

映画版でも有名なイギリス生まれのミュージカル『ロッキー・ホラー・ショー』。「昔からずっとやりたかった」と言う劇団☆新感線のいのうえひでのりと古田新太が、この冬、日本では11年ぶりとなる上演を実現させた。ひょんなことから人里離れた古城にたどり着いたカップルが、天才科学者のとある実験完成披露パーティーに巻き込まれ……。本作でいのうえ&古田と初タッグを組む岡本健一に、過去には主演を務め、今回は訳詞も手掛けるROLLYと、多彩なメンバーがそろったいのうえ版“ロッキー”を徹底解剖する!

いのうえひでのり演出×古田新太主演でよみがえる、カルト・ミュージカル 『ロッキー・ホラー・ショー』

岩松了の新作は、大人のラブストーリー『アイドル、かくの如し』

岩松了が、宮藤官九郎作・演出のウーマンリブに出演したのが、今年の6・7月。今度は岩松が作・演出する作品に宮藤官九郎が出演! 宮藤と夏川結衣が演じる、芸能プロダクション経営者夫妻を中心に描いた、“若くない男と女のラブストーリー”だ。宮藤と、今作が初舞台となる夏川、そして岩松に稽古が始まったばかりの現在の心境を聞いた。

岩松了の新作は、大人のラブストーリー
『アイドル、かくの如し』

芸術家同士の愛憎を激しく、切なく描くミュージカル『GOLD〜カミーユとロダン〜』

芸術家同士の愛には苦難がつきまとう、とよく言われるが、オーギュスト・ロダンとカミーユ・クローデルの関係は、まさにそれを痛感させる。現代彫刻の巨匠と、彼の弟子で愛人の波乱に満ちた人生を、フランク・ワイルドホーンの音楽によりミュージカル化。その日本初演に、これが初顔合わせとなる新妻聖子と石丸幹二が挑む。才能と愛憎が激しくぶつかり合う中で、二人の天才・カミーユとロダンがつかんだ“GOLD”とは一体なんなのか。二人に話を聞いた。

芸術家同士の愛憎を激しく、切なく描く
ミュージカル『GOLD〜カミーユとロダン〜』

蜷川幸雄率いるさいたまゴールド・シアター、岩松了に挑む!さいたまゴールド・シアター『ルート99』

平均年齢72歳の俳優集団、さいたまゴールド・シアターによる、岩松了&蜷川幸雄の最新作! 記念すべきゴールドの第一回公演『船上のピクニック』以来の、岩松作品への挑戦だ。「異国の軍事基地がある、わが国の島」を舞台にしたスリリングな新作の、稽古場潜入レポートを送る。

蜷川幸雄率いるさいたまゴールド・シアター、岩松了に挑む! さいたまゴールドシアター『ルート99』

その女優としてのセオリーとは?ジュディ・デンチ インタビュー

毎年、世界的に顕著な業績をあげた芸術家に授与される「高松宮殿下記念世界文化賞」。その「演劇・映像」部門の受賞者リストに名を連ねるのは、昨年のソフィア・ローレンからさかのぼり、トム・ストッパードや故アーサー・ミラー、スティーヴン・ソンドハイム……と、そうそうたる顔ぶれだ。そこに今年、新たに加わったのがイギリスの大女優ジュディ・デンチ。去る10月、授賞式に出席するため来日した彼女に話を聞いた。

その女優としてのセオリーとは? ジュディ・デンチ インタビュー

english

「シアターガイド1月号」そのほかのご案内

【国内特集】
『新春 滝沢革命』滝沢秀明/『その妹』市川亀治郎&蒼井優/青年座交流プロジェクト『欲望という名の電車』高畑淳子&鵜山仁/アトリエ・ダンカンプロデュース ミュージカル『ア・ソング・フォー・ユー』川平慈英&春野寿美礼/『8人の女たち』浅野温子&荻野目慶子&加賀まりこ&大地真央 &戸田恵子&マイコ&牧瀬里穂&南沢奈央/『みんな我が子』長塚京三&麻実れい/tpt『プライド』小川絵梨子/ままごと『あゆみ』柴幸男/映画「ミツコ感覚」山内ケンジ
【STAGE PEOPLE】
『X’mas Dream of TAP』熊谷和徳/『ミュージカル 宮』ソンモ
【連載】
気になるあの人 佐藤みゆき/「憧れの帝劇」《最終回》/「木村光一に聞きに行く。」/「C to C」衣裳・十川ヒロコ/「ホンヤク・ミュージカルのメカニズム」森雪之丞/白神ももこ「憧れなんて、無責任なものだわよ。」/岩井秀人「おむすめ日記」/今拓哉「演食同源」《最終回》/三浦康嗣「ラップってなあに?」/上野紀子「カボジャ!ソウル」/「十文字美信の劇顔 GEKI-GAN」ベンガル
【海外特集】
リー・ミード インタビュー/中国演劇の現在(いま)