サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

本誌のご案内

最新号のご紹介

2009

本誌内でピックアップされた書籍やDVD・CDなどのアイテムをリストアップ。
本誌の記事を読みながらぜひチェックしてみてください! »「シアターガイド 今月のアイテム」

シェイクスピアの傑作悲劇をロックのビートで描く『ハムレット』

シェイクスピア四大悲劇の一つ、『ハムレット』。チェコの国民的音楽家ヤネック・レデツキーがロックのビートで彩った斬新なミュージカル版が、このたび日本に初上陸する。タイトルロールの悩める王子を演じるのは、ミュージカル界のプリンスという冠に留まらない活躍を見せる井上芳雄だ。彼はもちろん、オフィーリアに挑む新星・昆夏美、脚本・作曲・作詞のレデツキー、日本版の演出を手掛ける栗山民也に話を聞いた。さらに、濃い顔ぶれの出演者がそろった稽古場の様子もレポートする。

シェイクスピアの傑作悲劇をロックのビートで描く 『ハムレット』

進化するテ ヅカを攻略せよ!『テ ヅカ TeZukA』

近年ますます活躍する森山未來と、シャープな動きから深淵なテーマを浮かび上がらせる振付家・ダンサー、シディ・ラルビ・シェルカウイ。この魅力的な顔合わせが実現するのが『テ ヅカ TeZukA』だ。手塚治虫とマンガ、そして日本について描き、昨年9月にロンドンで初演されたこの話題作に、今年のツアーから森山未來が参加。立ち上げ初期からワークショップに参加して来たという森山が、この作品にどう刺激を与えるのか、注目だ。二人の対談を送る。

進化するテ ヅカを攻略せよ! 『テ ヅカ TeZukA』

世界ツアーを経て東京に凱旋!『THE BEE』ENGLISH Version

NY・ロンドン・香港ーー。2006年ロンドンで初演された衝撃作をひっさげ、野田秀樹が演劇人生初のワールドツアーを敢行中。日本初演(07年)でも、観た者の心に塊を残すようなパンチのきいた演出が話題となった衝撃作は、ツアー最初の地NYでも大いに話題を呼び、NYタイムズでも高い評価を得た。そのNYで野田秀樹と主演のキャサリン・ハンターをキャッチ。興奮冷めやらぬNY公演の模様をお届けする。

世界ツアーを経て東京に凱旋! 『THE BEE』ENGLISH Version

熊川哲也オーチャードホール芸術監督就任!Kバレエカンパニー『シンデレラ』

空を切るダイナミックな踊りで、世界の名だたる劇場の観客を魅了してきた熊川哲也。1999年からはKバレエカンパニーの主宰として日本バレエ界を牽引し続けている彼が、渋谷・オーチャードホールの芸術監督に就任し、さらなる進化を目指す。劇場リニューアルオープンの第一作として用意したのは、トップダンサー総出演で送る、夢いっぱいの新作『シンデレラ』。本誌では熊川のインタビューのほか、『シンデレラ』主演ダンサー陣の紹介を送る。

熊川哲也オーチャードホール芸術監督就任! Kバレエカンパニー『シンデレラ』

至極の演劇体験をあなたに!シアターガイド presents あなただけに贈るプレミアムシート

おかげさまで、創刊20周年を迎えた「シアターガイド」。そこで、ご愛読いただいている皆さまに感謝の気持ちを込めて、ビッグプレゼントをご用意しました。今後上演される作品の中から、よりすぐりの7作のプレミアムシートに、各1名様をご招待します。しかも今回は驚きの特典付き! どんな作品がラインアップされているか……。ぜひ誌面でお確かめください。

至極の演劇体験をあなたに! シアターガイド presents あなただけに贈るプレミアムシート

井上ひさし作品をめぐるそれぞれの思い鵜山仁×栗山民也・同級生対談

70作近い戯曲を遺し、おととし逝った劇作家・井上ひさし。同い年だという二人の演出家、鵜山仁と栗山民也は、それぞれ今年『雪やこんこん』(鵜山)と『闇に咲く花』(栗山)など、複数の井上戯曲に向き合うことになっている。新作に挑む緊張と興奮、再演を重ねる怖さと充実。互いをよく知り、一人の偉大な作家に対峙する喜びを分かち合う二人に、今の思いを聞いた。

井上ひさし作品をめぐるそれぞれの思い 鵜山仁×栗山民也・同級生対談

日本人キャストで生まれ変わる、韓国オリジナルミュージカル『パルレ―洗濯―』

韓国の演劇街・大学路(テハンノ)でロングランを続けるミュージカル『パルレ―洗濯―』を、日本人キャストで上演。都会に暮らす地方出身のOLナヨンと、外国人労働者ソロンゴの交流を軸に、厳しい社会に立ち向かう人びとの、笑いあり涙ありの群像劇が描かれる。同作がテハンノを飛び出して、海外で上演されるのは、今回が初めて。オリジナルの演出家で、日本版も手掛ける演出家チュ・ミンジュのインタビューと、稽古場レポートを送る。

日本人キャストで生まれ変わる、韓国オリジナルミュージカル 『パルレ―洗濯―』

english

「月刊 シアターガイド 3月号」そのほかのご案内

【国内特集】
中村勘太郎改め六代目中村勘九郎襲名披露『二月大歌舞伎』/『ABC座 星(スター)劇場』A.B.C-Z(橋本良亮&河合郁人&戸塚祥太&塚田僚一&五関晃一)/ペンギンプルペイルパイルズ『ベルが鳴る前に』倉持裕&奥菜恵/『PRESS〜プレス〜』明石家さんま/さいたまネクスト・シアター『2012年・蒼白の少年少女たちによる「ハムレット」』/地点『トカトントンと』三浦基/「躍動する九州演劇の“今”」永山智行
【STAGE PEOPLE】
畑中智行&金子貴俊 キャラメルボックス『トリツカレ男』/大倉孝二 ナイロン100℃ side SESSION『持ち主、登場』
【連載】
気になるあの人 桐山照史/「C to C」演出助手・豊田めぐみ/「木村光一に聞きに行く。」/「ホンヤク・ミュージカルのメカニズム」塩田明弘/白神ももこ「憧れなんて、無責任なものだわよ。」/岩井秀人「おむすめ日記」/なんでこんなにフィギュア好き/池浦さだ夢「団長の粉モンってドープやもん!」/三浦康嗣「ラップってなあに?」/上野紀子「カボジャ!ソウル」/「十文字美信の劇顔 GEKI-GAN」高畑淳子
【海外特集】
ピナ・バウシュ 映画特集「Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」「ピナ・バウシュ 夢の教室」

本誌内でピックアップされた書籍やDVD・CDなどのアイテムをリストアップ。
本誌の記事を読みながらぜひチェックしてみてください!
シアターガイド 今月のアイテム