サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

本誌のご案内

最新号のご紹介

2009

6月号 劇団☆新感線「シレンとラギ」

Vol.244(12年5月2日発売)
定価(税込)432円

特集の内容を編集部よりご紹介!
この顔ぶれが、新風を巻き起こす 劇団☆新感線『シレンとラギ』
幻想の世界が、今、立ち上がる 『海辺のカフカ』
今や全国区の人気を誇る5人が登場!  TEAM NACS『WARRIOR〜唄い続ける侍ロマン』
熱き男たちの物語が再び! 『シダの群れ 純情巡礼編』
市川染五郎が三島ワールドに挑む 『五月花形歌舞伎』
OH, WHAT A SEASON!「ブロードウェイ 2012年春のラインアップ」
=>[English]

»「シアターガイド 6月号」そのほかのご案内

今月号のプレゼント
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『シレンとラギ』ご招待
6月20日(水)12:30開演・青山劇場【1名様】

締切=5月31日(木)必着
「木の実ナナ 50周年記念コンサート SHOW GIRLの時間旅行」ご招待
5月30日(水)14:00開演・ル テアトル銀座【2名様】

締切=5月16日(水)必着
※応募方法や詳しい内容は本誌165pをご覧ください。

シアターガイド

ご購入について

本誌内でピックアップされた書籍やDVD・CDなどのアイテムをリストアップ。本誌の記事を読みながらぜひチェックしてみてください!

シアターガイド 今月のアイテム

この顔ぶれが、新風を巻き起こす劇団☆新感線『シレンとラギ』

中島かずきが満を持して書き下ろした、いのうえ歌舞伎の新作『シレンとラギ』。舞台は、敵対する南と北の王朝。北の王朝の守護頭ラギと伝説の刺客シレンを軸に繰り広げられる、欲、謀略、恋の物語で、初参加の藤原竜也と、19年ぶりの新感線となる永作博美がダブル主演を果たす。藤原×永作の対談のほか、高橋克実×三宅弘城×高田聖子の鼎談、作者・中島のインタビューを送る。

この顔ぶれが、劇団☆新感線に新風を巻き起こす 劇団☆新感線『シレンとラギ』

幻想の世界が、今、立ち上がる『海辺のカフカ』

世界幻想文学大賞に輝いた村上春樹の長編ベストセラー小説が、蜷川幸雄の演出によってついに舞台化! 「世界でいちばんタフな15歳の少年になる」ために家を出たカフカ少年の旅の行く末は……? 本誌ではカフカ少年役の柳楽優弥と、彼に分身のように寄り添う謎の存在、カラスを演じる柿澤勇人の対談をお届け。さらには、熱気あふれる稽古場レポート、蜷川のインタビューと、盛りだくさんに送る。

幻想の世界が、今、立ち上がる 『海辺のカフカ』

今や全国区の人気を誇る5人が登場!TEAM NACS『WARRIOR〜唄い続ける侍ロマン』

昨年15周年を迎えたTEAM NACSの、3年ぶりとなる本公演がいよいよ開幕した。“ニッポン公演”と銘打たれた今回。全58回という全国ツアーの出発地であり、本拠地でもある北海道は札幌で、公演をスタートさせたばかりの彼らを直撃! 本番が始まってからの今作にかんするメンバー全員の座談会は本誌が初とのこと。観客への思い、役の作り方、本番の裏話など、たっぷりと語ってもらった。さらには熱狂の渦に包まれた札幌公演のレポートもお届け!

いまや全国区の人気を誇る5人が登場! TEAM NACS『WARRIOR〜唄い続ける侍ロマン』

熱き男たちの物語が再び!『シダの群れ 純情巡礼編』

2010年に第1弾が上演され、好評を博した岩松了の任侠シリーズ『シダの群れ』。待望の第2弾では、矢嶋組の若頭・坂本(堤真一)と志波崎組の元幹部・水野(風間杜夫)を軸に、さまざまな男たちが想いをめぐらせる! 本特集では、主演を務める堤、さらに脚本・演出の岩松了、岩松作品に多数出演している荒川良々に意気込みを聞いた。

熱き男たちの物語が再び! 『シダの群れ 純情巡礼編』

市川染五郎が三島ワールドに挑む『五月花形歌舞伎』

三島由紀夫が作・演出を手掛けた通し狂言『椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)』に、市川染五郎が主演。1969年の初演時には、染五郎の祖父・先代松本幸四郎(白鸚)が主演し、その後、父の当代幸四郎が演じたほか、市川猿之助の演出・主演でも上演されている本作。スケールの大きさと細部にこだわった三島ワールドを染五郎がどう演じて見せてくれるのか? 彼に意気込みを聞いた。

市川染五郎が三島ワールドに挑む 『五月花形歌舞伎』

OH, WHAT A SEASON!ブロードウェイ 2012年春のラインアップ

新緑のまぶしい、最も過ごしやすい時期を迎えたNY。ブロードウェイは、2011-12シーズンの佳境へ向け大きな盛り上がりを見せている。本特集では、人気歌手リッキー・マーティンが出演するミュージカル『エビータ』や、フィリップ・シーモア・ホフマンら実力派キャストの演技対決が堪能できる芝居『セールスマンの死』など、上演中の作品の見どころを紹介する。

OH, WHAT A SEASON! ブロードウェイ 2012年春のラインアップ

english

「月刊 シアターガイド 6月号」そのほかのご案内

【国内特集】
ミュージカル『エリザベート』春野寿美礼&瀬奈じゅん/『木の実ナナ 50周年記念コンサート SHOW GIRLの時間旅行』木の実ナナ/東京 ELECTROCK STAIRS『最後にあう、ブルー』KENTARO!!/『2ピアノ4ハンズ』テッド・ダイクストラ&リチャード・グリンブラット/『サロメ』宮本亜門&平野啓一郎/イキウメ『ミッション』前川知大&小川絵梨子/地人会新社『シズウェは死んだ!?』嵐芳三郎、鵜山仁/「静岡から世界へ演劇を届ける 宮城聰 インタビュー」
【STAGE PEOPLE】
仲村トオル&柄本佑『ハンドダウンキッチン』/笠原章 劇団若獅子『白野弁十郎』
【連載】
気になるあの人 池松壮亮/「C to C」舞台監督・大垣敏朗/《新連載》「ひまつぶ考」福原充則/《新連載》「嗚呼、素晴らしきコントの世界」/なんでこんなにフィギュア好き/《新連載》「片想い文楽! 〜女たちへの恋文〜」木ノ下裕一/岩井秀人「おむすめ日記」/池浦さだ夢「団長の粉モンってドープやもん!」/三浦康嗣「ラップってなあに?」/上野紀子「カボジャ!ソウル」/「十文字美信の劇顔 GEKI-GAN」中村たつ
【海外特集】
STAR QUALITY: The World of Noël Coward「ノエル・カワード展 レポート」/「コスミン・マノレスク インタビュー」

本誌内でピックアップされた書籍やDVD・CDなどのアイテムをリストアップ。
本誌の記事を読みながらぜひチェックしてみてください!
シアターガイド 今月のアイテム