サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

本誌のご案内

最新号のご紹介

2013

今月号のプレゼント

ミュージカル『二都物語』
8月22日(木)13:00開演・帝国劇場・1名様
締切=7月31日(水)必着
『熱海殺人事件』
7月12日(金)18:30開演・サンシャイン劇場・1名様
締切=7月5日(金)必着

*詳しくは本誌169ページをご覧ください

ミュージカル界のスター軍団による名作が誕生
ミュージカル『二都物語』

チャールズ・ディケンズの名作を、新鋭ジル・サントリエロが舞台化した話題作。物語の主軸を担い、役としても役者としても“鏡”のように呼応し合うという井上芳雄と浦井健治の対談、二人が愛する注目のヒロイン役・すみれ、スター軍団を束ねる演出家・鵜山仁のインタビュー、さらに、作品の背景に精通した岡幸二郎によるディープな解説と、盛りだくさんに送る。

断色〜danjiki〜
画像をクリックすると拡大

伝説的アングラ作品がよみがえる!
『盲導犬』

唐十郎(作)×蜷川幸雄(演出)、伝説的な作品『盲導犬』が、豪華キャストでよみがえる! “不服従の犬”ファキイルを探す盲人・影破里夫を演じる古田新太、危険な匂い漂うヒロイン・奥尻銀杏を演じる宮沢りえ。アングラの世界をどう体現するのか!? 二人のアツい対談を送る。

『盲導犬』写真
画像をクリックすると拡大

豪華キャストを迎えた、三谷幸喜演出作品
『ドレッサー』

これまでも多くの名優たちが演じてきた傑作『ドレッサー』。シェイクスピア劇団の老座長と、彼に仕えるドレッサー(付き人)を軸にした物語だ。今回は座長=橋爪功、ドレッサー=大泉洋という魅力的な配役が実現。二人の対談と、長年演出を望んでいたという三谷幸喜のインタビューをお届けする。

『ドレッサー』 写真
画像をクリックすると拡大

つかこうへいの傑作を異色の演出&キャストで
『ストリッパー物語』

過去の名戯曲を若い演出家に委ねる、東京芸術劇場の新企画「Roots」。第1弾では、つかこうへいの1975年初演作『ストリッパー物語』を、ポツドールの三浦大輔が構成・演出する。三浦演出版を担うリリー・フランキーとでんでん、そして三浦の3人に、稽古での手応えやそれぞれの想いを聞いた。

『ストリッパー物語』写真
画像をクリックすると拡大

ゴールド、ついにパリに上陸!
「さいたまゴールド・シアター パリ公演レポ」

平均年齢74歳、彩の国さいたま芸術劇場の劇団、さいたまゴールド・シアター。活動8年目を迎えた今年、パリ日本文化会館からの招聘を受け、結成後初となる海外公演を行った。彼らの活動をずっと見てきた演劇ジャーナリストの徳永京子に、その様子をレポートしてもらった。

「さいたまゴールド・シアター パリ公演レポ」写真
画像をクリックすると拡大

PART OF COMPOSER'S WORLD
「ミュージカル作曲家特集」

海外ページでは、『リトルマーメイド』などディズニー作品でおなじみの大ベテラン、アラン・メンケン(写真左)と、『ネクスト・トゥ・ノーマル』でピュリツァー賞&トニー賞に輝く気鋭トム・キット(同右)という、ミュージカル界で人気の作曲家二人にインタビュー! 創作の裏側について、じっくりと聞いた。加えて、今ブロードウェイで注目の作曲家3人についても紹介する。

「ミュージカル作曲家特集」写真
画像をクリックすると拡大

english

国内特集

  • 『マシュー・ボーンの「ドリアン・グレイ」』リチャード・ウィンザー&大貫勇輔/マシュー・ボーン
  • 『小野寺の弟・小野寺の姉』片桐はいり&向井理/西田征史
  • 『非常の人 何ぞ非常に〜奇譚 平賀源内と杉田玄白〜』佐々木蔵之介
  • 英国ロイヤル・バレエ団『不思議の国のアリス』
  • 椿組『かなかぬち〜ちちのみの父はいまさず〜』外波山文明
  • 山の羊舎『場所と思い出』三谷昇
  • 平塚直隆「名古屋発、不条理劇の新鋭」

STAGE PEOPLE

  • 戸塚祥太 『熱海殺人事件』
  • 尾上松緑 『七月花形歌舞伎』
  • 金田明夫 演劇集団 円『ワーニャ伯父さん』

海外特集

  • イギリスの旬のアーティストが集結! 『コンゴの季節』の見どころに迫る
  • 「速報:第67回トニー賞受賞結果」

連載

  • 気になるあの人 橋本淳
  • 「1テーマ2ジェネレーション」近藤良平&北尾亘
  • 「あの日、あの舞台」栗山民也
  • 「嗚呼、素晴らしきコントの世界」
  • 「新・歌舞伎座へ、ご案内〜!」
  • タニノクロウ「アトリエ解体」
  • 「わたしのペット自慢」桂憲一
  • 岩井秀人「おむすめ日記」
  • 小田島恒志「翻訳上演を待ちながら」
  • 青木豪「豪外あっちへ行っても変わらない」
  • 「韓国ペンの小部屋」
  • 上野紀子「カボジャ!ソウル」
  • 乗越たかお「アーティスト・サバイブ〜世界のどこかで生き残れ!〜」
  • FOOD:「松原剛志と一杯ぶんのハナシ」
    MUSIC:藤田貴大「世界の、もしくは、まいにちの。車窓から。」
  • 「十文字美信の劇顔 GEKI-GAN」小林勝也
  • 「だから明日も夢の国」美弥るりか