サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

本誌のご案内

最新号のご紹介

2015

今月号のプレゼント

ウーマンリブ『七年ぶりの恋人』

2015年11月18日(水)・19:00開演・本多劇場・1名様
締切=11月11日(水)必着

『死刑執行中脱獄進行中』

2015年11月26日(木)・19:30開演・天王洲 銀河劇場・1名様
締切=11月19日(木)必着

●詳細は本誌167ページを参照ください。

帰還兵と家族の移ろう心の行方は?
『青い瞳』

“戦争”がにわかに身近に感じられる昨今。岩松了が、人が戦うことの本質に切り込んだ舞台の幕が開く。内に複雑な感情を秘めた帰還兵役に挑む中村獅童をはじめ、彼を取り巻く人びとに扮する上田竜也、前田敦子、伊藤蘭が語る『青い瞳』とは? さらに、すべてを把握する岩松のインタビューや稽古場レポを通して、作品の核心に迫る!

『青い瞳』写真
画像をクリックすると拡大

人気コントシリーズ第3弾!
ウーマンリブ『七年ぶりの恋人』

宮藤官九郎が、その時々で最もやりたいことをやる場所として不定期に活動してきたウーマンリブ。7年ぶりの公演は、1980年代の歌謡曲をモチーフにしたコントのオムニバスを準備中だ。大人計画のメンバーのみで送る今回。阿部サダヲ、荒川良々、少路勇介の3人が、新作についてざっくばらんに語ってくれた。

ウーマンリブ『七年ぶりの恋人』写真
画像をクリックすると拡大

荒木飛呂彦の短編をダンス作品に
『死刑執行中脱獄進行中』

「ジョジョの奇妙な冒険」で知られる漫画家・荒木飛呂彦の短編を、冨士山アネットの長谷川寧(構成・演出・振付)と森山未來(主演・共同振付)が舞台化する。これまでも交流はあったが、舞台では初仕事となる二人。荒木の独特な画を、どのように立体化しようと企んでいるのか。現時点での構想とは?

『死刑執行中脱獄進行中』写真
画像をクリックすると拡大

Studio Life
『PHANTOM〜THE UNTOLD STORY』

男優のみで独自の劇世界を立ち上げ、今年30周年を迎えた劇団Studio Lifeが、2011・12年初演の話題作『PHANTOM〜THE UNTOLD STORY』前後編を一挙上演する。“オペラ座の怪人”ことエリック役を初演から続投する笠原浩夫、山本芳樹と、初挑戦の松本慎也に、同作そして30周年への思いを聞いた。

『PHANTOM〜THE UNTOLD STORY』写真
画像をクリックすると拡大

37年間左手を探し続ける男の物語
『スポケーンの左手』

アイルランドの劇作家マーティン・マクドナーによるブラックユーモアあふれる話題作が、小川絵梨子の演出で日本初演を迎える。物語の中心となる男を演じるのは、過去に小川とさまざまな良作を生み出してきた中嶋しゅうだ。二人が、本作の魅力から、作者マクドナーの世界観までをたっぷりと語る。

『スポケーンの左手』写真
画像をクリックすると拡大

チャレンジし続ける演出家
「ジュリー・テイモア インタビュー」

大ヒット・ミュージカル『ライオンキング』の演出家として世界中にその名を轟かす鬼才ジュリー・テイモアが、8月末に来日。そこで本誌では、彼女の監督作「アクロス・ザ・ユニバース」公開以来となる、7年ぶりのインタビューを敢行! 今月舞台映像が劇場公開される近作『夏の夜の夢』のエピソードや、気になる今後のプロジェクトについて聞いた。

「ジュリー・テイモア インタビュー」写真
画像をクリックすると拡大

english

国内

  • 『オレアナ OLEANNA by David Mamet』田中哲司&志田未来
  • ミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』山口祐一郎
  • 『Battlefield「マハーバーラタ」より』
  • 『ブロッケンの妖怪』竹中直人&生瀬勝久
  • ミュージカル『HEADS UP!』稽古場レポ
  • 『スポケーンの左手』小川絵梨子&中嶋しゅう
  • 文学座『再びこの地を踏まず−異説・野口英世物語−』今井朋彦
  • 現代能楽集VIII『道玄坂綺譚』マキノノゾミ
  • ブス会*『お母さんが一緒』ペヤンヌマキ&内田慈&岩本えり&望月綾乃
  • 札幌の10劇場で行われる大イベント  「TGR札幌劇場祭2015」
  • アンドロイド演劇を映画化  「さようなら」深田晃司

STAGE PEOPLE

  • 小瀧望 『MORSE−モールス−』

海外

  • フランス演劇界を牽引する
    「エマニュエル・ドゥマルシー =モタ インタビュー」
  • タイに移住して3年、東京で新作を発表
    「篠田千明(を岩井秀人が)インタビュー」

連載

  • 気になるあの人 須賀健太
  • 大東駿介「暗転 舞台の裏から観る舞台」
  • かもめんたる・岩崎う大「読むの、コントを、小説で。」
  • 「1テーマ2ジェネレーション」門田美和&植松侑子
  • 「今ココの歴史−劇評で振り返るニッポンの客席」
  • 「わたしのペット自慢」川村毅
  • 「Broadway Star Files」ケリー・フェルトハウス
  • 「英国演劇男子への道」
  • ソン・ギウン「大学路の窓から」
  • 「舞台から見たアジアの風景」
  • FOOD:番外編「“祈りの山”大山」
  • MUSIC:石井一孝の音の特効薬
  • 「十文字美信の劇顔 GEKI-GAN」マメ山田
  • 「だから明日も夢の国」桜木みなと&和希そら