サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

本誌のご案内

最新号のご紹介

2015

今月号のプレゼント

『蜷の綿−Nina's Cotton−』

2016年2月12日(金)14:00開演 蜷川演出版/19:00開演 藤田演出版・彩の国さいたま芸術劇場 インサイドシアター/小ホール・合わせて1名様
締切=1月28日(木)必着

劇団鹿殺し活動15周年記念公演『キルミーアゲイン』

2016年1月13日(水)・19:00開演・本多劇場・1組2名様
締切=1月6日(水)必着

●詳細は本誌159ページを参照ください。

『元禄港歌−千年の恋の森−』『蜷の綿−Nina's Cotton−』を連続上演!
「今年も蜷川幸雄」

2016年も演劇界を牽引するのは、この人、蜷川幸雄。1月は36年前に誕生した『元禄港歌』、2月は自身が題材の『蜷の綿』を立て続けに手掛ける。同氏のインタビューに加え、『元禄〜』より瞽女の“母子”を演じる市川猿之助&宮沢りえの対談と稽古場の様子を。『蜷の綿』より“蜷川を書く”という大博打を打ち、自らも演出する藤田貴大の覚悟を届ける。

「今年も蜷川幸雄」写真
画像をクリックすると拡大

虫の世界を舞台に送る、命と愛の物語
地球ゴージャスプロデュース『The Love Bugs』

岸谷五朗と寺脇康文による演劇ユニット“地球ゴージャス”の最新作は、虫の世界から人間たちへ送る、命と愛の物語。本誌では、岸谷と主演の城田優の対談、蘭寿とむのインタビューを紹介する。岸谷が「より過激なエンターテインメント」と語る本作の中身やいかに……!?

地球ゴージャスプロデュース『The Love Bugs』写真
画像をクリックすると拡大

超人気少女漫画が舞台化
『花より男子 The Musical』

超セレブ男子&庶民女子高生の恋を描いた少女漫画「花より男子」が、青木豪(脚本)、鈴木裕美(演出)、本間昭光(音楽)の手でミュージカル化される。全校生徒のあこがれ、F4(花の4人組)役の松下優也(X4)、白洲迅、真剣佑、上山竜治と、ヒロイン役・加藤梨里香は、この一大プロジェクトにどう挑むのか? 5人の座談会と稽古場レポートをお届けする。

『花より男子 The Musical』写真
画像をクリックすると拡大

樋口一葉の半生に黒木華が挑む
二兎社『書く女』

24年の生涯の中で「たけくらべ」「にごりえ」などの名作を書き上げ、日本初の女性職業作家として名を成した樋口一葉。彼女がつづった日記をもとに、二兎社主宰・永井愛がその半生を描いた2006年初演作が、10年ぶりに新演出で上演される。一葉を演じる黒木華が、戯曲の印象や役への想い語る。

二兎社『書く女』写真
画像をクリックすると拡大

実父の死を出発点に描くドラマ
ハイバイ『夫婦』

代表作『て』に登場する、家族にドメスティック・バイオレンス(DV)を行う父親をはじめ、父権を振りかざす男をこれまでの作品で描いてきた岩井秀人。最新作『夫婦』は、そのモデルともおぼしき、岩井の実父の死が出発点になっているという。現実を通して作品に向き合う岩井に、今の心境を聞いた。

ハイバイ『夫婦』写真
画像をクリックすると拡大

あの、名作英国ボーイズものの出演者たちは今……
「ヒストリーボーイズの現在(いま)」

2014年に日本でも中村倫也ら人気若手俳優の共演で上演された『HISTORY BOYS/ヒストリーボーイズ』。青春のきらめきや葛藤が詰まった同作は、約10年前、ロンドンで誕生した。当時出演していたのは、経験こそあれ無名に近い若手俳優たち。だが彼らが今、舞台・映像などで輝きを放っている! そんな元ボーイズの“現在”に迫る。

「ヒストリーボーイズの現在(いま)写真」
画像をクリックすると拡大

english

国内

  • ミュージカル『手紙』三浦涼介&深沢桂子
  • 劇団鹿殺し『キルミーアゲイン』丸尾丸一郎&大東駿介
  • インバル・ピント&アヴシャロム・ポラックダンス・カンパニー『DUST−ダスト』
  • 劇団子供鉅人『重力の光』益山貴司&益山寛司
  • 劇団昴ザ・サード・ステージ『街と飛行船』北村総一朗&鵜山仁
  • 「九州行ったら この若手劇団を観よ!」

STAGE PEOPLE

  • 伊藤キム フィジカルシアターカンパニー GERO『くちからでる』

連載

  • 気になるあの人 緒月遠麻
  • 大東駿介「暗転 舞台の裏から観る舞台」
  • かもめんたる 岩崎う大「読むの、コントを、小説で。」
  • 「1テーマ2ジェネレーション」横山拓也&大原渉平
  • 「今ココの歴史−劇評で振り返るニッポンの客席」
  • 「わたしのペット自慢」日高啓介
  • 「観る・知る・出会う〜『旅』の理由は演劇」
  • 「Broadway Star Files」メーガン・マクギニス
  • 市川洋二郎「ハロッズで昼食を」
  • ソン・ギウン「大学路の窓から」
  • 「舞台から見たアジアの風景」
  • FOOD:原田優一「女将図鑑」
  • MUSIC:石井一孝の音の特効薬
  • 「十文字美信の劇顔 GEKI-GAN」今井朋彦/連載200回達成記念・十文字美信 インタビュー
  • 「だから明日も夢の国」久城あす