サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

本誌のご案内

最新号のご紹介

2015

今月号のプレゼント

『ETERNAL CHIKAMATSU』

2016年3月10日(木)18:30開演・Bunkamuraシアターコクーン・1名様
締切=3月6日(日)必着

『Color Of Life』

2016年3月30(水)19:00開演〈First Cast回〉/26日(土)13:00開演〈New Cast回〉・東京芸術劇場 シアターイースト・各1名様
締切=3月18日(金)必着

●詳細は本誌163ページを参照ください。

かの心中物語を軸に、過去と今が交錯する
『ETERNAL CHIKAMATSU』

近松門左衛門の名作『心中天網島』をもとに、イギリスの鬼才デヴィッド・ルヴォーが演出を手掛ける意欲作が登場する。脚本は気鋭・谷賢一の書き下ろし。本誌では、物語の軸となる二人の女性ハルと小春を演じる深津絵里と中村七之助の対談、ルヴォー、谷の各インタビュー、そして稽古場レポをお届けする。

『ETERNAL CHIKAMATSU』写真
画像をクリックすると拡大

劇団☆新感線が挑む本格的な時代劇
いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』

劇団ペンギンプルペイルパイルズ・倉持裕のホンをいのうえひでのりが演出する劇団☆新感線の最新作! 江戸中期を舞台にした人情話だ。初顔合わせとなる古田新太×稲森いずみ×大東駿介が、気になる物語の中身を和気あいあいと語り、倉持&いのうえが“時代劇の魅力”に迫る。

いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』写真
画像をクリックすると拡大

マクドナーのブラック・コメディー
『イニシュマン島のビリー』

劇作家マーティン・マクドナーによる話題作が上演される。アイルランドのイニシュマン島に生きる、左手と左足が不自由な少年ビリーの物語だ。これまでもマクドナーの戯曲を手掛けてきた森新太郎が演出を担い、2年ぶりの舞台出演となる古川雄輝が主人公ビリーに扮する。それぞれに作品の魅力を聞いた。

『イニシュマン島のビリー』写真
画像をクリックすると拡大

岩松了が描く“夫婦の思惑”
M&Oplaysプロデュース『家庭内失踪』

『蒲団と達磨』(89年)で岸田國士戯曲賞に輝いた岩松了が、同作の後日譚ともいえる舞台を立ち上げる。物語の軸となる倦怠期の年の差夫婦に扮するのは、岩松作・演出『恋する妊婦』(08年)でも夫婦役を演じた風間杜夫と小泉今日子。本作の内容はもちろん、キャスティングについてなど、岩松の“狙い”に迫った。

M&Oplaysプロデュース『家庭内失踪』写真
画像をクリックすると拡大

三部作一挙上演
「鄭義信 インタビュー」

『たとえば野に咲く花のように』(07年)、『焼肉ドラゴン』(08・11年)、『パーマ屋スミレ』(12年)と、新国立劇場で断続的に上演されてきた鄭義信の名作が“三部作”として一挙再演される。自身も在日コリアンである鄭が、戦後の日本と韓国の関係を、市井の人びとの姿を通して温かく描いた作品群。あらためて鄭に思いを聞いた。

「鄭義信 インタビュー」写真
画像をクリックすると拡大

今冬の話題作レポ&今春の注目作紹介
「2016ソウルステージ雑感」

2016年もソウルが熱いぞ!というわけで、今年初めに目についた作品の雑感をご紹介。国民的俳優ファン・ジョンミンが主演・演出した『オケピ!』の様子などをレポートする。あわせて、女スパイ“マタ・ハリ”の悲劇を描いた『マタ・ハリ』ほか、春の大型話題作もピックアップ(読者プレゼントも要チェック)!

「2016ソウルステージ雑感」写真
画像をクリックすると拡大

国内

  • ミュージカル『ジキル&ハイド』石丸幹二&濱田めぐみ&笹本玲奈
  • 『魔術』中山美穂&萩原聖人
  • 『ライ王のテラス』鈴木亮平
  • 『三月大歌舞伎』中村芝雀 改め中村雀右衛門
  • 地点『スポーツ劇』三浦基
  • 劇団態変『ルンタ(風の馬)〜いい風よ吹け〜』金滿里
  • 烏丸ストロークロック×庭ヶ月共同連作『凪の砦』柳沼昭徳

STAGE PEOPLE

  • 小越勇輝 『舞台「弱虫ペダル」〜総北新世代、始動〜』

海外

  • 泣く子も黙るイギリスの大女優
    「ジュディ・デンチ インタビュー」

連載

  • 気になるあの人 AKANE LIV
  • 大東俊介「暗転 舞台の裏から観る舞台」
  • かもめんたる 岩崎う大「読むの、コントを、小説で。」
  • 「1テーマ2ジェネレーション」佐藤B作&佐藤銀平
  • 「今ココの歴史−劇評で振り返るニッポンの客席」【最終回】
  • 「わたしのペット自慢」【最終回】那須佐代子
  • 「観る・知る・出会う〜『旅』の理由は演劇」
  • 「舞台から見たアジアの風景」【最終回】
  • 「Broadway Star Files」総集編【最終回】
  • 市川洋二郎「ハロッズで昼食を」
  • FOOD:原田優一「女将図鑑」
  • MUSIC「石井一孝の音の特効薬」
  • 「十文字美信の劇顔 GEKI-GAN」黒木華
  • 「だから明日も夢の国」瀬戸かずや