サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

本誌のご案内

最新号のご紹介

2018

今月号のプレゼント

新作歌舞伎『NARUTO−ナルト−』
8月23日(木)16:30開演・新橋演舞場・1名様
締切=8月16日(木)必着
『宝塚BOYS』
8月16日(木)18:30開演・東京芸術劇場 プレイハウス・2名様
締切=8月9日(木)必着
●詳細は本誌165ページを参照ください。

勢い溢れる新作歌舞伎が登場!
新作歌舞伎『NARUTO−ナルト−』

忍者うずまきナルトとそのライバル・うちはサスケを軸に、家族愛や友情を紡ぐヒット漫画『NARUTO−ナルト−』が歌舞伎化される! W主演を勤める坂東巳之助と中村隼人、そして壮大な物語をまとめ上げた脚本・演出のG2に話を聞いた。また、市川猿之助&片岡愛之助のコメント、稽古場の様子もお届け。この夏最大の注目作の中身を暴く!

新作歌舞伎『NARUTO』写真
画像をクリックすると拡大

名作映画のミュージカル版が日本初演
ミュージカル『ゴースト』

ゴーストになったサムと、その恋人モリーの恋模様を描いた同名映画(90年)のミュージカル版が日本初演。ゴースト・サムに扮する浦井健治、Wキャストでヒロインのモリー役を演じる咲妃みゆ、秋元才加の鼎談、物語の鍵を握る霊媒師オダ・メイを演じる森公美子のインタビューをたっぷりと送る。

ミュージカル『ゴースト』写真
画像をクリックすると拡大

稲垣吾郎&鈴木聡の名タッグ再び
FREETIME,SHOWTIME『君の輝く夜に』

稲垣吾郎(主演)&鈴木聡(作・演出)のコンビといえば、2012年、14年、16年と2年置きに上演された舞台『恋と音楽』のシリーズだ。そこからさらに2年後の今年も、二人の仕掛ける“大人の小粋なラブストーリー”が、いざ発進! どうもこれまでとは一味も二味も違う世界観が広がっているようで……。

FREETIME,SHOWTIME『君の輝く夜に』写真
画像をクリックすると拡大

ついにシリーズ5度目の上演!
『宝塚BOYS』

戦後間もない頃、女性だけの宝塚歌劇団に男子部が存在した! 2007年の初演以来、熱き感動を巻き起こしてきた『宝塚BOYS』が5演目を迎える。初の2チーム上演となる今回、本作経験者でteamSEAの良知真次と藤岡正明、初挑戦となるteamSKYの永田崇人と溝口琢矢が新生BOYSについて語り合う!

『宝塚BOYS』
画像をクリックすると拡大

「TRUMP」シリーズ最新作
ミュージカル『マリーゴールド』

数千年にわたる壮大な物語を描く、末満健一作・演出の大ヒットシリーズ『TRUMP』。その10周年記念第1弾として、初のミュージカルが登場する。本誌では、孤高の小説家を演じる壮一帆と、その担当編集者、妹役をそれぞれ演じる、東啓介、愛加あゆの鼎談、および末満のインタビューから、作品の魅力を考察する。

ミュージカル『マリーゴールド』
画像をクリックすると拡大

ついにミュージカルの本役で来日
「ジョン・オーウェン-ジョーンズ インタビュー」

これまで、数々のコンサートで来日を果たしていたミュージカル俳優ジョン・オーウェン-ジョーンズが、5年ぶりの来日公演となる『オペラ座の怪人〜ケン・ヒル版〜』でタイトルロールを担う。ファントム役への思いや、ウエストエンドでの活躍、制作中のニューアルバムについてなど、盛りだくさんに聞いた!

「ジョン・オーウェン-ジョーンズ インタビュー」写真
画像をクリックすると拡大

国内

  • 阿佐ヶ谷スパイダース『MAKOTO』長塚圭史×中村まこと
  • 恋を読む『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』鈴木拡樹/梶裕貴/木村達成/黒羽麻璃央/鳥越裕貴/松田凌/三浦宏規
  • カンコンキンシアター『〜THE LAST MESSAGE〜クドい!』関根勤
  • 劇団昴ザ・サード・ステージ『改訂版 無頼の女房』中島淳彦×北村総一朗
  • 演じるシニア2018『レジェンド・オブ・LIVE II』杉原邦生

海外

  • 「エストニア演出回想記」前編

連載

  • 気になるあの人 ジントク
  • 「1テーマ2ジェネレーション」百元夏繪×池田亮
  • 市川安紀「知りたがり伝統芸能」
  • 大東駿介「暗転」
  • 高橋彩子「怪物達の殿堂 オペラ・バレエ」
  • 中島薫「ミュージカル・サプリメント」
  • FOOD:「駒田一の今月の反省会会場!!」
  • MUSIC:「石井一孝の音の特効薬」
  • 「十文字美信の劇顔 GEKI-GAN」樫山文枝
  • 「だから明日も夢の国」星吹彩翔