語部集団木偶坊『周平の風景』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

語部集団木偶坊

語部集団木偶坊公演No.8

『周平の風景』「弾む声」「荒れ野」「山桜」

  • 公演中

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年8月22日(金)〜8月24日(日)
会場 鶴岡市中央公民館市民ホール
〒997-0046 山形県鶴岡市みどり町22-36
PR・解説 代表の菅原司は、「たそがれ清兵衛」など山田洋二監督の映画ー庄内三部作に出演し、方言指導にも携わるうちに、自ら主宰する「語部集団木偶坊」でも周平作品に挑戦したい、そして出身地の鶴岡での上演をと、今回初めて鶴岡公演を企画しました。
作者の文章を大切に原文どおりの語りと、演技、そしてオリジナル曲によるピアノの生演奏との絶妙なコラボレーションにより、周平の世界を心ゆくまで楽しんでいただけます。
ストーリー 【弾む声】正義感から左遷され隠居となった助左衛門と妻の満尾は、二人だけの単調な日々の中、外から聞こえてくる女の子の呼び声が唯一の彩りであった。しかし、ある日その声が聞こえてこなくなる。
【荒れ野】京で修行中だった若い僧侶、明舜(みょうしゅん)は、師の僧が囲っていた女性と関係を持ったのが露見し、陸奥国(むつのくに)の寺に預けられることになる。ところが独り荒野を旅しているうちに道に迷ってしまう。日は西に傾き、水も食べ物もないまま暗闇が訪れる。その時、一人の美しい女に出会う。
【山桜】北国の小藩、海坂。不幸な結婚生活に耐える野江は叔母の墓参りの帰り道、山桜を見つける。そこへ、かつて縁談を断った武士、手塚弥一郎が現れ・・・。
スタッフ 原作=藤沢周平/構成演出=菅原司/照明=佐久間秋一/音楽=今井聡/衣装=美坂公子/ステージング=加十詩絵/美術=ミズノ ケイジ/舞台監督=中杉雄一 ほか
キャスト 門岡瞳/川原勇一/菅原司/高橋省二/田中あゆみ/中條志保/中谷太士郎/花ヶ前浩一/藤原ラミ/堀内克哉/槇村悠加/柳瀬睦美
お問い合わせ 語部集団木偶坊ホームページ

チケット発売日

2008年6月24日(火)

入場料金

一般当日2,800円/一般前売2,500円/学生2,000円/子供1,800円(全席自由・税込)

学生は中・高・大・専門学校生
子供は小学生まで

チケット発売窓口

語部集団木偶坊 03-3978-4311
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:387-850

公演日程

2008年8月22日(金) 〜 8月24日(日)

2008年8月

17 18 19 20 21 22
  • 19:00
  •  
  •  
23
  • 14:00
  • 19:00
  •  
24
  • 14:00
  •  
  •  
25 26 27 28 29 30

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10018

トラックバック一覧