★☆北区つかこうへい劇団『鬼』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

★☆北区つかこうへい劇団

★☆北区つかこうへい劇団 12月公演

『鬼』〜贋大江山奇譚〜

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

「…ひとつだけ教えてくれませんか。
 鬼を退治し、鬼のいなくなったこの都は、本当に幸せなのですか。
 恐れを失くしたこの国は、本当に幸せなのですか。
 平和なこの国は、本当に幸福な国なのですか。」

 豊かであることが、必ずしも「善」とは言えないこの現代。人を救おうとする想いが他方で人を殺し、繁栄が人の心を荒ませる。有名な「酒呑童子」の物語をモチーフに、現代の矛盾に潜む「鬼」の姿を暴き出す、二人の鬼の千年の恋物語。

公演データ

公演期間 2008年12月3日(水)〜12月7日(日)
会場 滝野川会館・大ホール
〒115-0024 東京都北区西ヶ原1-23-3
PR・解説 ■渡辺演出作品第3弾は、ついにオリジナル作品!■

 2006年「蒲田行進曲」
 2007年「二代目はクリスチャン」…

 過去2年、つかこうへい作品の構成・演出に挑戦し、新たな切り口で好評を博してきた渡辺が次に挑むのは、劇団では自身初となるオリジナル作品である。すでに劇団外では、少年隊PLAYZONE、明治座「あずみ」など数々の作品で脚本等を手がけてきているが、劇団での上演は常につか作品にこだわってきた。だが今回、つかの激励を受け、ついに完全オリジナル作品の上演が決定した!

 師であるつか作品の再構成でもなく、外部でのプロデュース作品でもない。新たな一歩を踏み出す渡辺の最新作にご期待下さい。
ストーリー  時は千年の昔。
 鬼子としてこの世に生を受けた伊吹は、生まれ落ちてすぐに殺されるところを朝廷に命を救われた。そして生き延びさせる代わりに鬼退治を命じられる。

 百人、鬼を斬れば、人間になれる。人として認められる。

 その言葉を信じ、以来、朝廷に仇なす多くの鬼たちを退治してきた。いつか人間として受け入れられる日を夢見て…。
 やがて大人になった伊吹は、最後の鬼退治を命じられる。大江山に住むという、その鬼を退治すれば人間になれる。だがその鬼、弥三郎と出会ったとき、伊吹の運命は大きく動き始める。

 鬼とは何か?人とは何か?
 人は鬼を退治して、一体何を手に入れようとしたのか?

「オレが鬼なら、お前はなんだ?」
スタッフ 作・演出=渡辺和徳
キャスト 高野愛/逸見輝羊/小川智之/田島潤/栗林真弓/伊澤玲/渡辺昇/井上賢嗣/渡辺和徳
お問い合わせ 北区つかこうへい劇団
03-5924-1126
mail@tsuka.co.jp
演劇・チケット・公演情報〜『鬼〜贋大江山奇譚』

チケット発売日

2008年10月25日(土)

入場料金

3,000円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

北区つかこうへい劇団 03-5924-1126

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:388-047
ローソンチケット
lawsonticket.com
0570-084-003 Lコード:36865

公演日程

2008年12月3日(水) 〜 12月7日(日)

2008年12月

  1 2 3
  • 19:00
  •  
  •  
4
  • 19:00
  •  
  •  
5
  • 19:00
  •  
  •  
6
  • 14:00
  • 19:00
  •  
7
  • 14:00
  •  
  •  
8 9 10 11 12 13

■プロフィール■(作・演出 渡辺和徳)
1999年、劇団7期生として入団。つかこうへいの下で作・演出を学ぶ。

主な作品/
少年隊PLAYZONE(脚本等)・明治座「あずみ」(潤色/黒木メイサ・生田斗真 他)・「何日君再来」(演出助手/筧利夫・黒木メイサ・石川梨華/吉澤ひとみ 他)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10025

トラックバック一覧