鬼面組『酒呑童子變成』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

鬼面組

鬼面組公演霍乱ノ肆

『酒呑童子變成』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年9月4日(木)〜9月7日(日)
会場 シアターシャイン
〒166-0004 東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-15-15
PR・解説 この物語は、酒呑童子の出生についての逸話と、安珍清姫の伝説、甲賀三郎伝説を基軸にしています。

酒呑童子には、越後国の生まれ(幼名を外道丸)とする話しの他に、須佐之男に退治された八岐大蛇の首の一つが落ち延び、或る豪族の娘と結び付いて生まれた子(幼名を伊吹童子)という説話があります。
伊吹童子説には、八岐大蛇の直接の子ではなく、八岐大蛇を祀る一族の、伊吹弥三郎という人物の子であるとされている場合もあります。

安珍清姫の伝説は、安珍という美しい僧に恋した清姫という娘が蛇の姿となり安珍を追い掛け、やがて道成寺の鐘の中に隠れた安珍を釣鐘ごと焼き殺してしまうという御話。

甲賀三郎は、魔物を退治する為に其の穴蔵へと降りたものの、兄弟の裏切りによって地上へ戻れなくなり、そのまま地中を彷徨い歩き、やっと地上への出口を見付けた時には、其の姿は蛇に変わってしまっていたというもの。

 三者に絡んだ大蛇の逸話、引き逢う鱗が、カサリカサリと、あなたが来るのを待っています。
ストーリー 酒呑童子という名の鬼が在る。
大江の山に棲み、都の娘を拐かす其の鬼も、昔を辿れば一人の人間であった。
かつて、名を外道丸と言う。

幼少の頃より酒を嗜み、事ある毎に乱暴を働く外道丸は、やがて仏門へ預けられる事となる。
最初こそ反発していた外道丸も、唯一彼の身を案じていた母の死後、懸命に修行に励む様になったという。

姫世という名の娘が在る。
生来、顔形の美しかった外道丸は此の娘に惚れ込まれてしまい、苦し紛れに口約束を交わす。
「三年の後、改めて此方に伺います」

三郎という名の男が在る。
文武に秀でた此の末弟は、長兄次兄と連れだって、射止める魔探し旅に出る。
「諸国を廻らば、此まで見た事も無い様な恐ろしき魔王の在るやもしれぬ」

八岐大蛇、清姫、甲賀三郎。
三者の蛇毒の彩りによって、外道丸は鬼へと、酒呑童子へと變成する。
スタッフ 作・演出=深沢 幸弘/音楽=稲垣 悟/照明=小坂 章人/音響=福沢 秀明/舞台監督=伊藤 清一/チラシ画=ようこいずみ/題字=稲川 美加/宣伝微術・WEB=本多 麻美/衣装=衣色繍団我無兩/制作=鬼面組
キャスト 岩崎瑠美/火鳥犬/中村雄介/飯田 武/稲川実加/梅澤綾子(クロス)/芹澤あい/成川友里子/花/細田真澄/本多麻美(フェイスプランニング)/柳瀬 翼(劇団975hPa)/深沢幸弘
お問い合わせ 温羅鬼

チケット発売日

2008年6月3日(火)

入場料金

前売り2,500円/当日2,800円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

鬼面組 080-3209-8898

チケット販売サイトへ

公演日程

2008年9月4日(木) 〜 9月7日(日)

2008年9月

  1 2 3 4
  •  
  • 19:00
  •  
5
  •  
  • 19:00
  •  
6
  • 14:00
  • 19:00
  •  
7
  • 14:00
  •  
  •  
8 9 10 11 12 13

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10027

トラックバック一覧