劇団キンダースペース『短編演劇アンソロジー伍 小泉八雲篇【死の微笑】』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団キンダースペース

劇団キンダースペース公演

『短編演劇アンソロジー伍 小泉八雲篇【死の微笑】』和解 雪おんな より

  • 公演中
拡大画像を見る
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年9月20日(土)〜9月28日(日)
会場 劇団キンダースペース アトリエ
〒332-0021 埼玉県川口市西川口1-23-3 マンションヒルマ1F
PR・解説 短編演劇アンソロジーにおいて近代文学を取り上げる作業の意味の一つは、日本人である私達自身の姿と言うものを、近代の地平からもう一度見つめなおすことです。
例えば、小泉八雲が他者として深い謎を感じた、死に臨んでさえ顔に浮かび上がる
「日本人の微笑」。これは、今の私たちにどのように残る感性なのでしょうか?
そして、いまひとつ重要なことは、何よりも文学の舞台化が、私たちに演劇の本質といったものを教えるという事に他なりません。「雪おんな」や「和解」の武士に俳優が身体を与える、その作業はどう行われるべきか。恐らくここに、演劇と言うものの根本的なあり方が潜んでいるのです。
ストーリー 誰もが知っている、「耳なし芳一」や「雪おんな」、「むじな」や「ろくろ首」。
しかしこれらの物語が、ギリシャ生まれのイギリス系アメリカ人によって収集されたことは、あまり意識されていません。
ここには、他者による日本人の姿があります。
それは、私達にとっても他者であるのか、それともこの中にこそ我々の原型があるのか? 
今、我々の感性こそをラフカディオ・ハーンの瞳に映してみるべき時なのかもしれません。
スタッフ 構成・演出=原田一樹(劇団キンダースペース)/脚本=畝本奈美(劇団キンダースペース)/照明=篠木一吉/舞台監督=村信保(劇団キンダースペース)/演出補=三枝竜(劇団キンダースペース)
キャスト 瀬田ひろ美(劇団キンダースペース)/平野雄一郎(劇団キンダースペース)/深町麻子(劇団キンダースペース)/秋元麻衣子(劇団キンダースペース)/田中修二(劇団キンダースペース)/柿森ななこ(フリー)/桝谷裕(スターダス・21)
お問い合わせ 劇団キンダースペース
048-252-0551
post@kinder-space.com
劇団キンダースペースサイト

入場料金

前売り券3,000円/ペア券5,500円/養成所割引券2,500円/学生割引券1,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団キンダースペース 048-252-0551

チケット販売サイトへ

公演日程

2008年9月20日(土) 〜 9月28日(日)

2008年9月

14 15 16 17 18 19 20
  •  
  • 19:30●
  •  
21
  • 15:00○
  •  
  •  
22
  •  
  • 19:30●
  •  
23
  • 15:00○
  •  
  •  
24
  •  
  • 19:30●
  •  
25
  •  
  • 19:30●
  •  
26
  •  
  • 19:30●
  •  
27
  • 15:00○
  • 19:30●
  •  
28
  • 15:00○
  •  
  •  
29 30        

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10035

トラックバック一覧