パパタラフマラ『ガリバー&スウィフト』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

パパタラフマラ

2008年 待望の新作公演

『ガリバー&スウィフト』ー作家ジョナサンスウィフトの猫・料理法ー

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

11日14:30〜の回、ご好評に付き完売いたしました!
ご予約はお早めに!

公演データ

公演期間 2008年10月9日(木)〜10月12日(日)
会場 東京グローブ座
〒169-0073  東京都新宿区百人町3-1-2
PR・解説 [小人国ニッポンの君よ]

この秋、格別なコラボレーションが、東京グローブ座に来襲いたします!
18世紀、イギリス、アイルランドに生きた作家スウィフトの逆説的ユーモア精神が、時代を超えて君の股間などを射抜く。
顕微鏡で覗き込むような極小世界から見果てぬ巨大世界へ、聖転換ぞ!パパ・タラ的時空間のダイナミズムよ!演劇も美術も突破する驚異が満載である!世界中の観客を魅了し続けるパパ・タラフマラの新境地であります乞うご期待!
ストーリー 18世紀、イギリス、アイルランドを生きた稀代の偏屈者“作家スウィフト”の逆説的ユーモア精神が、時代を超えて蘇る。実像と虚像とを織り交ぜながら、奇想が溢れ出るスウィフトの姿を時代をおって描きます。年とともに次第に強くなる孤独感と、それゆえに生まれくる妄想の数々。司祭であり、作家でもあったスウィフト自身の生涯はまるでガリバーの旅行記そのものであった。彼自身の諧謔精神と時代性、そして広がりつつも縮小してゆく現代の現実を見つめつつ、その異様さ、奇妙さを暴きながら、舞踊、美術、演技、声、音楽・・・すべての舞台芸術の要素を用いて描き出す1時間半の作品です。

大きいのか?小さいのか??
かわいいのか?こわいのか??
こわかわいいのか!  なんたって、ねこだからね。

神も仏も、ワシに微笑んでいる夢を見た。世界はマルだニャー
スタッフ 作・演出・振付=小池博史/舞台美術・オブジェ=ヤノベケンジ/作曲・演奏=松本淳一/作曲・演奏=デワ・ライ/オブジェ=田中真聡/衣装=小林和史(OUT SECT)/衣装=甲斐さやか(OUT SECT)/照明=関根有紀子(ぐれこはうす)/宣伝美術=葛西薫 ほか
キャスト 池野拓哉/白井さち子/あらた真生/橋本礼/南波冴/横手亜梨沙/横手祐樹/リアント/クトゥット・リナ/キャサリン・オマーリ/小谷野哲郎/赤松直美(ク・ナウカ)/石本華江/石川正義(ク・ナウカ)/高橋倫平/松島誠
お問い合わせ SAI Inc.
03-3385-2066 / 03-3385-2919
info@pappa-tara.com
パパ・タラフマラ公式サイト
ガリバー&スウィフト公式サイト

チケット発売日

2008年8月9日(土)

入場料金

S席5,500円/A席4,700円/学生・65歳以上・身障者割引(A席)3,900円/学生Z席1,500円/当日券 S席6,000円/当日券 A席5,200円(全席指定・税込)

*学生・65歳以上・身障者割引、学生Z席は、前売のみ、SAI Inc.のみのお取扱いとなります。
*Z席は見きれ席となります、ご了承ください。
*7歳以上のお子様からお楽しみいただけます。

チケット発売窓口

パパ・タラフマラ 03-3385-2066
先行予約ご希望のかたはメルマガ登録、又はmixi内のパパタラフマラコミュニティーへのご参加をお願い致します。
→メルマガ http://www.melma.com/backnumber_78677/
→mixiパパタラフマラコミュニティー http://mixi.jp/view_community.pl?id=3275249(要ログイン)

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:387-866
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2008年10月9日(木) 〜 10月12日(日)

上演時間 約90分

2008年10月

5 6 7 8 9
  • 19:30○
  •  
  •  
10
  • 20:00○
  •  
  •  
11
  • 14:30☆
  • 19:30○
  •  
12
  • 14:30○
  •  
  •  
13 14 15 16 17 18
☆公演終了後、ヤノベケンジ(現代美術家)×小池博史のポスト・パフォーマンス・トークがあります。

☆☆☆☆関連イベント☆☆☆☆
小池博史×葛西薫
グラフィック・アート/デザインの現場
「パパタラフマラ・アートワークの作り方」
日時:2008年9月5日(金曜) 18:30start
場所:アップルストア銀座店*入場無料*
お問い合わせ:mail event@pappa-tara.com

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10050

トラックバック一覧