極東退屈道場『ネクストバッターズサークル』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

極東退屈道場

AI・HALL提携公演

『ネクストバッターズサークル』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年9月27日(土)〜9月29日(月)
会場 伊丹市立演劇ホール AI・HALL
〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2-4-1
PR・解説 大容量通信の発達と、常時接続ネットワークの整備によって、広がっている新しいコミュニケーションの形、ソーシャルコミュニケーション。
これを用いて、集合知による課題解決なども行われるようになってきました。
一口で、ソーシャルコミュニケーションといっても、明確な定義づけは難しいのですが、これによって、今までは繋がりあわなかったもの同士が繋がりあい、新しいものが生み出されていることは確かです。
 今回の作品は、それを用いて描きたいものに迫ってみようと考えました。
舞台は、ネクストバッターズサークルのあるロッカールーム。
次の打席に立つために打者が待機する場所を、命が誕生を待つ場所になぞらえ、そこで交される胎児たちのソーシャルコミュニケーションを描いてみたいと思います、
なぜ、ネクストバッターズサークルとロッカールームを選んだのか。
それは、そこが境界線だからです。ソーシャルな会話はいつも、このような境界線で交わされているという感覚があります。
ストーリー ネクストバッターズサークルのあるロッカールームに集められた9人の男女。
彼らは、その部屋に集められた時点において、自らにまつわるデータを全て剥ぎ取られています。
そして、彼らはソーシャルなコミュニケーションを通じて、メタデータを収集、集積することで、次第に自らの本来のデータへと肉薄していきます。
 そして最終的に、自らが産まれ出る存在であることを知ったとき、胎児たちはどういう覚悟を決めるのか。
それを描くことで、これからの時代に産まれてくる子どもたちの佇まいに、たどり着ければと考えております。
スタッフ 作=林慎一郎/演出=林慎一郎/舞台監督=塚本修(CQ)/舞台監督=谷本誠(CQ)/柴田隆弘=柴田隆弘(LOG)/音響=奥村朋代(GEKKEN staff room)/照明=柳亜由美/制作=尾崎雅久(尾崎商店)/写真撮影=石川隆三/フライヤーモデル=南勝(劇団太陽族)
キャスト 小中太/猿渡美穂/宮川国剛(トイガーデン)/小笠原聡/原真(水の会)/ののあざみ(劇団Ugly duckling)/橋本達也/田所佳子/平本光司(空晴)
お問い合わせ 極東退屈道場
06-6841-3432
askto@taikutsu.info
極東退屈道場

チケット発売日

2008年7月1日(火)

入場料金

前売2,500円/当日2,800円/学割2,000円(全席自由・税込)

全席自由
学割は前売・当日共
未就学児童の入場不可
開演の40分前受付開始、30分前開場。

チケット発売窓口

極東退屈道場 06-6841-3432

チケット販売サイトへ

AIHALL 072-782-2000
電話予約のみ
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:388-322

公演日程

2008年9月27日(土) 〜 9月29日(月)

2008年9月

21 22 23 24 25 26 27
  • 15:00
  • 19:00
  •  
28
  • 15:00
  • 19:00
  •  
29
  • 15:00
  •  
  •  
30        

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10059

トラックバック一覧