劇団生命座『その瞬間を抱きしめたい』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団生命座

第20回池袋演劇祭参加公演

『その瞬間を抱きしめたい』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年9月12日(金)〜9月15日(月・祝)
会場 萬スタジオ
〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-32-22
PR・解説 この作品は、御巣鷹山の日航機墜落事故を題材にしたオリジナルストーリーで、昨年7月に初演し大きな反響をいただき早くも今年再演となった生命座の代表作の一つです。

奇しくも、同じく日航機墜落事故を題材にした映画「クライマーズ・ハイ」(横山秀夫さん原作)も今夏公開されました。
この事故は、23年経った今も原因が解明されておらず、真相究明を望む声も多く聞かれます。
そして、この死者521名(胎児含む)にも上る未曾有の大事故を決して風化させてはならない、そんな思いを多くの人が抱いており今もなお人々の関心を集め続けています。
「クライマーズ・ハイ」では、報道の立場からやんわりと事故を描いていますが、「その瞬間(とき)を抱きしめたい」は事故に遭った当事者とその遺族、航空会社のお世話係を通して真正面から事故を描きます。

第17回池袋演劇祭では「鼓動を刻む聖戦」という作品で日本映画俳優協会賞を受賞した生命座ですが、二度目の参加となる今回も結果を残したい、そして一人でも多くの方に観ていただきたいと思っております。
ストーリー 真夏のあの日、大阪行き12時15分、524名を乗せた来都航空671便が羽田を飛び立った──。

何をやっても冴えない若者・鉄は、売れっ子お笑い芸人になるのが夢。
テレビ番組の最終オーディションを受けるため、羽田発大阪行きの飛行機に乗るが・・・。
御巣鷹山の飛行機事故を題材に、事故に遭った者、遺された者、世話をする航空会社の社員、それぞれの立場を通して「生きる意味」を問う。
作・演出の鷹青由加子がご遺族代表の承認を得て上演した渾身の、胸にズシリと来る話題作再び!

大切な人がいますか?
積み重ねられた時間
ずっと続くと疑わなかった何気ない日々
──突然、前ぶれもなく、その時間がもぎとられたら──
スタッフ 作・演出=鷹青由加子/照明・音響操作=(株)テイク/制作=渡辺久美/生命座スタッフ ほか
キャスト 佐藤 弘幸/角 昌太郎/清水 敦夫/工藤 一学(VALETUDOSTAR)/春木 生/高橋 孝輔((株)浅井企画)/菊池康弘((株)アリエス)/千葉 優太/指寿川妙子/馬渡 識史(劇団レッドフェイス)/伊藤 幸子/片岡亮/真亜夢/沼田 大輔/前田 賢一朗(ウイットプロモーション)/古木 美知子(O-MATSURI企画merrymaker)/雅 影魅/石井 良育/徳本 匡志/鷹青由加子 ほか
お問い合わせ 劇団生命座
048-593-0204
seimeiza@abox4.so-net.ne.jp
劇団生命座ウェブサイト

チケット発売日

2008年7月10日(木)

入場料金

前売2,000円/当日2,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

劇団生命座 048-593-0204

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:388-280

公演日程

2008年9月12日(金) 〜 9月15日(月・祝)

上演時間 約1時間50分

2008年9月

7 8 9 10 11 12
  • 19:00
  •  
  •  
13
  • 14:00
  • 19:00
  •  
14
  • 14:00
  • 19:00
  •  
15
  • 14:00
  •  
  •  
16 17 18 19 20

※未就学児の入場は不可です。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10142

トラックバック一覧