ボタタナエラー『ガニメデ ハイツ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ボタタナエラー

『ガニメデ ハイツ』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年10月22日(水)〜10月26日(日)
会場 「劇」小劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-6-6
PR・解説 太陽風で停電した夜 空飛ぶアレに乗ってきて 乙女座の女神に憧れる ガニメデの非乙女があらわれた
ストーリー マンションのロビーが舞台。そのマンションは約50世帯程で、平日の昼間、及び土曜午前中は、管理人のコグマ(五十がらみの男)が勤務している。受付や清掃のほか、牛乳屋、運送屋、チラシ配布員等の業者を相手したり、またゴミの不法投棄、駐車違反、自分勝手な住人のクレーム等に悩まされたりして、日々業務に追われている。
 ある日マンションの付近一帯で停電が起き、復旧後に電力会社から、「太陽が活動期に入り、地上の磁場が変動した影響が原因」との発表があるが、ネット上に、「この近辺に未確認飛行物体(UFO)が飛来して、磁場が狂わされた影響」といった噂が広まる。噂の根拠は停電直後に付近一帯に多発した、変な文字やイラストの落書が、宇宙人の仕業らしいというもので、マンションのエレベーター内の壁の隅にも、その変な文字の落書が見付かる。落書を消そうと管理人室でコグマが道具を準備していると、住人の一人である若い独身男のウシカイがそっと訪ねて来て、「じつは部屋にヒューマノイド、つまり人間型の異星人をかくまっている」と告白する。
スタッフ 作・演出=村田与志行/照明=関塚千鶴(ライオン・パーマ)/音響=宮崎淳子((有)サウンドウィーズ)/舞台美術=泉真/舞台監督=大槻めぐみ/オブジェ=好宮温太郎(タテヨコ企画)/宣伝美術=KOJOPOM
キャスト こばん/鈴木芳/高屋七海(boku-makuhari)/田中嘉治郎(リボルブ方式)/津田タカシゲ/中尾祥絵/春山剛/広瀬貴史(tecconick)/古川直美/増井太郎/村田与志行/森口美樹(ロスリスバーガー)/森脇由紀(青年座)/和田好美
お問い合わせ ボタタナエラー
090-8516-9047
BOTATANA@t.vodafone.ne.jp
ボタタナエラーホームページ

チケット発売日

2008年9月1日(月)

入場料金

前売2,500円/当日2,700円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

ボタタナエラー 090-8516-9047
http://www.botatana.com/

チケット販売サイトへ

その他プレイガイド情報 「劇」小劇場
03-3466-0020

公演日程

2008年10月22日(水) 〜 10月26日(日)

上演時間 約1時間30分

2008年10月

19 20 21 22
  • 19:30
  •  
  •  
23
  • 19:30
  •  
  •  
24
  • 19:30
  •  
  •  
25
  • 15:00
  • 19:30
  •  
26
  • 14:00
  • 18:00
  •  
27 28 29 30 31  

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10166

トラックバック一覧