ナンブケイサツ『酒場の女』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ナンブケイサツ

ナンブケイサツ第七弾

『酒場の女』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年9月20日(土)〜9月21日(日)
会場 アートボックスホール
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田3-27-4
PR・解説 ナンブケイサツは、2005年、筑波大学劇団竹蜻蛉出身者を中心に旗揚げ。
作品内容はストリートプレイからコント、映像、生演奏にわたる。今回はコントを交えつつ人間の秘めた愛憎に迫る。
舞台美術はハイクオリティに、音響・照明はスタイリッシュに、暗転前後の数秒間に異常なまでのこだわりを持ち、年間1〜2本のペースで公演を行っている。
ストーリー 酒場通りに日が落ちて  男と女が目を合わす
口説き文句はこればかり  お前を連れてどこまでも
返す言葉もこればかり  あなたとならばどこへでも
銀座、赤坂、六本木  中州、ススキノ、北新地
飲めと言われて素直に飲んで  よせばいいのに一目惚れ
酒場通りの街角に  女を酔わせる恋がある
酒場通りの片隅に  男を泣かせる歌がある

グラスの向こうに明日がある お猪口の底には夢がある
芝居を肴に酒を飲み  飲んで飲まれて夢芝居
ナンブケイサツ第七弾  「酒場の女」で夜は更ける

お酒が大好き。
ビールのために稽古をし、日本酒のために公演をする、
酔いどれ劇団、ナンブケイサツが初めて挑む
アダルト・オリエンテッド・カクテル・ストーリー。
この秋、酒場通りの幕が開く。
スタッフ 作・演出=廣岡篤/照明=篠原恵実/映像=高橋広樹/舞台美術=廣岡篤/小道具=中山亮/衣裳=塩本泰世/宣伝美術=木原萌美/制作=南部久美子/制作=星野麻衣子 ほか
キャスト 南部久美子/千頭和直輝/田村香織/野々川博晃/廣岡篤
お問い合わせ ナンブケイサツ
029-855-5850 / 090-9968-0944
info@nanbukeisatsu.com
ナンブケイサツ劇団ホームページ

チケット発売日

2008年9月1日(月)

入場料金

前売2,000円/当日2,300円(全席自由・税込)

日時指定

チケット発売窓口

ナンブケイサツ 090-9475-3257
WEBサイト内に予約フォームがございます
https://ticket.corich.jp/apply/9239/

チケット販売サイトへ

公演日程

2008年9月20日(土) 〜 9月21日(日)

2008年9月

14 15 16 17 18 19 20
  • 14:00
  • 19:00
  •  
21
  • 14:00
  •  
  •  
22 23 24 25 26 27

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10209

トラックバック一覧