害獣芝居『火學お七』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

害獣芝居

野外劇フェスタ2008参加公演

『火學お七』

  • 公演中
拡大画像を見る
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年9月19日(金)〜9月23日(火・祝)
会場 井の頭恩賜公園三鷹の森ジブリ美術館近辺
東京都
PR・解説 この度私たち害獣芝居は、一年ぶりの本公演を行う事になりました。
利賀演出家コンクールでの野外公演から一年、空間にこだわり続けた私たちは、新たな巡り会いによって、二カ所の素晴らしい野外空間で「火學お七」の物語を花広げる事が決定致しました。
井の頭公園野外劇フェスタ2008への参加。
そして、一夜限りの東光寺特別公演。
野外空間というものが持つ、自然に内包された曖昧な感覚と、二カ所それぞれの独自の空間的要素、それらの中で『八百屋お七』が題材となった“女の青火”が、岸田理生の鮮やかな言葉によって展開されます。
野外に花咲く害獣たちの幻想を、秋の夜長に夢見て頂ければと思います。
害獣一同心よりお待ちしております。
ストーリー 十年、前、
この町に火事がありました――

火事から十年。
小学校が焼け、娼家が建ち、
そして今、
再び変化が起きようとしている……

十年前の火事は、一体何だったのか。
何の為の火事だったのか。
誰が起こした火事だったのか。
様々な思惑が絡まる「鳩の町」
そしてその、
「鳩の町」の娼婦、お七…

それぞれの胸の内に秘められた、
それぞれの火事。
それらが花開く時、
お七の、女の青火が、
質屋に預けたマッチに揺らめき、
散った火花で桜が咲いた――
スタッフ 作=岸田理生/演出=浅沼ゆりあ
キャスト 澄井葵/大柿友哉/後藤剛範/豊田まどり/みとめまきこ/亀井伶奈/金原並央/益田悠佳/天田礼子/増木啓介/田口竜生 ほか
お問い合わせ 害獣芝居
070-5565-0069
gaijyu500@hotmail.co.jp
害獣芝居公式HP
害獣芝居
g5oshichi08@pdx.ne.jp
害獣芝居@mobile

入場料金

一般前売2,000円/当日2,500円/学生1,500円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

害獣芝居 070-5565-0069
劇団メールアドレスと制作の携帯メールアドレスでも受け付けております。
<劇団メールアドレス>
gaijyu500@hotmail.co.jp
<携帯メールアドレス>
g5oshichi08@pdx.ne.jp

チケット販売サイトへ

公演日程

2008年9月19日(金) 〜 9月23日(火・祝)

上演時間 約1時間30分

2008年9月

14 15 16 17 18 19
  • 19:30
  •  
  •  
20
  • 19:30
  •  
  •  
21
  • 19:30
  •  
  •  
22
  • 19:30
  •  
  •  
23
  • 19:30
  •  
  •  
24 25 26 27

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10251

トラックバック一覧