流山児★事務所『ドブネズミたちの眠り』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

流山児★事務所

Space早稲田2008スペシャル

『ドブネズミたちの眠り』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年11月29日(土)〜12月14日(日)
会場 Space早稲田
〒162-0042 東京都新宿区早稲田町74
PR・解説 坂口瑞穂と初めて会ったのは黒テント下北沢ザ・スズナリ公演『金玉娘』であった。坂口という新鋭劇作家の描く異色の見世物芝居の原風景に私は奇妙な郷愁を感じた。江戸の話なのに九州の土の匂いがしたのでる。聞くと私の生地の隣町玉名出身とのこと。坂口の描く最下層の人々の在りざまが私の想う見世物世界と見事にシンクロしていた。
 二年後、私は若手達と「音楽劇」に仕立て上げ、私なりの『金玉娘』を演出した。その後、坂口に殺し屋の物語を書いてくれと頼み込んだ。黒テントでの最新作『テッポー玉』『玉手箱』も徹底的に緻密に調べ上げ、ドキュメントを超えた時代と社会に抗らい続け堕ちてゆくアウトローたちのロマンを硬質に冷徹に書き上げている。が、私はもっとノー天気でアナーキーで笑える無様なテロルとエロスがごった煮の集団活劇をやりたいと思っている。ペキンパーもタランティーノもロドリゲスも超えた超娯楽アクション活劇、それが『ドブネズミたちの眠り』である。生きのイイ元気な役者たちがSpace早稲田に集まり闘う、そこに飛び交う血と汗と涙と笑い。小劇場でしか出来ないコト、実に贅沢な《体験する演劇》をSpace早稲田でお楽しみください。
スタッフ 作=坂口瑞穂(黒テント)/演出=流山児祥/美術=塩野谷正幸/照明=小木曽千倉/音響=市来邦比古/衣裳=萩野緑/舞台監督=吉木均/写真=アライテツヤ/宣伝美術=Flyer-ya ほか
キャスト 千葉哲也/さとうこうじ/木野本啓(黒テント)/西條義将(モダンスイマーズ)/阿川竜一/藤村一成/塩野谷正幸
お問い合わせ 流山児★事務所
03-5272-1785
流山児★事務所

チケット発売日

2008年10月5日(日)

入場料金

前売り4,000円/当日4,500円/学生割引3,500円(全席自由・税込)

入場整理番号つきチケット

チケット発売窓口

流山児★事務所 03-5272-1785

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:389-795
ローソンチケット
lawsonticket.com
Lコード:38865
e+(イープラス)
eplus.jp

公演日程

2008年11月29日(土) 〜 12月14日(日)

2008年11月

23 24 25 26 27 28 29
  •  
  • 19:00
  •  
30
  • 14:30
  •  
  •  
           

2008年12月

  1
  •  
  • 19:00
  •  
2
  •  
  • 19:00
  •  
3
  • 14:30
  • 19:00
  •  
4
  •  
  • 19:00
  •  
5
  •  
  • 19:00
  •  
6
  • 14:30
  • 19:00
  •  
7
  • 14:30
  •  
  •  
8
  •  
  • 19:00
  •  
9
  •  
  • 19:00
  •  
10
  • 14:30
  • 19:00
  •  
11
  •  
  • 19:00
  •  
12
  •  
  • 19:00
  •  
13
  • 14:30
  • 19:00
  •  
14
  • 14:30
  •  
  •  
15 16 17 18 19 20
当日券は開演の1時間前より発売、開場は20分前より

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10311

トラックバック一覧