ルリユール旅団『風先停留所』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ルリユール旅団

ルリユール旅団旗揚げ公演

『風先停留所』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

都電荒川線の電車内で上演します。
「風先停留所」まで、お越し下さい。

公演データ

公演期間 2008年10月17日(金)〜10月26日(日)
会場 都電荒川線車内(集合場所:都電荒川線 荒川車庫前駅)
東京都都電荒川線 荒川車庫前駅
PR・解説 「ルリユール」
仮綴いした本を製本しなおす・・・という伝統を持つ
ヨーロッパ。
仏語で、壊れた本を再生する事、製本、装丁。もしくは、
その製本職人をさす。
そして「もう一度繋ぐ」という意味も。

ばらばらにした本を手でひとつひとつ繋いでゆく、
ルリユール。
作り上げたものを、壊しては又繋ぎなおす、日々の稽古。
芝居もルリユールと同じだ。

ルリユール旅団は、
音楽家、舞踏家、芸術家等・・・
色んな人達と、色んな場所で
その度毎に感じたものを、思うままに形にしてゆく演劇集団。

ココにいるあなたと、トオクにいる懐かしい人…
言葉と、言葉にならないもの…
心と身体…
今日と明日…
色んなものを繋ぐべく、世界をたゆとうてゆきます。
ストーリー 煉瓦工場の跡地に建てられた、旋風遊園地。其処には、風先遊覧列車と言う小さな電車が、園内をぐるりと一周するように走っていた。十二年前、その遊覧列車に乗ったまま姿を消したネモ。その兄弟を追って電車に乗り続けるアネとモネ。そして秋風爽やかなある土曜日の午後。ついに九百九十九回目の乗車となった姉妹の前に、二人の電柱作業員が現れる。偶然の出会いをきっかけに、無秩序な綾取りの如く縺れ絡まり始める、四人それぞれの赤い糸。次第に浮き彫りにされてゆく、アネモネの宿命に絡め取られた兄弟達の縮図。其処にはいつも、一本の斜めに傾げた電信柱があった。そして遊覧列車は、いつしか妄想列車へと変えてゆく。目的地は「風先停留所」。其処に待ち受けているものは・・・・。
時間の螺子が再び巻かれるその時、アネモネの花が血を流す。

詳しくは「ルリユール旅団」HPをご覧下さい。
http://www7b.biglobe.ne.jp/relieur-ryodan/
スタッフ 脚本=北川原梓(快飛行家スミス)/演出=北川原梓/音響=奈佐健臣/挿入歌作曲=蒼井まつり/照明=北川原梓/小道具=里見優/宣伝美術=井上紘実/制作=川崎智子
キャスト 蒼井まつり/川崎智子/奈佐健臣(快飛行家スミス)/和田安弘/畑中晶(アコルト)/平瀬結以/荒木祥吾/高橋さとみ(アコーデイオン奏者)
お問い合わせ ルリユール旅団 チケット担当
rerieur_ryodan@yahoo.co.jp

入場料金

全席3,000円(全席指定・税込)

完全予約制です。

チケット発売窓口

ルリユール旅団 詳しくは「ルリユール旅団」HPをご覧下さい。
http://www7b.biglobe.ne.jp/relieur-ryodan/

チケット販売サイトへ

公演日程

2008年10月17日(金) 〜 10月26日(日)

上演時間 1時間30分

2008年10月

12 13 14 15 16 17
  • 19:00
  •  
  •  
18
  • 18:00
  •  
  •  
19
  • 18:00
  •  
  •  
20 21 22 23 24
  • 19:00
  •  
  •  
25
  • 18:00
  •  
  •  
26
  • 18:00
  •  
  •  
27 28 29 30 31  
各公演とも完全予約制になります。

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10340

トラックバック一覧