劇団夢現舎『蟻のごちそう〜The feast of the Ants』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団夢現舎

劇団夢現舎 エディンバラ国際演劇祭 東京凱旋公演

『蟻のごちそう〜The feast of the Ants』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
中面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年11月8日(土)〜11月9日(日)
会場 紀伊國屋サザンシアター
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
PR・解説 劇団夢現舎は「日本人として世界に通用する創造集団」を目指し1997年春に結成。2000年秋、3週連続3劇場3演目公演にて旗揚げ。2002年冬より「高円寺から世界へ」を合言葉に、3度のロンドン長期公演を敢行。2008年夏、エディンバラ国際フェスティバルでは、前例の無い日本語上演による演劇での全期間参加を果たす。日本人である事を活かした独自の肉体表現と小道具や衣裳から飛出す仕掛け等あらゆる演劇的工夫を凝らし、言葉と文化の壁に挑み続ける。その「過去でも未来でも現在でもない日本のような異国」を感じさせる奇妙な世界観に、国内外を問わずコアなファンが急増している。

私たちは今夏、英国/スコットランドの首都・エディンバラで毎年8月に開催される、世界最大の芸術祭「第62回エディンバラ国際フェスティバル」で、全期間(約4週間)参加を達成致しました。
地球の反対側で、電飾の字幕は一切使わずに日本語上演された「ENGEKI」を是非一度お試し下さい。
ストーリー 3年間雨の降り止まない町、蟻塚町。かつては鋳物工業の恩恵で賑わっていた商店街も、今や工場も撤退して寂れ行く一方である。にも拘らず人々は何をするでもなく、毎日床屋にたむろしては愚かに毒づき合っている。そして、町内会長である床屋もまた、冷めた夫婦生活をよそに女のもとへ通い続ける。いつかは何とかなるだろうと誰もが待ち続けているが事態は何も変わらない。雨は降り続け、ただ時間だけが過ぎてゆく。そしてついに運命の日がやって来る・・・が?

オロカな町のオロカな人々がおりなすオロカな蟻地獄。

「これぞまさに現代の『櫻の園』である。」元東宝プロデューサー・金子正且氏

「そこに広がる奇妙奇天烈な世界に観客はぐんぐん引き込まれてしまう。」タイムアウト

「夢現舎は革新的な手法で言葉の壁をブチ破った。」スコッツマン

「最後の10分間は戸惑うかもしれないが、気が付けば普通の生活を忘れ寓意と比喩の世界にすっかりハマっているのでご心配なく!」エディンバラガイド
スタッフ 作=劇団夢現舎/構成・演出=小竹林 早雲/美術=山下 昇平/小道具=満木 夢奈/衣裳=五十嵐 千恵子/音響=中田 摩利子/音響=土川 純平/照明=Aプロ ほか
キャスト 益田 喜晴/齋藤 真/横川 明代/大野 寛嘉/越野 昌子/春日 裕美/久住 奈央/高橋 正樹/白楷 胡子/藤本 しの(芝居三昧)/山井 綱雄(金春流シテ方能楽師)/古川 真司/及川 芳泉 ほか
お問い合わせ 劇団夢現舎
03-3318-0756 / 080-6627-0755
koenji@mugensha.net
劇団夢現舎公式HP

チケット発売日

2008年9月27日(土)

入場料金

一般前売4,000円/一般当日4,500円/学生前売3,500円/学生当日4,000円/小学生以下2,000円/二度観(にどみ)チケット5,000円(全席自由・税込)

二度観(にどみ)チケットは劇団扱いのみ

チケット発売窓口

劇団夢現舎 03-3318-0756
受付時間:10:00〜18:00
劇団夢現舎オンラインチケット【http://www.mugensha.net】は24時間対応しております。

チケット販売サイトへ

キノチケットカウンター 紀伊国屋書店新宿店5F:店頭販売のみ10:00〜18:30

公演日程

2008年11月8日(土) 〜 11月9日(日)

2008年11月

2 3 4 5 6 7 8
  •  
  • 19:00
  •  
9
  • 13:30
  • 18:30
  •  
10 11 12 13 14 15

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10394

トラックバック一覧