弾丸MAMAER『昭和スキャンティ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

弾丸MAMAER

弾丸MAMAER11月公演

『昭和スキャンティ』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年11月6日(木)〜11月10日(月)
会場 あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)
〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F.3F
PR・解説  2005年に上演された弾丸MAMAER「昭和シリーズ」第一弾、『昭和スキャンティ』遂に再演!
 弾丸作品の中でも最も人気の高い作品ということもあり、主宰・竹重洋平はこう意気込む。
 「話の筋を大きく変えるつもりはないが、3年前の台本では古い。出演者もほとんど変わるので、とにかく初演よりも進化させたい。表の華やかさと裏のえげつなさにもっと緩急をつけ、事実関係に忠実かつエンターテーメントとして楽しく表現したいです。」
 今回は客演に、演劇集団キャラメルボックスの坂口理恵さんを迎え、その他各方面で活躍中の役者たちが多数集結。東池袋あうるすぽっと進出に向け、更なる飛躍が期待される。
ストーリー  昭和33年、東京下町の裏街道に佇むとあるBAR。一見何の変哲もないこの酒場、働く女たちは皆、表向きには女給と称した訳ありの売春婦ばかりであった。ある日、突如現れた警視庁保安課の2人の捜査官。日本の国連加盟に際し施行された『売春防止法』により、違法営業に徹している女給たちを一斉検挙しようと躍起になる2人だが、所詮、彼らも「男」であった。一般客に成りすまし鋭い眼光を放って取締りにあたるものの、男の秘めたる情欲を察知する女給たちは、その上をいく。華やかな夜の蝶たちは色香を振り撒くと、その「お堅い客」を快楽の世界へいざなうのだが・・・。
おもしろうて、やがて哀しき、春を売る女たちの情炎
生きる術を奪われた、赤線娼婦たちの運命は如何に―
スタッフ 脚本・演出=竹重洋平/音楽=吉川清之/美術=佐藤朋有子/照明=中山仁(ライトスタッフ)/音響=宮崎裕之(predawn)/衣装=阿部美千代((株)MIHYプロデュース)/舞台監督=山田和彦/宣伝美術=吉田光彦/プロデューサー=安井ひろみ((有)キィーワード)/企画・制作=弾丸MAMAER事務局:水橋千佳子(弾丸MAMAER) 古谷真弓
キャスト 中村哲人/小林広実/河合伸之/山口晶由/田仲晶/染谷恵子/安藤純/川根有子/日向宏之(吉江企画)/高森ゆり子((株)ウィル・ドゥ)/小林香織(ワンダー・プロ)/森本73子(E-sprinG)/三枝翠/木村慎一/宮下千恵/川崎清美/土屋雄/坂田久美子(J.CLIP)/嘉門洋子/坂口理恵(演劇集団キャラメルボックス) ほか
お問い合わせ 弾丸MAMAER事務局(制作:水橋)
080-5377-7789
弾丸MAMAER公式サイト

チケット発売日

2008年9月6日(土)

入場料金

前売4,000円/当日4,500円(全席指定・税込)

※9日(日)のみ13:00/17:00 となりますのでご注意下さい。

チケット発売窓口

劇団チケット 080-6799-3555
【E-mail】dangan-ticket@ezweb.ne.jp
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:389-486

公演日程

2008年11月6日(木) 〜 11月10日(月)

2008年11月

2 3 4 5 6
  •  
  • 19:00
  •  
7
  • 14:00
  • 19:00
  •  
8
  • 14:00
  • 19:00
  •  
9
  • 13:00
  • 17:00
  •  
10
  •  
  • 19:00
  •  
11 12 13 14 15
9日(日)の開演時間は13:00/17:00ですので、お間違いになりませんよう御注意下さい。

2005年に上演された弾丸MAMAER「昭和シリーズ」第一弾、『昭和スキャンティ』
弾丸作品の中でも最も人気の高い作品が遂に再演!!

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10424

トラックバック一覧