おおのの『世界の中心で、朔太郎をさけぶ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

おおのの

『世界の中心で、朔太郎をさけぶ』

  • 公演中
拡大画像を見る
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年11月7日(金)〜11月11日(火)
会場 乃木坂コレドシアター
〒107-0052 東京都港区赤坂9-6-41 乃木坂ビルB1
PR・解説 昨年夏、花組番外公演(ハナオフ)でデビューした花組芝居演出部・大野裕明による自主企画。第一回は双数姉妹より浅田よりこ、花組芝居より八代進一、各務立基、そして、ジャズピアニス保坂修平を招いての、ちょっとオシャレな公演。萩原朔太郎の半生を、彼の詩を交えながら、東京の中心で、いや、世界の中心でさけぶ。
ストーリー 詩人・萩原朔太郎とその娘で、作家・萩原葉子の親子の物語。萩原家を中心に、その当時交友のあった、詩人・室生犀星、文豪・森鴎外、芥川龍之介なども登場する。生ピアノにのせ、詩を朗読したり、歌ったり、踊ったりと、詩のリーディングではなく、あくまでも演劇&LIVEとして上演する。また、音楽は全編、ジャズピアニストの保坂修平よる生演奏。
スタッフ 作・演出=大野裕明(花組芝居)/音楽=保坂修平/照明=今西理恵(LEPUS)/衣装=神場やす江/美術協力=鎌田朋子/宣伝美術=青木祐輔 ほか
キャスト 浅田よりこ(双数姉妹)/各務立基(花組芝居)/八代進一(花組芝居)/保坂修平(Piano)
お問い合わせ おおのの
080-1181-5320
info@oonono.com
【おおののvol. 1】世界の中心で朔太郎をさけぶ公式HP

入場料金

2,800円/学生割引2,500円(全席自由・税込)

当日は500円増し
定数45席

チケット発売窓口

おおのの 080-1181-5320

チケット販売サイトへ

公演日程

2008年11月7日(金) 〜 11月11日(火)

上演時間 約1時間30分

2008年11月

2 3 4 5 6 7
  • 19:00
  •  
  •  
8
  • 13:00
  • 18:00
  •  
9
  • 13:00
  •  
  •  
10
  • 19:00
  •  
  •  
11
  • 19:00
  •  
  •  
12 13 14 15

終演後アフター演奏会とかトーク有(全ステージ)

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10459

トラックバック一覧