劇団十夢『第二回 十夢祭』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

劇団十夢

1日に2本のお芝居が無料で観られるチャンス!

『第二回 十夢祭』『四月になれば彼女は』『黒いスーツのサンタクロース』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
拡大画像を見る
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2018年11月11日(日)
会場 小松川区民館
〒132-0035 東京都江戸川区平井4丁目1番1号
PR・解説 1日に2本のお芝居が無料で観られるチャンス!
劇団十夢が1日に2本のお芝居をお届けするお祭り「十夢祭」の第2弾!
演目は『四月になれば彼女は』と『黒いスーツのサンタクロース』。
テイストの違う2つのお芝居で温かくなりませんか?
ストーリー 『四月になれば彼女は』
四月。桜が満開に咲き乱れる季節。
桐島のぞみと妹のあきら、そして叔母の結子と弟子の耕平。
毎日慌ただしくも、この「平穏な日常」を過ごしていた。
新聞社に勤めるのぞみは部長から独占スクープの内容を聞き、真実を確かめるために憧れのラグビーの監督である堀口や西条に会いに行く。
そこで出会った息子の健太郎を預かることになった桐島家。
そんな中、15年ぶりに母親の麻子がアメリカから帰ってきた。
2つの家族の本当の想いは・・・。

『黒いスーツのサンタクロース』
「あなたに、一つでいいんだ。いい思い出があれば!」
今日は静かにしんしんと雪が降り積もるクリスマス・イブ。
売れない女優の元に黒いスーツを着た男が訪れる。
人のよさそうなこの男の正体は一体・・・。
さらに隣の女、演出家でもある元恋人、田舎から出てきた弟、元同期の浮遊霊。
それぞれの人物がそれぞれの強い想いで売れない女優に絡んでいく。
この物語は、あったかい気持ちになって、自信と勇気がわいてくるような、そんな冬のお話。
スタッフ 楽曲・・・・・瓜生友明
音響・・・・・村上有紀
SE・・・・・南明里
キャスト 田上洋子、漆原俊勝、野原静子、古屋めぐみ、林望、浦江審太郎 その他
お問い合わせ 劇団十夢
080-7859-9316
info@tomu.tv
劇団十夢

入場料金

全席0円(全席自由・税込)

無料公演です。

公演日程

2018年11月11日(日)

上演時間 第二回 十夢祭
『四月になれば彼女は』(約120分)
『黒いスーツのサンタクロース』(約120分)

2018年11月

11
  • 13:00◎
  • 16:00◎
  •  
12 13 14 15 16 17
◎無料・全席自由

情報登録:劇団十夢

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10508

トラックバック一覧