ゴジゲン『神社の奥のモンチャン』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

ゴジゲン

第4回公演

『神社の奥のモンチャン』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年10月25日(土)〜10月29日(水)
会場 しもきた空間リバティ
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-3 イサミヤビル4F
PR・解説 2006年、慶應義塾大学公認演劇サークル“創像工房 in front of.”において結成されたコメディユニット。2008年4月に正式に独立。主宰の松居大悟が全ての作・演出を手がける。
ヨーロッパ企画主宰の上田誠氏が「意気の上がらない人たちがワチャワチャするコメディ」と称するように、不器用にしか生きられない人間達が紡ぎだす軟弱なシチュエーションコメディを上演。悲劇的なテーマを、濃密な具象舞台と男子校的会話劇によって、笑えるが優しい世界観へと昇華させる。2008年春に大阪公演を敢行、2009年春にはこまばアゴラ劇場「冬のサミット2008」、北九州演劇祭への参加が決定しており、全国を視野に入れて活動中。
「劇団」という枠にとらわれず、映像製作やコントイベントなども行なう。
ストーリー モンチャンは鬼だ。
村の誰もがモンチャンを嫌い、村で流れる人喰いの噂に怯えていた。
そんなモンチャンは山奥に潜んで、
お面を磨き、ダイエットに励み、低い声を練習してた。
寝る前についつい食べるのは、村人ではなく甘いふがしという、
女子中学生みたいなやつだった。

坊さまより人を思いやる鬼の、
正義を憎んで悪を包み込む、メルヘン台無しコメディ。
スタッフ 作・演出=松居大悟/舞台監督=久保大輔/舞台美術=及川順子/音響=森優太/照明=松本望/演出部=佐野由希子/映像=菊池直彦/衣裳=齋藤文/宣伝美術=小西朝子/制作=半田桃子 ほか
キャスト 目次立樹/青木直也/安積友恵/石井舞/志村和貴/為村篤/堀善雄(ザ・プレイボーイズ)/松居大悟/城野舞子/北川隆来/吉岡直祐
お問い合わせ ゴジゲン
090-8979-1592
info@5-jigen.com
ゴジゲン
しもきた空間リバティ
03-3413-8420

チケット発売日

2008年9月13日(土)

入場料金

前売2,000円/当日2,300円/学割1,500円/団体5,400円(全席自由・税込)

学割=要予約・要学生証提示
団体=要予約・3名様でご来場のお客様対象

チケット発売窓口

ゴジゲン 090-8979-1592

チケット販売サイトへ

公演日程

2008年10月25日(土) 〜 10月29日(水)

上演時間 約90分

2008年10月

19 20 21 22 23 24 25
  • 14:00
  • 19:00
  •  
26
  • 14:00
  • 19:00
  •  
27
  • 14:00★
  • 19:00
  •  
28
  •  
  • 19:00★
  •  
29
  •  
  • 18:00
  •  
30 31  
★=ゴジゲン独立記念おまけトーク開催
コメディユニット「ゴジゲン」独立にまつわる話やまつわらない話をゲストを交えて繰り広げます。
詳細はWebにて随時発表!

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10525

トラックバック一覧