燐光群『戦争と市民』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

燐光群

『戦争と市民』

  • 公演中
拡大画像を見る
表面|
裏面|
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年12月25日(木)〜12月28日(日)
会場 AI・HALL
〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2-4-1
PR・解説 戦争は、まだ終わっていなかったんだね。
失われたことさえ忘れられていた記憶と、自分自身を取り戻すため、彼女は立ち上がった。

この作品は、演劇を通して、「戦争」という概念そのものを洗い直します。大文字の「戦争」以前に、多くの小文字の「戦争」が、日々の生活の水面下で行われているのが、現代ではないでしょうか。自分自身がそうした「戦争」の脅威にさらされていると信じ、つねに「戦時下」にいるとして生活している一人の女性を中心に、その周囲の家族と社会の関係を描くものです。いっけん平和に見える現代に潜在している「戦争」について、シビアに、時にユーモラスに、ポップに描き出します。
そして、現代日本に於ける「街」、そして「市民」の概念を洗い直します。
ストーリー 第二次世界大戦のさい、空襲を受けた街に残っていた防空壕跡。土地開発のための工事の過程で、戦時中に崩れていたと思われていたその場所が発見されました。戦時中、そこで過ごしたことのある女性が、その防空壕跡に居着くようになります。彼女は自分自身の「使命」に目覚めます。その場所を拠点に、活動を始めようと決意します。彼女は次の市長選に出馬することを決めたのです。
スタッフ 作・演出=坂手洋二/美術=加藤ちか/照明=竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)/音響=島猛(ステージオフィス)/衣裳=小原敏博/音楽協力=PANTA/舞台監督=森下紀彦/演出助手=城田美樹/進行助手=清水弥生/制作=古元道広・近藤順子 ほか
キャスト 渡辺美佐子/田岡美也子/児玉泰次/吉村直/河野しずか/佐古真弓/中山マリ/鴨川てんし/川中健次郎/猪熊恒和/大西孝洋/樋尾麻衣子/杉山英之/小金井篤/安仁屋美峰/阿諏訪麻子/伊勢谷能宣/いずかしゆうすけ/秋葉ヨリエ ほか
お問い合わせ 燐光群/(有)グッドフェローズ
03-3426-6294
rinkogun@alles.or.jp
燐光群ホームページ
アイホール
072-782-2000
aihall@juno.ocn.ne.jp
アイホール

チケット発売日

2008年10月25日(土)

入場料金

前売3,600円/ペア6,600円/当日4,000円/大学・専門学校生3,000円/高校生以下2,000円(全席指定・税込)

ペアは前売・当日のみ。
学生券は前売・当日共通料金 劇団扱いのみ 要学生証提示

チケット発売窓口

燐光群/(有)グッドフェローズ 03-3426-6294

チケット販売サイトへ

アイホール 072-782-2000
チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:390-450

公演日程

2008年12月25日(木) 〜 12月28日(日)

2008年12月

21 22 23 24 25
  •  
  • 19:00
  •  
26
  •  
  • 19:00
  •  
27
  • 14:00
  • 19:00
  •  
28
  • 14:00
  •  
  •  
29 30 31      

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10678

トラックバック一覧