チェリーブロッサムハイスクール『アキストゼネコ』 - シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

公演情報

チェリーブロッサムハイスクール

チェリーブロッサムハイスクール PLAY_5

『アキストゼネコ』

  • 公演中
  • 待受Flash使用可
  • ブログパーツ使用可

これコメンド

右のソースをコピーして、あなたのブログでこの公演を紹介してください!

この公演をソーシャルブックマークへ登録する

  • 公演情報
  • みんなの感想

公演データ

公演期間 2008年12月4日(木)〜12月9日(火)
会場 ウエストエンドスタジオ
〒165-0026 東京都中野区新井5-1-1 スタジオライフ1F
PR・解説 『14歳だった私たちの、禁じられた遊び。 指の先端で名前の数を数えるだけの、ただの恋占い。 あの時、私たちは、 17年後の運命を指先で決めてしまった』
ストーリー 1991年11月17日。私たちが暮らしていた町で大噴火があった。 学び舎に、あたたかな灰が雪のように降りしきり、 世界が死の膜に包まれたようだった。 それなのに、マフラーで顔を覆った私達は校庭ではしゃいでいた。 それが17年前の記憶。 私たちは「神童」と呼ばれ、クラスルームで多くの学識を身につけた。 あのころ、私たちはよく「アキストゼネコ」という遊びをしていた。 とてもよく当たる恋占いだったから、夢中になった。 学び舎で生徒の1人が自殺未遂を起こしてから、なぜか私たちの遊びは禁じられた。 だけど絶対やめたくなかったから、隠れて続けた。 やめられなかったんだ。 この物語は、学び舎を離れてから17年後の、私たちの再会から始まる。 どうして私たちは、この学び舎を追い出されたのだろう。 記憶が甦ろうとするたび、体温が下がる。 今日は花嫁になったあの娘を囲んで、思い出話で祝福するはずだった。 それなのに。 そう、それは、指の先端で名前の数を数えるだけの、ただの恋占い。 わたしたちだけの、「アキストゼネコ」。
スタッフ 演出=柴田雄平/作家=小栗剛/舞台監督=渡辺了(ダイ・レクト)/照明=関定己/音響=UC-WORKER/舞台美術=福田暢秀(F.A.T STUDIO)/映像=荒船泰廣/宣伝美術=藤本征史郎((Raredrop/くねくねし)/演出助手=林笑子/制作=井上朋子 ほか
キャスト 渡部ラム /荒川修寺/野田政虎/雪森しずく /山咲広美/池上武蔵/如月モエ/椎名豊丸/小栗剛/柴田雄平/宮本奈津美(味わい堂々)/中川香果/佐藤健士
お問い合わせ チェリーブロッサムハイスクール
080-3490-6658
info@cbhs.jp
チェリーブロッサムハイスクール

チケット発売日

2008年11月5日(水)

入場料金

前売3,000円/当日3,300円(全席自由・税込)

チケット発売窓口

チェリーブロッサムハイスクール http://www.cbhs.jp

チケット販売サイトへ

チケットぴあ
t.pia.co.jp
0570-02-9999
Pコード:390-206

公演日程

2008年12月4日(木) 〜 12月9日(火)

2008年12月

  1 2 3 4
  • 19:30
  •  
  •  
5
  • 19:30
  •  
  •  
6
  • 14:00
  • 19:30
  •  
7
  • 13:00
  • 18:00
  •  
8
  • 14:00
  • 19:30
  •  
9
  • 14:00
  • 19:30
  •  
10 11 12 13

みんなの採点

(0人の評価)
※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。 >詳しくはこちら

みんなのコメント

(0人のコメント)

※ブログパーツ登録時によせられた、評価・コメントです。

>詳しくはこちら

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/trackback/if.php?id=10736

トラックバック一覧